約束のネバーランドのフィルが脱獄してその後は死んだ?残った理由や生存説を考察!

スポンサーリンク

今回は週刊少年ジャンプにて大人気連載中の約束のネバーランドに登場するフィルに関する説についてご紹介します! 

 

約束のネバーランドのメインキャラクターであるエマ・レイ・ノーマンたちと共に過ごしてきたフィル。 

グレイスフィールド(GF)でみんな家族として幸せに暮らしていました。 

しかし、エマとノーマンがとあるきっかけでハウスが人間を養殖している「農園」だということに気づき、脱獄を計画します。 

 

そんな中、若干4歳のグレイスフィールド年少組のフィルがこの脱獄の際にかなりの『キーマン』として関わってきます。 

今回は、そんな重要なポイントに関わるフィルの、脱獄に関わった際の経緯やGFに残った理由、そこから憶測される死亡説生存説についても考察していきたいと思います! 

 

スポンサーリンク

約束のネバーランドのフィルはGFから脱獄したのか?


かなり優秀で知能が高いフィル。 

フィルは、グレイスフィールド(GF)の図書室の本にあったモールス符号にいち早く気づくなど、その洞察力や観察力はかなりなものです。 

 

そのフィルは、エマ達の脱獄作戦を聞き、「待てるよ僕 だから置いてって」と言いグレイスフィールドのハウスに残る決心をしました。 

残ったのは4歳以下の年少メンバーのみ。 

フィル以外の他のみんなはハウスが”農園”だったという事も知りません。 

 

ひとり真実を知りながら残るという過酷な状況。 

逃げ出したくはならないのでしょうか? 

4歳にして高いスコアを出すフィルは、その頭脳で一人なら脱出できちゃいそうな気もしますし、フィルの黒幕説も浮上しているので、現状はすでに脱獄したのでは?という噂もちらほら・・・。 

 

スポンサーリンク

約束のネバーランドのフィルの考察アレコレ!


かわいいのに、そしてまだ4歳なのに優秀すぎるフィル。 

その行動や言葉は、物語のポイントとなるものだったりと目が離せません。 

ちょっとした行動や言葉が、今後の伏線になっているかもしれませんよ! 

 

と、いうことで、これまでのエマ達脱獄時のフィルのこと、言葉の真意、そして脱獄のその後の状況などのアレコレをひとつひとつ考えていきましょう! 

 

フィルはなぜ逃げなかった?

フィルは、エマレイたちの脱獄計画で一緒には逃げず、グレイスフィールドに残りました。 

なぜ逃げなかったのか? 

それは、脱獄計画は非常に困難。 

グレイスフィールドの壁を越え脱獄し外に出たとしても、大変なのは脱獄した後です。 

 

外は安全なのか危険なのかすら定かではなく、季節も冬。 

”連れて出すことで危険にさらすことになる”かも、ということからハウスに残ってもらうことに。 

連れて行ったら人数も多く幼い子たちを守らないといけなくなるため、機動力も落ち全滅の可能性が高くなります。 

 

連れて行っても危険、でもハウスに残しても出荷されて殺される・・・。 

それでもエマは、最初の時点では全員で逃げたいと考えていました。 

しかし、エマは最終的に意を決して、4歳以下の子供たちを残していく決断をします。 

脱獄し、体制を整えてから戻ってきて全ての子供たちを連れて出ると言う計画に変更したのです。 

 

フィルがGFに残った理由とは?

エマフィルに、ハウスやママの真実についてを話しました。 

ここで驚くべきは、フィルがこの事実をすでに感づいていた事! 

シスター・クローネがエマに向かっていった「シューカク」という言葉、クローネがレイの引き出しを漁っているのを目撃、ノーマン旅立ちの日にエマがママを怖がっているのを見て、

「やっぱり そうだったんだね」と言うのです。 

 

ノーマンがシューカクでいなくなったこと、コニーや他のみんなもそうだったということがわかり、フィルは涙を流します。 

この事実だけでも幼いフィルには衝撃的な話だと思います。 

しかも、さらにエマから”全員を連れていく””4歳以下を置いていく”を迷っていると聞かされました。 

フィルは、この話を聞いて「待てるよ僕 だから置いてって」と言いました。 

 

出荷されるのは満6歳からなので、2年の猶予があるからそれまでに農園を潰すと言うエマの計画。 

エマは残るメンバーの中でフィルだけに話したのは、やはりフィルが幼いながらも高スコアをたたき出す知能の高さを持ち、頼れる存在だからでしょう。 

フィルは、エマが大好きなので離れたくないはずですが、この思いを受けて残ると言ったのです。 

残ったメンバーは任せて、というつもりだったのでしょう。 

 

・・・という、信頼からだと思いますが、実は黒幕だから残ったのかもという説もあります。 

そうじゃないことを願います・・・。 

 

フィルはすでにGFから脱出している?


