ドクターストーン ネタバレ115話の感想「一秒と一粒」

かんそう君
こんにちは!

ネタバレ感想・考察の庭へようこそー!

 

今回は2019年7月29日発売の少年ジャンプに連載中の人気漫画である

『ドクターストーン』の第115話についてのネタバレ感想内容を

『ドクターストーン ネタバレ115話の感想「一秒と一粒」』としてわかりやすくまとめてみたいと思います!

さっそく前回のあらすじからおさらいしておきましょう!

 

~前回のあらすじ~

コハクは頭首の住む大木の根元近く降りて、千空の父が残した宇宙船であり宝箱の中の、全人類を石化から復活させる魔法石「プラチナ」を探します。

中身はどうなってるのかと気になるコハクが崩れた外殻の中身に触ると、それは石でした。 

こんな敵の根城の中心で力ずくで石を開けるとやればたちまち捕まってしまいます。 

「目の前に船の皆や全人類を救う 秘宝があるというのに・・・」 

 

千空たちは、敵陣の中で音も振動も出さずにバレないように大きい石を壊すのは難しいと話していました。 

「無音爆弾(サイレントボム)みたいなもんがあればな・・・」 

このゲンの発言で実際あるのを思い出した千空、住宅街とかで騒音なしでコンクリートを壊すためのこれを作りだします。

 

「いよいよプラチナ入り宝箱 開封ミッションといこうじゃないか」 

ネズミにカモフラージュしたミニ四駆でコハクに工具や試験管を届け、千空はインカムで穴を掘れと指示 

コハクは早速作業を行うが、わずかな音は避けられない。 

ゴリゴリと工具で穴を掘ると、わずかな音に気づいた警備兵がいたがアマリリスと銀狼がうまくごまかすことに成功。

 

コンクリートに、細い穴をたくさん開けたコハクは、掘った穴に二種類の薬が入っている試験管2本を丸ごとブチ込む。 

エメラルドグリーンの液は硫酸湖の水。白い粉は無水硫酸カルシウム。 

そして穴を楔でフタをすると、後はほっとけば穴の中で混ざって石膏の結晶が爆誕。 

 

こうすると、石膏がふくらんで内部から爆烈。 

これがサイレントボムになるわけです。 

 

その日の夜、裂けはじめるコンクリート。 

科学は静かに石を穿つ。 

人類の未来を救う一歩がたしかに進んだのでした―――――

 

\こちらもおすすめです/

ドクターストーン114話のネタバレ感想

 

こうさつ君

と、ここまでが前回の内容でした。

という事で、さっそく本題である第115話のネタバレを紹介していきますよ~!

 

※ここからはネタバレ内容を含みますので、あらかじめ認識をお願いします!

 

スポンサーリンク

ドクターストーン115話のネタバレ!

 

こじ開けたぞ!科学の力で巨石の宝箱を―――

サイレントボムでコンクリートを破壊したコハク。 

ルリ姉の百物語の「白金(プラチナ) 宝箱に眠る」が真実であれば、この球体の中心部に石化復活液を無限に生み出すプラチナが眠っているはず。 

 

この割れた石を解体して探すにはどうしても音が出ます。 

この難しい取り出し作業が、逆に妙な音でも鳴れば異物に気づけるのにと考えていると 

 

ガシャアン! 

鳴った…けど宝箱の中身を割った?? 

そう思い焦りまくるコハクが下を見ると――― 

 

ビンが割れ、中身がこぼれていました。 

そして、中身はただの砂に見えるものでさらにショックを受けるコハク。 

今の音で警備の兵がこちらへ向かっていました。 

 

兵たちに気づいたコハクですが、同時にこの砂自体に価値があることにも気づきました。 

そしてスカートを器にして砂をゲットし、気づかれないようその場を離れました。 

兵たちはガンガン叩く音も聞こえなかったことから、石は自然に割れたのだと考えます。 

 

割れた石の一部を兵はイバラに報告で持っていきました。 

その中に一緒に混じっていた割れたビンのカケラ。 

鋭い目つきでそれを見つめるイバラなのでした。 

 

そして隠れ家の洞窟では、千空が作ったモーターの軸がブレてしまうのに困っていました。 

ネズミニ四駆ではガタガタがそれっぽくなってよかったですが、作りたいのはドローンなので、これでが墜落してしまいます。 

「どうしてもカセキの腕が欲しい…!」 

 

スパイチームからネズミニ四駆が発進されました。 

届けられたの包みを開けると、そこには砂。 

なんかキラキラしてると思ったら、これは砂金でした! 

