キングダムネタバレ595話の感想「涙の決別」

かんそう君

こんにちは!

ネタバレ感想・考察の庭へようこそー!

今回は週刊ヤングジャンプに発表された

『キングダム』の595話についてのネタバレ感想内容を

『キングダムネタバレ595話の感想「涙の決別」』としてわかりやすくまとめてみたいと思います!

さっそく前回のあらすじからおさらいしておきましょう!

 

~前回のあらすじ~

羌瘣の命懸けの立ち回りによって、前進する事ができた飛信隊。

弟を殺されて信が許せない徐肖は、まずは邪魔な羌瘣を殺そうと待ち構えます。

確実に趙峩龍の予想を超えて、強敵を倒していく信たち。

敵の包囲網から脱出する事ができるのでしょうか!?

 

\こちらもおすすめです/

キングダムネタバレ594話の感想

 

こうさつ君

と、ここまでが前回の内容でした。

という事で、さっそく本題である第595話のネタバレを紹介していきますよ~!

※ここからはネタバレ内容を含みますので、あらかじめ認識をお願いします!

 

スポンサーリンク

キングダム595話のネタバレ!

無双する羌瘣!

背後から、羌瘣を狙っている徐肖。

槍は、宙を舞う羌瘣を捕えていたはずでした。

ところが!

 

スヒン!!

 

一瞬で頭を切り取られてしまった徐肖。

本人も気付かない速さで、羌瘣に倒されてしまいました。

 

しかし、その勢いで地面に落ちてしまった羌瘣。

力を最大限に使って戦っているので、精神は極限状態です。

思わず口から血を吐いてしまいました。

 

それでも足を止めることなく、再び宙を舞って敵を倒していきます。

羌瘣の働きを無駄にしないためにも、必死に信たちは後を追っていました。

 

予想外の展開!?

土雀達が敗れていく姿に、思わず動揺する趙峩龍の部下達。

答えを求めるかのように趙峩龍に声を掛けますが、趙峩龍本人も予想外の展開に困惑していました。

 

さらに、ほかの部下からも、ここは危険なため離れておくべきだと提案されます。

趙峩龍さえ生き残れば、尭雲軍や馬南慈軍に合流して立て直す事も可能です。

ここは一度、退避すべきだと部下は考えていたのでした。

ただ、部下の言葉にも上の空で、趙峩龍は思わず本音を漏らしました。

 

「違ったのか・・・?」

 

予想外の返事に戸惑う部下。

趙峩龍は心の中で葛藤していました。

 

自分達は、秦の暴挙を止めるために放たれた矢だと思っていた趙峩龍。

ところが、自らの力不足で主の予言に応えられない状況となってしまいました。

 

それでも、主だった藺相如は、何か違う意図でここへ自分達を送ったのかもしれない・・・

 

尭雲の言葉を思い出しながら、趙峩龍は少数の部下と共に森へと逃げていったのです。

 

主力壊滅!

信は広がる屍を見て、息を切らしながら言いました。

 

「俺達の勝ちだ」

 

飛信隊は、信じられない事に敵の包囲を受けて、返り討ちにしていたのです。

お互いの安否を確認する飛信隊。

信は、羌瘣の居場所を周囲に尋ねました。

 

すると、田有に抱えられて現れた羌瘣。

どうやら力を使い切って、気を失っているようです。

 

田有もまた、羌瘣を守るため傷を負っていました。

しかし、田有からすれば、気を失うほどボロボロになるまで戦った羌瘣に比べれば、たいした事なかったのです。

 

羌瘣が生きている事にホッとしたのも束の間、我呂が趙峩龍の姿が見えない事に気付きました。周囲の敵を討つのに夢中で、趙峩龍が逃げていく姿を見ていなかったのです。

このまま逃げられては、今までの奮戦が無駄になってしまうと慌てる田永。

 

ところが、そこは「無駄にはならぬ」と、側にいた楚水が否定。

 

趙峩龍軍の主力を滅ぼす事に成功した飛信隊。

楚水は、飛信隊VS趙峩龍軍の勝敗を決める程の良い結果だと分析していました。

ただ、元三大天の片腕の趙峩龍が、このまま引き下がるとは思えません。

ここから立て直して、また狙ってくる事でしょう。

 

