鬼滅の刃185話のネタバレ考察予想!最新話の感想もまとめ【炭治郎死亡】

週刊少年ジャンプ1号に掲載の人気マンガ「鬼滅の刃」の最新185話のネタバレ考察予想を速報でご紹介!

鬼滅の刃185話のネタバレ考察予想!最新話の感想もまとめ【炭治郎死亡】として最新話185の考察と予想からネタバレ感想まで追記更新しながら独自の目線でピックアップしていきます!

 

愈史郎によって地上に排出された鬼舞辻無惨でしたが。

そこは市街地で夜明けまでの一時間半もの間、その場所に釘付けにしないといけないという絶望的な状況は変わっていません。

 

無惨の超速再生能力は刃が通り抜ける間に治ってしまうというものでした。

 

多数の一般隊員が壁となって散って行くさなか、竈門炭治郎は右目に受けた無残の血によって細胞が死滅して死亡したのでした。

無惨の攻撃は掠めただけで死に至るのです…!

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃185話の最新ネタバレ考察!

185話の考察予想その①:市街地での戦闘

ついに無限城から鬼舞辻無惨を追い出すことには成功しました。

ですがたどり着いた先が市街地なのは最悪です。

 

事情を知らない一般人を巻き込む可能性だけではなく、政府非公認の鬼殺隊がそんな衆人環視の中で活動しないといけないのですから。

 

夜明け前の時間帯とはいえ建物を破壊しながらの戦闘ですし、この騒ぎで警察が駆けつけてさらなる混乱と殺戮という可能性が高いのですから。

 

それは鬼舞辻無惨にとっても自身の存在を知られるというのは本位ではないはずですが。

自分は大災と同じようなものなので殺された者の運が悪かったとまで言うお方なのですから、逃げる以外の意味で戦場を変えようとは言わないでしょう。

 

そして絶望的でも外に連れ出せた今が最大の好機なのです。

まだまだ鬼殺隊の方が不利な状況が続きます。

 

185話の考察予想その②:不死身の鬼舞辻無惨

鬼舞辻無惨は斬ったそばから再生するために、文字通りの身を削って弱体化させることができないという卑怯な身体です。

流体を斬っているようなものですから戦っている相手にすら絶望感を与える相手です。

 

足止めという意味では胡蝶しのぶ使う藤の花の毒が効果的でした。

童磨と同じく仕留めることはできなくても再生速度を遅らせるくらいにはできたはずです。

 

珠世の人に戻す薬は恐らく克服しているのでそのまま再度投与しても以前ほどの効果はないでしょう。

しのぶの毒は配合比率を納刀して抜刀するごとに変えているために何度かは効果を出すことはできたのですが…

いない者に頼ることはできません。

 

竈門炭治郎のヒノカミ神楽、日の呼吸なら再生阻害を起こすことも可能なのですが…

 

ですが黒死牟との戦いのように刃を赤く染めることができればまだ可能性はあります。

 

185話の考察予想その③:絶望的な時間

日輪刀で頸を斬って滅することのできない鬼舞辻無惨を唯一斃すことができる手段は陽の光で焼くことのみ。

ですがその日の出までは一時間半もあるのです。

 

それまでの間を斬ってもダメージを与えられない超速の相手との削り合いという不毛な戦闘を続けないといけないのですから心が折れてしまいそうです。

 

鬼舞辻無惨が陽の光だけは克服できないというのはおそらく自分の体で試しているのでしょう。

ですが陽の光と同じ力を持つ日輪刀でもダメージを与えられないというのは…

 

日輪刀の素材、猩々緋鉄鋼と猩々緋砂鉄では陽の光の力が足りないのかもしれません。

 

そしてそれを補った物が日の呼吸などによる赤く染まった刃なのでしょう。

他の呼吸法でも極限までに高めれば赤く染まるようです。

それでも鬼舞辻無惨を倒すまでには足りるかわかりません。

 

