約束のネバ―ランドネタバレ137話の感想『意識の力』

かんそう君

こんにちは!

ネタバレ感想・考察の庭へようこそー!

今回は少年ジャンプに連載中の人気漫画である

『約束のネバーランド』の第137話についてのネタバレ感想内容を

『約束のネバ―ランドネタバレ137話の感想『意識の力』』としてわかりやすくまとめてみたいと思います!

さっそく前回のあらすじからおさらいしておきましょう!

 

~前回のあらすじ~

シェルターやゴールディ・ポンドのような迷路を進むエマ達。

レイは七つの壁の正体にあたりをつけ、それが時空であると推察します。

そして七つの壁を越えるとは時空を超越するということ。

そこまで気づきながら、しかし実現する方法がわかりません。

 

迷路をさまよっている内に、二人はやがて砂漠にたどり着きます。

レイは老いて老人になり、諦めかけますが、子供になったエマが何かに気づいたようです。

 

\こちらもおすすめです/

約ネバ136話のネタバレ感想

 

こうさつ君

と、ここまでが前回の内容でした。

という事で、さっそく本題である第137話のネタバレを紹介していきますよ~!

※ここからはネタバレ内容を含みますので、あらかじめ認識をお願いします!

 

スポンサーリンク

約束のネバーランド137話のネタバレ!

迷路の正体!

「レーイ!私わかったかも!!」

子供になったエマが年老いたレイにそう言いますが…。

 

「ア”?あんだって??」

ヨボヨボになったレイは耳も遠くなったようで、エマのこともよくわからないようです。

 

「しっかりしておじいちゃん!」

エマにほほをはたかれると、ようやくレイが元の姿に戻ります。

 

驚くレイに、エマは自分が気づいたことを話し出します。

「七つの壁は時空で、ここは不安定で、鍵はアタマなんだよ」

 

エマが言うには、この場所はエマやレイの潜在意識が投影されており、意識によって介入ができる。

エマが小さくなったのも、時間を巻き戻すと意識したから、レイがおじいちゃんになったのも、広い場所や砂漠に出てしまったのも、引き金はレイやエマの意識によるもの。

 

(全部潜在意識の投影?)

驚くレイに、エマは言います。

 

自分たちがずっと迷子になっていたのは、わかんないってこんがらがってこの場所を正しく認識できていなかったから、そしてこの場所には正しい姿があるんだよ、と。

 

「それはきっと時間を止めて巻き戻したら現れる。それがきっと壁が現れるってことなんだ」

 

エマはレイの手を取って言います。

 

「ね、できるよ。信じて。想像して。さあレイ、ちょっくら時間を止めて巻き戻そう」

 

想像の力で世界を変える!

(すべていしき次第。自分次第。考え方ひとつで世界が変わっていく。こんな場面ときにもか)

 

エマの話を聞いていたレイは、ハハッと笑い出します。

 

「お前本当頭おかしいぞ」

「でも試してみる価値はあるでしょ」

 

エマとレイはお互いの手をつなぎながら、目を閉じて二人でイメージし始めます。

(小さなころ、何がムリとかできっこないとか考えたことすらなかった。思い出せ、あの頃の感覚)

 

二人が強く、時間を止めて巻き戻すイメージをすると、それに合わせて周りの砂漠の風景が徐々に変化していきます。

 

やがてエマ達が目を開けると、砂漠も迷路も消え去り、一辺が10里の立方体のような場所になっていました。

 

「変わった…これが…正しい姿?」

 

エマの予想通り、意識が空間に干渉している、というのが本当だったと実感したレイは、ブツブツと独り言を言いながら分析を始めます。

 

意識もエネルギー、扉は高次元世界の入り口、ソンジュの話に合った世界を分けたというくだり、量子の世界における二重スリット実験、引き寄せの法則、世界を認識する装置としての脳…。

 

「なあエマ、ひょっとすると○○○○は――」

 

レイが何かに気づいたようですが、最後まで言い終わる前に、突然黒い球のようなものが空間に出現し、二人の関心はそちらに移ります。

レイが観察してみた結果、どうやらそれは球というより、何かの穴のようです。

 

ノーマンは王都へ向けて進軍を開始!

視点はノーマン達に移ります。

 

アジトの射撃訓練場で、オリバー・ザック・ナイジェルが射撃の腕を披露し、見事に的に命中させます。

横で見ていたシスロとバーバラも、「やるじゃん」、とその腕を誉めます。

 

「さすが猟場かりにわの脱走者。否、彼ら全員見事な訓練を受けてきている。これは想定以上の戦力になる」

ヴィンセントもオリバーや仲間たちを高く評価し、「なぁボス」と側にいたノーマンに声を掛けます。

 

「あぁ…だが彼らはあくまで後方支援だ。それよりギーランたちの動向は?」

ギーランたちの動きも含め、今のところノーマンの計画は全てが順調に進んでいるようです。

 

アレ・・の用意は?使えそうか?」

まだ何か切り札を持っているらしいノーマンに、「おそらく間に合うと思う」とヴィンセントが言います。

 

「では我々も動こう」

ノーマンは馬(白馬?)にまたがり、仲間を引き連れ、先頭に立って進み始めます。

 

「目指すは王都。進軍する!」

ノーマンの後ろには金棒を持ったバーバラ、刀を持ったザジ、そして大量のアダム?のような巨大な子供たちが追従し、大きなうねりとなって王都を目指すのでした。

 

スポンサーリンク

約束のネバーランド137話を読んでみた感想!

 

こうさつ君

ついに迷路を突破しましたね!

七つの壁を越えるには時空を超越しなければならない、なんて言われた時はどうしたら越えられるか想像もつかなかったのですが…

想像することそのものが、この場所での正解だったのですね。

 

かんそう君

七つの壁の正体を突き止めたのはレイ、そこを突破する方法をひらめいたのはエマ、そして最後は二人の力でその方法を実現させましたね。

全て意識次第、自分次第、考え方ひとつで世界が変わっていく…

レイがそう感じたように、約ネバはまさにそんな話だったのかもしれないな、と読んでいて感じました!

 

こうさつ君

レイがブツブツ言っているシーンで、二重スリット実験とか、引き寄せの法則、という単語が出ていましたね。

どちらも知っている単語だったので、ちょっとニヤッとしました。

引き寄せの法則は、量子論を取り入れた若干スピリチュアル寄りの自己啓発、みたいな本なのですが、そんな本がGFハウスに置かれていたというのが個人的にちょっと驚きでした。

 

かんそう君

エマ達の前に現れた黒い穴は、ブラックホールのようなものでしょうか?

そこに飛び込んだ先に、○○○○がいるのかもしれません。

そしてノーマン達も動き出したね!

ヴィンセントに言っていたアレ、というのが何なのか気になるところです。

いよいよ物語も佳境に入ってきた、という感じがしますね!

 

スポンサーリンク

約束のネバ―ランドネタバレ137話の感想『意識の力』まとめ


かんそう君

今回の『約束のネバーランド』の第137話についてはいかがでしたでしょうか?

今回のネタバレ感想を以下にまとめてみるとこのようになりました!

 

こうさつ君
  1. 約束のネバーランド137話のネタバレ!!
    1. 迷路の正体!
    2. 想像の力で世界を変える!
    3. ノーマンは王都へ向けて進軍を開始!
  2. 約束のネバーランド137話を読んでみた感想!

 

かんそう君

今回のラストで視点が移り、次回はノーマンのパートでしょうか?

鬼の王家やギーランたちの動向も気になりますね!

 

それでは、最後までお読みくださり、ありがとうございました!

また次回のネタバレ感想もお楽しみに!

 

\こちらもおすすめです/

約ネバ138話のネタバレ感想

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。