 

千空の父白夜が、この島の小さい川でゼロからせっせと集めたのです。 

天然の砂金には、すごくたまにプラチナが混ざっています。 

千空は小さな砂一粒のプラチナを見つけました。 

 

ちょっとすぎて厳しいけどやるしかない、今から川で集めたとしてもプラチナは超レアな石 

川さらいでは何十年もかかる作業です。 

でも、砂金を見ているとプラチナがドンドン出てきます。 

「こんだけ集めるのに 何十年…」 

 

次の飛行士へ

人類石化から何年も経ったある日、海辺を歩く白夜たち。 

白夜は、人類が滅びたらもう一度ゼロから文明を作ろうとしても今度はもうムリだという説があることを知っていました。 

地球表面の掘りやすいところにある希少資源を人類が漁り尽くしているので文明のスタートダッシュが出来ずに詰むっていう話です。 

 

なので、新文明のスタートダッシュのために希少な金属は少しでもかき集めて未来に残す。 

役にたつかも、立たないかもしれないがその思いでひとりコツコツと川をさらって集めていました。 

どうしてがんばって集めるかという問いに、白夜は答えます。 

 

「俺は宇宙飛行士だからーーー」 

地球最後の飛行士。科学の未来のために働くのが俺の仕事だ、とかつての仲間を思い出します。 

「繋ぐんだよ 次の飛行士に」 

 

そしてヒゲが真っ白になるほどの時間を経て、まだコツコツと白夜は金属を集めていました。 

「俺がくたばったら、集めたもんそこの丸いのにブチ込んでくれ」 

 

千空が石化して1014599230秒を数えていた頃、白夜はとうとう倒れたのです。

 

繋がる思い

川の中に倒れこむ白夜。 

「よかった… 前向きに倒れられて 水面に宇宙が映ってる」 

白夜の目には、広がる宇宙が見えていました。 

「上を向くのは 俺じゃなくて構わない――― 千空―――――」 

 

集めた砂金から、苦労と努力を感じ取った千空たち。 

ずっと秒数刻んでた千空と、何十年も砂を集め続けた白夜 

「似てるね」 

ゲンがそういうと、千空が血は繋がっちゃいねえがな」と言いました。 

 

白夜が言ってたのは『親友の子だった』ということですが、千空にとっては細かいことは知らないし興味もないのです。 

「関係ねえんだ んなことは」 

笑顔で言う千空。 

どう考えても、繋がっている二人。 

絶対心折れない、そういうところで繋がっているのです。 

「いただくぜ白夜 テメーの何十年!!」 

 

とうとうプラチナを手に入れました! 

試験管半分くらいのプラチナの粒。 

これからソッコーで石化復活液∞生産マシンを爆誕させるのです。 

 

人類復活の時は、もうすぐそこに―――――

 

スポンサーリンク

ドクターストーン115話を読んでみた感想!

こうさつ君

とうとう念願のプラチナGETです! 

でもでも千空パパの白夜の何十年もの努力の結晶でした! 

 

かんそう君

人類のためですが、それが千空の手に渡ってほんっとーによかった。 

これ以上ない報われ方だと思います。 

 

こうさつ君

地核1トンあたり0.001g 

数字聞いてもとにかく少ないことしかわかりませんが、あの量は本当に生涯をかけて集めたということは伝わってきます。 

 

かんそう君

宇宙飛行士としての仕事を全うし、千空に繋げたこの想いと資源を存分に活かして文明を復活させて欲しい! 

心からそう思います。 

 

スポンサーリンク

ドクターストーン ネタバレ115話の感想「一秒と一粒」まとめ

かんそう君

今回の『ドクターストーン』の第115話についてはいかがでしたでしょうか?

今回のネタバレ感想を以下にまとめてみるとこのようになりました!

 

こうさつ君
  1. ドクターストーン114話のネタバレ!
    1. 次の飛行士へ
    2. 繋がる思い
  2. ドクターストーン 114話を読んでみた感想!

 

かんそう君

白夜と千空、血の繋がりがないとさらっと話してました。 

千空の言う通り、そんなことは関係なく思いが繋がっています。 

血が繋がってても思いが繋がってない親子よりよほどいいですし、白夜の千空への思いは完全に実の息子への思い。 

心のありようが大事ですね。 

 

でも、白夜の『親友の子』ということですので、もしかしたら本当の父親出てくるかもしれませんね。 

どこかで石化してる可能性も考えられます。 

 

とにかく!いよいよ石化復活液が爆誕しますよ! 

まずはキリサメに石化された船の仲間。そしてゆくゆくは他の人類たち・・・。 

先を考えるとワクワクしかないですね。次も展開も待ちきれません! 

 

それでは、最後までお読みくださり、ありがとうございました!

また次回のネタバレ感想もお楽しみに!

 

\こちらもおすすめです/

ドクターストーン116話のネタバレ感想

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。