話を聞いていた那貴も納得。

おそらく、趙峩龍は森の奥へ逃げたと推測します。

ただ、趙峩龍を追うにも信は深手を負ってしまい、とても戦える状態ではありません。

さらに、逃げた森はとてつもなく広く、簡単に探せるような場所でもありません。

 

そこで、捜索するには少人数が良いと考えた那貴。

元々、逃げと隠れの専門家である那貴一家が、趙峩龍の居場所を見つけてくると提案してきました。

 

そうすれば、探している間に信の手当もできます。

那貴の提案に信も納得し、趙峩龍の捜索は那貴一家に任せる事にしました。

 

松左との別れ

信の手当をしようと集まる仲間達。

そこへ、崇原歩兵団の一人が息を切らしながら、お願いをしてきました。

 

隊長である信に、どうしても歩兵団のところへ来て欲しいと言うのです。

趙峩龍を討つために、それどころではない飛信隊。

しかし、必死のお願いに信は何かを察して尋ねました。

 

「誰だ?」

 

すると、涙を流し答えたのです。

 

「松左副歩兵長です!」

 

松左は、助けた新人達に囲まれ、崇原の腕の中で横たわっていました。

崇原の問いかけにも、やっと返事ができる程度です。

目もほとんど見えていない状態でした。

 

申し訳なさから、頭を地面にぶつけるほど謝る干斗。

しかし、松左はそれよりも「俺の槍をお前にやる」と言うのです。

 

最初は「俺なんかがもらえない」と拒否をしていましたが、崇原になだめられる干斗。

号泣しながら松左の槍を握りしめ、顔を地面にこすりつけるほど頭を下げてお礼を言いました。

 

そして、崇原の手をそっと握る松左。

「楽しかったな」と、つぶやくように崇原に話し掛けます。

 

色んな隊を渡り歩いてきた、飛信隊古参の松左と崇原。

だからこそ、よく分かっていました。

 

「飛信隊は本当に最高だ」

 

松左の言葉に、周囲は涙を流しました。

そして「隊を、信を頼んだぞ」と、崇原の手を握り返す松左。

崇原は「任せておけ」とは言ったものの、涙が止まりませんでした。

最後ぐらい信に会わせてあげたい崇原は、声を荒げました。

 

「信は来れないのか!?」

 

そこへ馬を走らせ、駆け付けた信。

馬から飛び降りて、急いで松左の元へ走り出します。

松左もまた、先程まで動けなかったのが嘘のように、スッと立ち上がり歩き出しました。

 

「信」

「松左っ」

 

信の腕の中へ、倒れ込む松左。

 

(ありがとな)

 

飛信隊副歩兵長、松左。

朱海平原にて、信に見守られながら戦死。

 

スポンサーリンク

キングダム595話を読んでみた感想!

こうさつ君

松左は、信が来てくれるのを信じて、最後の力を残しておいたのでしょうね。

 

かんそう君

見えてなくても、言葉を交わさなくても、お互いの信頼から最後に抱き合った2人。

もしかしたら松左は一命を取り留めて、再び元気になってくれるのではと思っていましたが、今回の展開には泣けました。

 

こうさつ君

干斗には、松左の意志を受け継いで、たくましく成長して欲しいものです。

 

かんそう君

それにしても、余裕そうだった趙峩龍があっさり逃亡。

確実に飛信隊を追い詰めていたはずが、逆に追い込まれる側となってしまいました。

飛信隊も大きな傷を負ったとはいえ、まだ追いかける余力は残っています。

次こそは、趙峩龍の居場所を見つけて決着をつけて欲しいです!

 

スポンサーリンク

キングダムネタバレ595話の感想「涙の決別」まとめ

かんそう君

今回の『キングダム』の第595話についてはいかがでしたでしょうか?

今回のネタバレ感想を以下にまとめてみるとこのようになりました!

 

こうさつ君
  1. キングダム595話のネタバレ!
    1. 無双する羌瘣
    2. 予想外の展開
    3. 主力壊滅
    4. 松左との別れ
  2. キングダム595話を読んでみた感想!

 

かんそう君

ついに、戦死してしまった副歩兵長の松左。

悲しみを胸に、今度こそ趙峩龍を倒す事ができるのか!?

 

それでは、最後までお読みくださり、ありがとうございました!

また次回のネタバレ感想もお楽しみに!

 

\こちらもおすすめです/

キングダムネタバレ596話の感想

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。