約束のネバ―ランドネタバレ139話の感想『アイシェの父!』

かんそう君

こんにちは!

ネタバレ感想・考察の庭へようこそー!

今回は少年ジャンプに連載中の人気漫画である

『約束のネバーランド』の第139話についてのネタバレ感想内容を

『約束のネバ―ランドネタバレ139話の感想『アイシェの父!』』としてわかりやすくまとめてみたいと思います!

さっそく前回のあらすじからおさらいしておきましょう!

 

~前回のあらすじ~

実験室で何かの液体を完成させるヴィンセント。

一緒にいるシスロは、何か思うところがあるような様子です。

 

一方、ソンジュとムジカ探しを進めているドンとギルダ達。

護衛としてつけられたアイシェは優秀ではありますが、ソンジュとムジカを殺すために同行させられた刺客の可能性もあります。

 

ドンとギルダ達は、ソンジュとムジカと一緒にいた馬の足跡らしきものを発見します。

ハヤトがその場を離れ、アイシェも眠りについた夜、二人は作戦会議を始めます。

しかし実は、アイシェは起きており、二人の会話が聞かれてしまうのでした。

 

\こちらもおすすめです/

約ネバ138話のネタバレ感想

 

こうさつ君

と、ここまでが前回の内容でした。

という事で、さっそく本題である第139話のネタバレを紹介していきますよ~!

※ここからはネタバレ内容を含みますので、あらかじめ認識をお願いします!

 

スポンサーリンク

約束のネバーランド139話のネタバレ!

アイシェを拾った鬼の男!

アイシェに会話を聞かれてしまったドンとギルダ。

 

ドンは焦りますが、ギルダは動揺せずに思考を巡らせて、まずはアイシェに質問します。

「どうして?あなた…言葉が解るの?アイシェ」

 

ここからアイシェの過去に話が飛びます。

 

アイシェを拾った鬼は、ある農園の職員でした。

流れ作業のライン上で、梱包のような仕事をしている彼は、言葉少なく、いつもうつむいているさえない男でした。

 

彼は子供の頃、顔の右半分の形が突然くずれてしまい、「まるで野良だ、野良落ちだ」と周りから馬鹿にされて育ちました。

 

人間を食べていれば元に戻るはず…しかし彼の顔が戻ることはなく、彼にとって自分の顔の右半分は、いつしか呪いのようなものになっていました。

 

そんなある日、仕事中だった彼は、廃棄ラインに流れてきた食肉の赤子の中に、顔の右半分がただれている子供を見つけます。

 

彼がじっとその子を見ていると、その赤子も彼に気づき、じっと見つめ返してきます。

 

彼は周りの目を盗んで、衝動的にその赤子を持ち帰ってしまいます。

 

しかし、持ち帰ってどうするかまで考えていなかった彼は、最初はその赤子を食べてしまおうかとも思いましたが、なぜかそうすることができませんでした。

 

結局彼は、元々犬を飼っていたこともあり、「まあ、犬だと思えば…」と、持ち帰った赤子を育てることにします。

 

幸せだった親子!

彼は農園をやめ、森の奥にこもって暮らすようになります。

 

人間の食べ物や着る物など、本を読んで少しずつ勉強しながら、彼は赤子を育てていきます。

 

彼がいないいないばあ、をすると、赤子は喜びながら、小さな手を伸ばして彼に触れてきます。

(もはや呪いなどなかった)

アイシェとの交流の中で、自分の彼の右半分を呪っていた、彼の心の中にあったわだかまりが消えていきます。

 

彼に育てられて、赤子も成長していきます。

鬼と人間でありながら、本当の親子のように優しく、あたたかい時を過ごす彼らは、幸せでした。

 

そして赤子にはいつしかアイシェという名前が付けられ、アイシェを拾った彼は…

言葉を覚えたアイシェから「父さん」と呼ばれるようになっていました。

 

そんな幸せな時間を過ごしていた二人でしたが、その幸せを破壊するかのように…

突然あらわれたノーマン達が、アイシェの父を無惨に殺してしまいます。

 

アイシェの父は死の間際、まだ幼かった頃のアイシェが自分に手を伸ばす幻覚を見て、泣きながら息絶えていきます。

 

そして隠れていたアイシェを見つけるノーマン達。

アイシェを助けに来たつもりのシスロは、「大丈夫…もう大丈夫だからな」と優しく声をかけますが…。

 

「許さない、よくも…」

 

父を殺されたアイシェは、怒りの形相に涙を浮かべながら、鬼の言葉でそうつぶやくのでした。

 

「殺してやる、殺してやる!!」

 

アイシェの真意と本当の刺客!

