約束のネバ―ランドネタバレ143話の感想『ムジカ再登場!』

かんそう君

こんにちは!

ネタバレ感想・考察の庭へようこそー!

今回は少年ジャンプに連載中の人気漫画である

『約束のネバーランド』の第143話についてのネタバレ感想内容を

『約束のネバ―ランドネタバレ143話の感想『ムジカ再登場!』』としてわかりやすくまとめてみたいと思います!

さっそく前回のあらすじからおさらいしておきましょう!

 

~前回のあらすじ~

仲間の元へ帰還したラートリー(1000年前)。

ラートリーはすでに鬼たちと取り決めを交わし終えており、仲間たちを最初の食料人類として差し出すことになります。

 

ラートリーはイヴェルク公と共に、鬼の頂点に位置する〇〇〇〇の元へ向かい、約束を交わします。

世界を二つに分ける代償(ごほうび)として、イヴェルク公は毎年一番いい肉を献上し続けることになります。

ラートリーは二世界間の門番という役割が与えられたのでした。

 

そして現在、エマもまた、約束に対するごほうびを要求されようとしていました。

 

\こちらもおすすめです/

約ネバ142話のネタバレ感想

 

こうさつ君

と、ここまでが前回の内容でした。

という事で、さっそく本題である第143話のネタバレを紹介していきますよ~!

※ここからはネタバレ内容を含みますので、あらかじめ認識をお願いします!

 

約束のネバーランド143話のネタバレ!

エマに言い渡されるごほうび!

「食用児全員で人間の世界へ行きたい。それを最後に二世界間の行き来を完全に不可能にして」

 

〇〇〇〇に望みを伝えたエマは、望みをかなえる代償としてごほうびを要求されます。

「じゃあ、ぼくがほしい”ごほうび”は、きみの――」

ごほうびの内容を聞かされたエマは、目を見開いて驚き、「え」とだけ口にするのでした。

 

ごほうびの内容は伏せられたまま、ドンとギルダに視点が移ります。

 

ドンとギルダは、アイシェとの間にあったことはハヤトに伏せています。

アイシェも正体を隠したまま、そしてハヤトも裏でジン達と密会していることを伏せたまま…

一行はソンジュとムジカ探しを継続します。

 

3日前に一度、ソンジュとムジカらしき足跡を見つけたドンとギルダ達でしたが…

それ以降は手掛かりが見つかっていない状態です。

「それだけソンジュとムジカが身を隠すのが巧いってことだ」

 

動き出すジン達!

アイシェの犬が何かを見つけ、ワンッと吠えて知らせてきます。

落ち葉で隠してありますが、地面をよく見てみると、確かに足跡らしきものがあります。

 

「ムジカだ…これ…ムジカの足跡だ!!」

ドンが目を輝かせ、ギルダもうなずきます。

 

足跡の痕跡はまだ新しく、さっさく足跡をたどっていこうとしますが…。

喜ぶドンとギルダの後ろで、ハヤトが凶悪な表情を浮かべます。

(邪血、見つけた。見つけましたよボス…!)

 

ハヤトは旅に出る前、ヴィンセントから密命を与えられていました。

「邪血を見つけたら、君がすべきことは、まずジン達と連絡をとることだ」

 

ドンやギルダ、それにアイシェにも怪しまれないようにと…

ヴィンセントはハヤトに、位置情報を知らせるための発信機を渡していたのでした。

 

ハヤトはドンやギルダに隠れ、こっそり発信機のボタンを押します。

発信機の情報を頼りに、邪血を包囲すべく、ジン達が即座に動き始めます。

「我らラムダの力で邪血を葬る。ボスの計画に一片の狂い無しだ」

 

ハヤトは内心で、(ごめんなさい、だますような真似をして)とドンやギルダにあやまります。

(でもこれが食用児オレたちのため。食用児オレたち全員の未来のため)

(ボスの命令。邪血は殺さなければならないのです!!)

 

ソンジュとムジカ再登場!

