ドクターストーン ネタバレ113話の感想「暗号通信」

かんそう君
こんにちは!

ネタバレ感想・考察の庭へようこそー!

 

今回は少年ジャンプに連載中の人気漫画である

『ドクターストーン』の113話についてのネタバレ感想内容を

『ドクターストーン ネタバレ113話の感想「暗号通信」』としてわかりやすくまとめてみたいと思います!

さっそく前回のあらすじからおさらいしておきましょう!

 

~前回のあらすじ~

 カワイイ選抜、全員合格! 

そして頭首のところに向かう一行 

まずは偵察と考えているスパイチームコハクのイヤリング型”インカム”から千空指示が。 

「よーーーーく偵察しまくって、モズや主力がバラけた時に、なんとかキリサメ一人をおびき出して、石化光線 

を投げさせる!」 

 

ミッションが伝えられ、それを科学チームが空中で奪う聞かされます。 

科学チームが作るのは三次元の王者、ドローンです。 

千空たちはに銅線を巻いて電気を流して、電磁石を作成。 

これの超強力版を作ってモーターを作っていきます。 

 

一方、カワイイ選抜一行は敵の本拠地である、党首どもの根城に到着。 

オオアラシという筋肉隆々の男がおり、警備が厳しそうなことを確認 

 

コハクが、ふといちばん高い所にある小屋を見上げます。 

何かに気づいたコハクアマリリスに15秒時間稼ぎを頼みました。 

アマリリスが警備の男達「筋肉がステキ」褒めて浮かれさせている間にコハクは木の通路から飛び降り、 いちばん高い所にある小屋を観察 

 

コハクの驚異的な視力と、科学王国で学んだ知識で何かを確信します。 

「見つけたぞ! 勝利を決定づける 科学の鍵を!」 

しかし、このことをどうやって密かに千空たちに伝えるか。イヤリングインカムの通信は一方通行で連絡手段がありません。 

 

そして、千空たちの隠れている洞窟では、テスト用マシンが走りモーター作成は大成功 

ゲンは、いわゆるこのミニ四駆を見て、ひらめきます。 

これはこれで「連絡手段とかに使えそう!」 

そう、思いついたゲンのでした。 

 

\こちらもおすすめです/

ドクターストーン112話のネタバレ感想

 

こうさつ君

と、ここまでが前回の内容でした。

という事で、さっそく本題である第113話のネタバレを紹介していきますよ~!

 

※ここからはネタバレ内容を含みますので、あらかじめ認識をお願いします!

 

スポンサーリンク

ドクターストーン113話のネタバレ!

 

ネズミ

「科学王国の勝利の鍵が 頭首の済む大木にある!」 

このことを千空たち科学チームに伝えたいコハク。 

インカムは一方通行なのでこちらからの連絡ができない 

コハク・アマリリス・銀狼の3人は、見習いとして後宮に入るまでの3一週間、姿勢よく歩く鍛錬や礼儀作法を仕込まれ厳しく指導されていました。 

 

ここで、インカムに千空の声が。 

「この後そっちに 面白れぇもんが行くぞ 科学のネズミだ・・・!」 

 

木の通路を勢いよく走るミニ四駆。 

ネズミっぽい耳としっぽをつけてカムフラージュされています。 

デカいネズミが走り回り、驚く警備の男たち。 

 

現代人が見れば、タイヤもついておりミニ四駆モロ出し。 

しかし工作が雑で動きがガタガタなので、逆にそれっぽく見えそうです。 

コハクが飛び降り、ネズミをキャッチ! 

 

作法の指導員が「何してるの!!」と怒って近づいてきますが、アマリリスがとっさの演技。 

「おっきなネズミが出ちゃって すっごい怖かったです・・・」 

涙を流し、震えてか弱い女の子のフリ。 

素に戻るアマリリスのしたたかな顔に、銀狼は女の子の裏表に怖さを感じます。 

 

インカムでゲンが連絡。 

「なんかあったらそのネズミ発射してー 要はSOSのお手紙ね!」 

 

手紙

『てがみ』ってなあに?」 

アマリリスがコハクに聞くが、もちろんわからない。 

しかしこのネズミを救難信号に使えということは理解します。 

『てがみ』という言葉を聞いた銀狼には覚えが・・・。 

 

―――過去、村の科学学園で勉強をする金狼。 

文字を勉強していました。 

ミミズみたいな絵に見える銀狼に、これを『手紙』などの形で言葉を記し、時と場所を合わせなくても連絡がとれる有用なものだと説明する金狼。 

 

文字を覚えれば手紙が書ける。これをネズミで送れば連絡ができる!とアマリリスは喜びますが、銀狼は文字が書けません。 

金狼に「学ばなければ」と言われてましたが、当然不真面目銀狼は「めんどい」と遊んでいました。 

「覚えとけばよかった」と後悔する銀狼。 

だが、この話を聞いてコハクが何かを思いつきます。 

 

そして、ネズミ発進!