場面は再び現在に戻ります。

 

冒頭のギルダからの「どうして?」という問いかけに、アイシェが答えます。

 

言葉が話せるのは、育ての父である鬼から教わったから。

言葉が話せるのを黙っていたのは、父の仇であるノーマン達のことが大嫌いで、口も利きたくないから。

 

「無知なフリをして従っているのは、今この場を生き抜くため」

 

話しながら、ノーマン達への殺意がよぎるアイシェでしたが…それについては明言を避けます。

アイシェの説明が終わり、今度はドンとギルダが逆に質問されます。

 

なぜ邪血を逃がしたいのか、他の人間たちなら迷わず殺そう二するのに、と。

 

ドンとギルダは、自分たちにとってソンジュとムジカは恩人であり友達であること、そして仲間の一人(エマ)が考えているように、自分たちも鬼を絶滅させたくないと思っていることを明かします。

 

ドンとギルダは思い切って、アイシェがノーマンから、ソンジュとムジカを殺すよう命令されているか、ストレートに聞いてみます。

 

「知らない。私はそんな命令受けてない。むしろ私はあんた達がー」

「よかった~!!」

 

アイシェが何か言いかけたのを遮って、ドンとギルダは大喜びします。

 

ノーマンがちゃんと保護の方向で考えていてくれたこと、アイシェも刺客でなかったことがわかり、泣いて喜ぶ二人を見て、アイシェは戸惑いながらも、どこか二人を見る目が変わったような感じになります。

 

ドンとギルダは、これなら安心してソンジュとムジカを捜せる、と希望を見出すのですが…。

 

その頃、薪を拾いにその場を離れていたはずのハヤトが…

隠れてついてきていたジン達と接触し、捜索状況を報告していました。

 

「そうか、今日も手がかりはなしか」

「ああ」

 

ジンに報告をしているハヤトは、ドンやギルダの前では見せたことのない冷たい表情を浮かべています。

 

「だがじき見つかる。いいか、邪血は見つけ次第俺達で殺す。すべてはボスの命令通りに!!

 

ジンの後ろには、量産型アダム?のような屈強な食用児たちが、ソンジュとムジカが見つかるその時を待っているのでした。

 

スポンサーリンク

約束のネバーランド139話を読んでみた感想!

 

こうさつ君

今回の約ネバ139話は、また密度の濃いお話でしたね…!

前半と後半で、それまで感じていたことが二度もひっくり返される、衝撃的な展開でした!

 

かんそう君

ノーマン達に救出されたと思われていたアイシェが、実は鬼の父と幸せに暮らしていた、というのに、まず驚かされました。

鬼の父がアイシェを育てている光景が、短いながらもとても情緒的に描かれていて、二人は親子として、幸せに過ごしていたんだな、というのが…単なる設定や情報ではなくて、感情を伴って伝わってきました!

 

こうさつ君

だからこそ、アイシェの育ての父である鬼が殺されてしまうシーンはとてもショックでしたし、父を殺されたアイシェがノーマン達を親の敵として憎むようになる、というのも、自然なことというか、アイシェからしたら当然だな…と感じられました。

もちろんノーマン達はアイシェを助けたかっただけで、特にシスロは本心から優しい言葉をかけていたと思うのですが…。

(古い漫画の話ですが、ダイの大冒険に出てきたヒュンケルというキャラクターが、育ての父であるモンスターを勇者に殺され、勇者を憎むようになる、というエピソードがあったのを思い出しました)

 

かんそう君

そしてアイシェはどうやら刺客ではなかったようですが、ある意味で、本当の刺客はハヤトの方でしたね。

正確には、ハヤトから報告を受けて、ジンが指揮して量産型アダム?軍団がソンジュとムジカ殺害を実行する手はずなのでしょうが…。

登場してから一貫して、人畜無害な良い奴として描かれてきたハヤトですが、今回の(ドンとギルダからすれば)裏切りにも等しい展開は、前半とはまた異なる衝撃がありました!

 

スポンサーリンク

約束のネバ―ランドネタバレ139話の感想『アイシェの父!』まとめ

 

かんそう君

今回の『約束のネバーランド』の第139話についてはいかがでしたでしょうか?

今回のネタバレ感想を以下にまとめてみるとこのようになりました!

 

こうさつ君
  1. 約束のネバーランド139話のネタバレ!!
    1. アイシェを拾った鬼の男!
    2. 幸せだった親子!
    3. アイシェの真意と本当の刺客!
  2. 約束のネバーランド139話を読んでみた感想!

 

かんそう君

巻末の次回予告によれば、次回はまたエマ達に視点が移るようですね!

 

それでは、最後までお読みくださり、ありがとうございました!

また次回のネタバレ感想もお楽しみに!

 

\こちらもおすすめです/

約ネバ140話のネタバレ感想

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。