「あなたも少し休んだら?ソンジュ」

川辺で馬に水を与えながら、一休みしているムジカ。

 

「いや、俺はいい。それよりそろそろ――」

何かを言いかけるソンジュでしたが、木の裏に隠れている何者かの気配を感じ取ります。

 

大人しく出てこい、と呼びかけると…

現れたのはドンとギルダ。

 

「ムジカ…?久…しぶり…」

両手を上げ、やや緊張した感じで出てきたドンとギルダでしたが…

ムジカに名前を呼ばれて緊張が解けたのか、二人でムジカに駆け寄り、再開を喜びます。

 

「会いたかった…会いたかったぁ…!!」

泣いて喜ぶギルダに、笑顔のドン。

ムジカ、それにソンジュも二人との再開を喜び、和やかなムードになります。

 

その裏で、ハヤトが発信機のボタンを三回連続で押すことで、邪血の発見をジン達に知らせていました。

 

ジン達が近づいてくる気配をいちはやく感じ取ったのはアイシェ。

 

アイシェが鬼の言葉で何かを叫び、ソンジュとムジカがはっとして周囲を見渡した時は…

すでにジン達による包囲が完了していました。

ハヤトも即座にアイシェの背後に回り込み、首にナイフをかざし、アイシェと犬たちの動きを封じます。

 

「すみません、ドンさん、ギルダさん。邪血の鬼は俺たちが始末します」

銃を持って現れたジンは、木の上からドン、ギルダにそう謝罪します。

驚愕するドンとギルダ。

 

しかし次の瞬間、ジンの背後には、いつの間に回り込んでいたのか、なんとソンジュの姿が。

(なんだこいつ、いつの間に…)

ソンジュの動きをとらえられず、ジンは冷や汗をかいて焦ります。

 

「始末する?誰が?誰を?」

仮面の下からのぞく口元をゆがめ、ソンジュはあざけるようにそう言うのでした。

 

約束のネバーランド143話を読んでみた感想!


こうさつ君

やはりエマに要求されるごほうびの内容は、(読者には)伏せられる形になってしまいましたね!

エマはごほうびの存在自体は知っていたはずですが、驚いた表情や、「え」という短い言葉しか返せなかった反応などを見ると、まったく予想していなかった要求をされた、という感じですね。

 

かんそう君

エマに要求されたごほうびの正体は気になりますが…

真相は当分先のことになりそうですね。

 

こうさつ君

ハヤトがヴィンセントから発信機と共に指令を受け取っていましたが…

ヴィンセントの口ぶりからは、ドンとギルダだけではなく、アイシェのことも警戒しているような感じがしました。

ひょっとしてヴィンセントは、自分たちを親の敵として敵視しているアイシェの真意に気づいているのかもしれません。

 

かんそう君

そしてついに、久々にソンジュとムジカが再登場しましたね!

ソンジュは最初、仮面で顔を全部覆った状態で登場するのですが、隠れていたのがドンとギルダだとわかったとたん、仮面の下半分を外して警戒を解いている感じが、なんだか見ていてほっこりしました。

直後に現れたジンの背後をあっという間にとってしまいましたが、ジンの驚く反応を見る限り、ソンジュの強さは完全にジンの想定を上回っていたようですね。

 

約束のネバ―ランドネタバレ143話の感想『ムジカ再登場!』まとめ

 

かんそう君

今回の『約束のネバーランド』の第143話についてはいかがでしたでしょうか?

今回のネタバレ感想を以下にまとめてみるとこのようになりました!

 

こうさつ君
  1. 約束のネバーランド143話のネタバレ!!
    1. エマに言い渡されるごほうび!
    2. 動き出すジン達!
    3. ソンジュとムジカ再登場!
  2. 約束のネバーランド143話を読んでみた感想!

 

かんそう君

あっという間にジンの背後をとってしまったソンジュ。

どう動くかはジン達、そしてドンやギルダ達次第でしょうか?

 

それでは、最後までお読みくださり、ありがとうございました!

また次回のネタバレ感想もお楽しみに!

 

\こちらもおすすめです/

約ネバ144話のネタバレ感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA