約束のネバ―ランドネタバレ138話の感想『完璧な同伴者!』

かんそう君

こんにちは!

ネタバレ感想・考察の庭へようこそー!

今回は少年ジャンプに連載中の人気漫画である

『約束のネバーランド』の第138話についてのネタバレ感想内容を

『約束のネバ―ランドネタバレ138話の感想『完璧な同伴者!』』としてわかりやすくまとめてみたいと思います!

さっそく前回のあらすじからおさらいしておきましょう!

~前回のあらすじ~

迷路の正体を突き止めたエマとレイ。

そこは自分たちの意識が反映される空間でした。

二人が時間を止めて巻き戻すイメージをすると、迷路が本当の姿を現し、謎の黒い球体が出現します。

一方、ノーマン達は鬼を絶滅させる計画を順調に進めていました。

ノーマンはアレと呼ぶ何かをヴィンセントに準備させます。

そして鬼の王都へ向けて進軍を開始するのでした。

\こちらもおすすめです/

約ネバ139話のネタバレ感想

スポンサーリンク

約束のネバーランド138話のネタバレ!

アレを完成させるヴィンセント!

科学の実験のように、ビーカーやガラス製のスポイトを使って、何かの液体を作っているヴィンセント。

「できたのか?ソレ」

部屋の隅にいたシスロにそう問われ、「ああ」とヴィンセントが微笑を浮かべながら答えます。

「まったくボスは天才だよ。いやそんなちゃちな言葉ではおよそ足りない。それ以上だ」

液体の製造方法はノーマンが考えたらしく、ヴィンセントはノーマンを称賛する言葉を並べ立てます。

「………なぁ…これでいいんだよな」

突然シスロが思いつめたような表情でそう言いだします。

しかし、「なんでもねぇ忘れてくれ」とすぐに撤回し、話題を邪血の少女に移します。

邪血の少女を見つけられるか、殺せるのか、疑問を並べるシスロ。

ノーマンを信じているヴィンセントは、見つかるし、殺す、とあくまでもノーマンを信じ続けます。

ヴィンセントはできたばかりの液体を、ネズミ型の小さな鬼に投与し始めます。

液体を口から流しこまれた鬼は、「ギ、ギィ、グェッ」と声を上げながら、檻の中で巨大化?変化?していきます。

「成功だ。すべてはボスの計画通り。王都も邪血も何も心配は要らないんだ」

笑顔でそう言い切るヴィンセント。

その横でシスロは、どこか不満げな表情を浮かべているのでした。

アイシェは完璧な同伴者!

視点はソンジュとムジカを捜すドンとギルダ達に移ります。

ノーマンの用意してくれたマップを元に、アイシェと犬による探索で、鬼の足跡やたき火の跡などを次々見つけていきます。

しかし見つかるのはほかの鬼の痕跡ばかりで、ソンジュとムジカの痕跡はなかなか見つかりません。

途中、ドンが毒グモに襲われかけますが、アイシェが優れた五感で察知し、ナイフを投げて毒グモを仕留め、ドンを助けます。

「完璧な同伴者ね」

ギルダがアイシェをそう評し、ドンも同意します。

「探索としても護衛としても、そして資格としても、あと、監視としてもな」

アイシェと三匹の犬たちは、ドンやギルダを守るだけではなく、その動向を常に隙なく監視し続けてもいるのでした。

「守れるかしら…(ソンジュとムジカ…)」

アイシェのすごさを目の当たりにしたギルダは不安になりますが…

「ちげーどう守るかだろ」

ドンにそう諭され、ギルダは気を入れなおします。

フレンドリー作戦失敗!!

「何考えてんのか、互いにさらして話ができたらな」

ドンはアイシェと分かり合う努力をしようと考え、フレンドリーな笑顔で近づきますが…

警戒した犬たちにほえられ、あっけなく玉砕してしまいます。

その後もソンジュとムジカの捜索を続ける一行でしたが、油断したハヤトが野良鬼に襲われてしまいます。

アイシェが銃を向けますが、発砲するより早く、ドンが石を投げつけて野良鬼の気を引きます。

ドンはピューッと口笛を吹いて野良鬼を自分の方へ引きつけながら走り、ギルダが合図してハヤトたちを別の方向へ誘導します。

「ありがとうございます!てかドンさんよくご無事で!」

無事に野良鬼を巻いて合流してきたドンに、ハヤトが抱き着き、泣きながらお礼を言います。

「けどそうしてそんな危ない目までして…殺してしまえば楽で早かったのに…」

ハヤトに聞かれ、野良鬼を殺さなかった理由をいろいろと語るドンでしたが…

最後にあっけらかんとした笑顔で本音を言います。

「まあ殺さずにすむならそれが一番いいかなって」

そしてその夜、ハヤトが薪を集めにその場を離れ、アイシェと犬たちも眠りにつく中…。

ギルダがドンにバッと近づいて言います。

「ねえドン、昼間のアレ気づいた?あの足跡…似てた。そっくりだった…!」

ギルダが見つけたのは、ソンジュとムジカと一緒にいた、馬型の鬼の足跡でした。

「どうする。これがマジでムジカ達だったら――」

「そう…ドン。だから――」

ギルダが必至な形相でドンに何かを言いかけますが…

いつのまにか、二人の側にもう一つ人影がありました。

「なるほどあんた達…邪血を逃がすつもりか」

ドンとギルダをじっと見つめながらそう言ったのは、人間の言葉を理解できないはずのアイシェでした。

スポンサーリンク

約束のネバーランド138話を読んでみた感想!

こうさつ君

鬼の言葉しか理解できない、と言われていたアイシェですが…どうやらそれは嘘だったようですね!

ドンとギルダを油断させて、二人の本心を知るために、人間の言葉が話せることを隠していたんですね…!

最後のシーンは読んでいるこちらもビクッ!と驚いてしまいました。

かんそう君

考えてみれば、アイシェが本当に鬼の言葉しか理解できないなら、誰が命令しているんだって話になりますし、実は人間の言葉も理解できる、というのは、予想できたことかもしれませんね。

こうさつ君

前回までの感じだと、ハヤトはアイシェが人間の言葉もわかる、ということを知らなかったようなのですが…本当のところはどうなんでしょうね。

知っていてあえて黙っていたのと、本当に聞かされていなかったのでは、ハヤトの立ち位置がけっこう大きく変わりそうな気もします。

ハヤトは嘘がつけるようなタイプだとは思えないので、おそらく聞かされていなかったんだろうな…と思います。

かんそう君

前回ノーマンが意味ありげに言っていたアレ、についてですが、今回ヴィンセントが作っていた謎の液体のことだったのでしょうか。

液体を浴びた鬼は何らかの変化をしたようなのですが、今回の話だけではまだ何が起こったかしっかり描かれていませんでした。

これがノーマンの切り札なのだとしたら、ただ鬼を殺す、というような生易しいものではなく、もっと恐ろしい何かなのだろうな、という想像だけはつきます。

スポンサーリンク

約束のネバ―ランドネタバレ138話の感想『完璧な同伴者!』まとめ

かんそう君

今回の『約束のネバーランド』の第138話についてはいかがでしたでしょうか?

今回のネタバレ感想を以下にまとめてみるとこのようになりました!

こうさつ君
  1. 約束のネバーランド138話のネタバレ!!
    1. アレを完成させるヴィンセント!
    2. アイシェは完璧な同伴者!
    3. フレンドリー作戦失敗!!
  2. 約束のネバーランド138話を読んでみた感想!

かんそう君

ソンジュとムジカの再登場も近そうですね!

二人を助けたいドンとギルダ、それを知ってしまったアイシェ、それにハヤトもどう動くのか、先が読めない展開で続きが待ち遠しいですね!

それでは、最後までお読みくださり、ありがとうございました!

また次回のネタバレ感想もお楽しみに!

\こちらもおすすめです/

約ネバ139話のネタバレ感想

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。