185話の考察予想その④:他の柱たち

地下に存在した無限城は愈史郎によって地上へとその一部が現れました。

おそらく建物ごと上昇がしたのでしょう。

近くにいた一般隊員たちは鬼舞辻無惨を包囲していた者たちの生き残りだと思います。

 

黒死牟がいた間は鬼舞辻無惨が肉塊となっていた間の近くのはずなのですが。

悲鳴嶼行冥に不死川実弥はすぐに動ける状態ではないのでしょう。

そして扉絵で現状が伝えられる、吾妻善逸嘴平伊之助に栗花落カナヲとおまけの村田隊員も地上に現れるはずです。

ですが今の戦局では何人が参加したところで覆りそうにないのですが。

異常な再生能力を見せる鬼舞辻無惨に効果のありそうな赤い刃の日輪刀は偶然だったのでしょうから、

悲鳴嶼行冥と不死川実弥の二人でもあの攻撃をかいくぐりながら再現することは難しいと思います。

 

185話の考察予想その⑤:一般隊員の覚悟

一般隊員たちは鬼舞辻無惨に一矢報いることすらできないことを知って自らを捨ててまで戦える柱と竈門炭治郎を守って散っていきます。

無惨が炭治郎と冨岡義勇に言った鬼狩りは異常者の集まりだという評価も仕方ないと思えるほどの行動でした。

鬼殺隊に入った理由は人それぞれです。

代々鬼狩りの剣士の家系ものもいれば才能を見いだされてスカウトされた者もいます。

ですが一番多い入隊理由は無惨が辟易しているとおりに復讐なのでしょう。

それも大切な誰かのために、散っていった仲間に報いるために今ここで鬼舞辻無惨を倒すことが犠牲者への救いとなると信じて…

確かに異常者の集まりではありますが、その原因となった無惨にだけは言ってほしくはありません。

これだけの犠牲を払っても夜明け一時間半は長すぎます。

 

185話の考察予想その⑥:ある一つの可能性

鬼舞辻無惨の血が体内に入ることで人は鬼に変わります。

その量が多ければ多いほど強力な鬼になるのですが、それも多すぎると身体が耐えれず理性を失ってしまいます。

炭治郎には鬼でも耐えられない量の血液を送り込んだのだから確認していないけど多分死んでいる、というものでしょう。

 

週刊少年ジャンプでの死亡確認ほど当てにならないものはないのありません。

 

無惨の血に適合して鬼として復活する可能性もあるのですから。

鬼化炭治郎は二次創作では定番ではあります。

 

アニメでの竈門炭治郎役の花江夏樹さんは東京喰種で人食いの怪物になってしまった金木研という役もやっていたためにそういう連想が多かったのでしょう。

もし鬼化しても禰豆子のように理性を失っている場合もあります。

そして反乱防止の呪いも自動的に付与されている可能性もあります。

 

無惨が死ねば全滅する可能性に陽の光で焼かれる可能性があるため、鬼化しても待っているのは絶望です。

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃185話のあらすじをネタバレ!

スポンサーリンク

鬼滅の刃最新ネタバレ185話の感想まとめ

竈門禰豆子は夢の中で父から兄の炭治郎が危機だと知らされました。

そして禰豆子は目を覚まして兄の元へと駆け出します。

その知らせを聞いた産屋敷輝利哉も父の耀哉の声を聞いて禰豆子の好きにさせました。

兄の竈門炭治郎は苦悶の表情を浮かべて倒れたままでした、
その顔の腫瘍のようなものは広がっていきます。

鬼舞辻無惨と戦っていた三人の柱も怪我を負ってしまいます、
炭治郎と同じくその傷口には無惨の血液という猛毒を注入されてしまいました。

毒の影響で怯んだ甘露寺蜜璃に迫る触手!
それを悲鳴嶼行冥の鉄球が打ち砕きました。

ともに上がってきた不死川玄弥のは放った油によって炎に包まれる無惨。

そのすきを突いて村田が炭治郎を連れ出していきます。

その炭治郎は匂いがない世界に迷い込んでいました。

 

それでは、最後までお読みくださり、ありがとうございました!

また次回のネタバレ感想もお楽しみに!

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。