エマ達の脱獄から2か月後、フィルはすでに元にいた第3プラントにはいませんでした。 

あの脱獄の火事のあと、ハウスのメンバーはバラバラに系列の施設へ送られたのです。 

 

フィルは、同じ形の家だということから、恐らく他の4つのプラントに分けられたと考えていました。 

新しい家で新しいママ、新しい兄弟たちと過ごすフィルの様子が描かれています。 

 

ここでアンドリューという男が出てきます。 

このアンドリューという男、エマ達を追う刺客なのですが、フィルと話をしにやってきました。 

この時点ではフィルはグレイスフィールドの別プラントにいるのは確実なので、脱出はしていないようです。 

 

しかし、このアンドリューがフィルにピンポイントで会いにきたことが不穏な感じだったため、何かがあったのは確実でしょう。 

この後のフィルの詳細はまだ分かっていません。 

 

フィルは生存せずに死んだ可能性が?アンドリューとの真相とは?

引用:http://約束のネバーランド考察.site

”アンドリュー”は、脱獄したエマ達を追う刺客。 

鬼と人間世界の門番をすることになった、調整役のラ―トリー家の36代当主ピーター・ラ―トリーの部下です。 

 

アンドリューは、逃げたエマ達食用児を始末するために各地を探しますがなかなか見つからない。 

おそらく協力者や支援者がいて、なかなか見つけることができないのです。 

やり方を変えて探す中で、アンドリューは新しいハウスにいるフィルに会いに来て、「君と話がしたい」と言いました。 

 

アンドリューとフィルの描写はそこまでで、その後アンドリューはエマ達を追い詰めた際、「支援者は全て始末した」と話しています。 

さらに話が進んでいく中で、アンドリューは「フィルに会った」と言い、エマのことを聞いたというのです。 

 

これにより、フィルがエマ達のことを”支援”しているとみなされていれば始末されているということになります。 

 

脱獄しなかった4歳以下のメンバーは、フィル以外何も知りません。 

フィルはスコアも高く、エマが大好きでいつも一緒にいたので、アンドリューは何か知っているかと話にきたのでしょうか。 

引用:http://約束のネバーランド考察.site

フィル以外のメンバーに会いに行っている描写はなかったので、フィルだけに会いに来たのであれば特別な何かがありそうです。 

完全に憶測ですが、アンドリューがフィルを仲間に引き入れに行って寝返った可能性があったりして。 

または、フィルは実はラ―トリー家によってグレイスフィールドに送り込まれた人間だったとか、はたまたラ―トリー家そのものの血を引く人間だったとか。 

だから始末されずに生きてるんじゃないかとか・・・。 

 

いろいろ想像は膨らみますが、重要なキーパーソンなので恐らく生存はしているでしょう!

 

スポンサーリンク

約束のネバーランドのフィルが脱獄してその後は死んだ?残った理由や生存説を考察!まとめ


今回の「約束のネバーランドのフィルが脱獄してその後は死んだ?残った理由や生存説を考察!」についてはいかがでしたでしょうか?  

フィルは、恐らく脱獄はしていないと思われますが、アンドリューと話をしたいと言われたあとの動向がわかっていません。 

 

”支援者は始末した”というアンドリューの言葉がありましたが、死んでしまったのか、それとも生きているのかはまだ描かれていません。 

その為に死んだという説までありますが、今後の鍵を握っていそうなので生存は濃厚かと。 

 

第3プラントの仲間たちはバラバラになったので、フィルはひとりな訳ですし、アンドリューとの話の後、その高い知能で新しいハウスから脱獄してたらいいなぁとか考えちゃいます。 

 

以前別記事でご紹介したフィルの黒幕説・鬼説に加え、ラ―トリー家関係説も浮上! 

純粋な仲間であってほしいですが、とにかく本編で登場する姿を確認したいです。 

フィルが登場したら目が離せませんね! 

 

それでは、最後までお読みくださり、ありがとうございました! 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA