約束のネバーランド157話のネタバレ考察予想!最新話の感想まとめ【女王の弟ソンジュ】

週刊少年ジャンプ50号に掲載の人気マンガ「約束のネバーランド」の最新157話のネタバレ考察予想を速報でご紹介!

「約束のネバーランド157話のネタバレ考察予想!最新話の感想まとめ【女王の弟ソンジュ】 」として最新話157の考察と予想からネタバレ感想まで追記更新しながら独自の目線でピックアップしていきます!

 

156話では、倒したはずの女王が復活

暴走し異形の肉の塊となった女王の体がひび割れると、そこから顔のないのっぺらぼうのような女王が現れました。

 

顔のない女王は、頭部を割っても死なずエマ達はピンチに。

女王がエマに手をかけようとしたその時!

 

ソンジュとムジカが登場。

ソンジュの槍で女王は止まりましたが回復し、ソンジュ達の存在に気づきます。

ここで衝撃の事実が判明。

なんと、ソンジュは女王の弟だったのです・・・!

 

スポンサーリンク

約束のネバーランドネタバレ157の最新考察予想!

157話の考察予想その①:女王の強さ

核を潰したはずなのに、復活した女王。

今まで食ってきた人や鬼の顔がびっしりと並ぶ体から、虫が羽化するごとく出てきました。

この女王の強さが尋常じゃないです。

元々強いのに、この羽化後の迫力。

顔がないのが逆に怖く、とても不気味です。

 

ここまで来たレイエマはかなり気丈だと思いますが、その二人も羽化後の女王を前にして動くことができませんでした。

しかも頭部を割っても脳も何もないのです。

核がないかもノーマンは考えていましたが、エマの思うように核は動く、位置が違うとかの方が現実的ですね。

 

核がいくつかあって一つ残れば複製できるとか。

他の鬼はきちんと死んでますので、やはり女王は別格です。

 

157話の考察予想その②:顔のない女王

顔のない女王。

どうやってしゃべってるんでしょうか?

声は発してますから口があるのかとは思いますが、服の下かもしれません。

と、思ったのですが、ザジを捕まえて食べようとしたとき、顔中に口が現れました。

 

ということは、体のどこにでも任意の部位を作れるのではと推測できます。

だとすれば核なども移動や複製はお手の物ということになりますし。

この顔のない姿が真実なのだとしたら、普段の顔は自分の好きなように造っているのでしょうか。

整形し放題ですね(笑)

 

それにしても、この顔のない女王は、エマが寺で見たものと似ています。

あの寺で見た何かに女王を倒すヒントが眠っているのかも・・・。

 

157話の考察予想その③:ソンジュとムジカ

エマとレイのピンチに颯爽と登場したソンジュとムジカ

かっこよく登場しました。

 

ムジカは、到着早々に周りの様子から五摂家が全員死んだことを察します

交渉をするならイヴェルク公かプポ卿あたりだったと考えていたあたり、ムジカは五摂家に会ったことがあるのでしょう。

 

しかもあっただけじゃなく、その性格とか人となり、役割をも知れるほどの間柄だったと推測できます。

700年逃げ回って、とうとう王都へやってきたということなので次回あたり700年前の王都から出るきっかけとかが描かれるかもしれません。

 

157話の考察予想その④:姉と弟

ソンジュの底知れない強さと、垣間見せる狂気の感じはまさかの王族という真相からでした!

邪血の一族だと思ってましたが、以前にソンジュは人間を食べたことがあるという描写がありました。

これが邪血ではないという伏線だったとは。

 

王族であれば、人間を食べなくても野良化しないのも納得ですし、その能力の高さから700年も逃げ延びつづけることができたのもうなずけます。

ソンジュは、顔のない姿の女王を見て「遂に内実ともに化け物に成り果てた」と言っています。

ソンジュは「女王」がこの姿になれるという事も知っていたわけです。

この発言すらも、156話ラストで女王の弟だというつながりを示す伏線と言うわけでした。

やはりこの姉と弟の確執なども明かされていくことでしょう!

 

スポンサーリンク

約束のネバーランド最新157のネタバレ!

幼い頃のソンジュの記憶。 

初めての人間狩り。 

命を狩るということを教える、ソンジュと共にいる鬼。 

この鬼は「先生」と呼ばれ、ソンジュに古からの教えを説きます。 

 

命は神が作ったもの、狩りは“借り”。 

全ての命は借り物だと説明し、それゆえに『自分で』神より借りて神に返す。 

これが我らが守るべき道理であると諭す先生。 

 

そして、王宮で先王とレクラヴァリマの前でこの先生と呼ばれた鬼は拘束。 

それを止めようとするソンジュでしたが連れられていってしまいました。 

 

ソンジュは古き信仰によって王家に背き、決着をつけるために今、女王の前に現れました。 

 

エマ達は、ムジカによってこの生まれ変わった女王には核が二つあることを知らされます。 

王家に受け継がれる秘密の遺伝により、二つ目の核で復活したのです。 

ソンジュはその形質は持っていませんが、最初の女王への反撃で第二の核が腹にあることを検討つけて攻撃。 

 

しかし、女王はギーラン配下が持っていた粘着の性質を利用し体を両断されても槍をからめ取り反撃。 

復活して圧倒的な力、全能感に浸る女王。 

 

誰より食ってきた女王は、「まだ足りぬ」と飽くなき欲望がわいてきます。 

何もなかった顔に口が出現すると、女王はムジカを食らうべく襲い掛かりました。 

しかし、動きを止める女王。 

 

「あなたはなぜ、そんなに飢えているの?」 

涙ながらに女王を憐れむ、ムジカなのであった・・・。

 

スポンサーリンク

約束のネバーランド最新ネタバレ157話の感想まとめ

ソンジュの過去が明かされました! 

ソンジュが原初信仰を信じるきっかけが描かれましたね。 

今回出てきた「先生」というのが今後キーマンとなりそうです。 

 

先生の言葉の隅々が、今まで発していたソンジュの言葉に表れていました。 

その先生が拘束されて連れて行かれています。 

牢とかに入れられているのか処刑されたのかわかりませんが、おそらく今後エピソードは出てくるでしょう。 

 

そして女王、完全に復活後明らかにパワーアップしてます。 

どのマンガでもゲームでも、ボスキャラが変身したら強くなりますよね・・・。 

 

さらに重要なキャラであるムジカ。 

邪血の一族の生き残りですが、どのようにして生き延びここに至るのか。 

まだまだ物語の広がりはありそうです。 

 

それでは、最後までお読みくださり、ありがとうございました!

また次回のネタバレ感想もお楽しみに!

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。