スイカが、もう戻ってきたネズミミニ四駆を捕まえますが、中の切れはしに何か書いてあるのを見つけました。 

 

プラチナ

隠れ家に戻って、みんなで検証。 

切れはしには、絵がいくつか書かれています。 

「暗号?」 

誰も文字がわからないから仕方ないとして解読にかかります。 

 

まず、棒のついたアイスのような絵。血の汚れ、そして氷月とエンジン? 

書かれた絵をそのまま受け取ると、「アイスを 氷月が エンジンで溶かした」 

何のことかわからないので、メンタリストゲンの出番です。書き手の心理ににじり寄って考えます。 

 

書く立場なら、分かりやすくしたい。でも、分かりやすくできなかったという事は伝えたい単語が耳慣れない言葉だということ。 

つまり、科学用語です。 

 

科学アイテムと考えると、このアイスは『プラスチック』 

次の血文字の汚れは、自然ではなく擦りつけていることから『血』 

氷月っぽい絵は槍が協調されているから『やり』『つよい』『ながい』『こわい』 

血だとすると、銀狼に指を切る勇気はないので書いたのがコハクだと推理。すると『こわい』は削除。 

 

最期は『エンジン』に見えるが、村人にとっては暖炉に使ったことが印象にあるはずだとして『だんろ』『あつい』『あったかい』『ぽかぽか』 

頭文字を1文字か2文字かとって、日本語を探す。 

 

コハクが見つけたのは、頭首の棲む大木に根元にある、異様な球形。 

何千年も耐えうる人工物、科学の球体。 

千空の父たちが残した究極の宝箱、宇宙船ソユーズ 

 

プラスチック 

ち 

なが 

あったかい 

 

スパイチームが究極のお宝、プラチナ発見 

これで硝酸作り放題、石化復活液∞生産マシンが作れます。 

科学王国のメンバーが石化から復活できる、重大局面をむかえました―――!! 

 

スポンサーリンク

ドクターストーン113話を読んでみた感想!

 

こうさつ君

コハクが気づき、手紙に書きたかったのは「プラチナがあった」でした! 

 

かんそう君

そう、原始の時代は文字がなかったわけですよね。 

当たり前すぎて文字が書けないということ自体、普段だと発想できません。 

 

こうさつ君

このマンガを読んでると、つくづく人類の進化と言うのを感じますね。 

 

かんそう君

文字があることの便利さももちろん、道具類など暮らしに関わる文明の発達。 

ほんと、先人たちの知恵に感謝しないと。 

 

スポンサーリンク

ドクターストーン ネタバレ113話の感想「暗号通信」まとめ

 

かんそう君

今回の『ドクターストーン』の第113話についてはいかがでしたでしょうか?

今回のネタバレ感想を以下にまとめてみるとこのようになりました!

 

こうさつ君
  1. ドクターストーン 113話のネタバレ!
    1. ネズミ
    2. 手紙
    3. プラチナ
  2. ドクターストーン 113話を読んでみた感想!

 

かんそう君

宝島に来た目的である”宇宙船ソユーズ”の中にあるであろう『プラチナ』の発見。 

まずは見つけることができました! 

でも、監視のある中どうやって盗るのかがまず問題ですね。 

 

千空の父たちが、後のことを考えて残してくれていたわけですが、ほんとに偉大過ぎます。 

人類はこのソユーズの乗員メンバーのおかげで今に至るわけです。 

 

そして、改めてゲンの心理を読み解くメンタリストの能力もお見事でした! 

プラチナが手に入れば、科学王国総員が復活。 

さらに石化している人類みんなを救うことができます! 

 

手に入れば、一気に加速していくであろう展開がとても楽しみです。 

とりあえず、偵察とドローン制作、がんばってもらいましょう! 

 

それでは、最後までお読みくださり、ありがとうございました!

また次回のネタバレ感想もお楽しみに!

 

\こちらもおすすめです/

ドクターストーン114話のネタバレ感想

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。