鬼滅の刃ネタバレ147話の感想『小さな歯車』

かんそう君
こんにちは!

ネタバレ感想・考察の庭へようこそー!

今回は2019年2月25日発売の少年ジャンプに連載中の人気漫画である『鬼滅の刃』の147話についてのネタバレ感想内容をわかりやすくまとめてみたいと思います!

さっそく前回のあらすじからおさらいしておきましょう!

 

~前回のあらすじ~

善逸に首を斬られた鬼は落下しながらも、最後まで善逸を否定しています。

善逸は走馬灯のような回想を見ますが、眼を開けると愈史郎が手当てをしてくれていました。

しかし重症のようで、未だに出血が止まりません。

 

場面は変わり、炭治郎が義勇と共に建物の中を走っているシーンになります。

そこへ目の前に、上から建物を突き破ってきた上弦の参の猗窩座が登場します。

猗窩座はいきなり攻撃をしてきますが、炭治郎も怒りながら迎え撃つ気満々です。

 

前回記事はこちら↓

鬼滅の刃146話のネタバレ感想

 

こうさつ君

と、ここまでが前回の内容でした。

という事で、さっそく本題である147話のネタバレを紹介していきますよ~!

 

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃147話のネタバレ!

命がけの守り!

産屋敷の残された兄弟が作業をしています。

作業をしながらも妹が父や母の面影を思い出して、涙を流しています。

「泣くな、手を止めるな、私たちは負けない」

当主を継いだ輝利哉が妹を叱咤すると、ハイと返事をして作業を再開します。

 

部屋の外では元柱の宇髓と煉獄家の長男が入り口を守るように正座しています。

「輝利哉様はご立派なことだ、命を賭してお守りする」

父を亡くしたばかりでも使命を果そうとする子供たちの姿を見て、二人とも覚悟を決めたように話しています。

場面は代わり、布団の上で禰豆子が苦しんでいます。

 

刀鍛冶の人が珠世から託された薬を使い、看病をしているようです。

「果たして禰豆子は人間に戻れるのだろうか」

刀鍛冶は苦しむ禰豆子を見ながら、ひとり考えています。

禰豆子が人間に戻れば無惨の目的は阻止できると話しながら冷や汗を掻いています。

 

最終局面!

刀鍛冶は深く深呼吸をしながら、最終局面になるかもしれない瞬間にまさか自分が生きて立ち会おうとはと感慨深げに話します。

千年以上も続いた無惨と鬼殺隊との終わるかもしれないと考えているようです。

 

そして炭治郎が来た時から歯車が嵌まり回り始めた気がすると話し、負けるな、絶対に負けるなと炭治郎と禰豆子を応援しています。

場面は炭治郎へと戻り、猗窩座の攻撃を避けようとしています。

「ヒノカミ神楽、火車!」

ヒノカミ神楽を使い、攻撃を躱しながら反撃します。

 

「いけ!いけ!いけ!腕くらい斬れ!」

炭治郎は自分を奮い立たせながら猗窩座の腕に斬りかかります。

義勇が走ってかけつける途中で、炭治郎は猗窩座の左腕を斬り落とします。

 

炭治郎は腕を斬れたことに興奮しながら、通用する、戦えると自信を持ちます。

頸は狙えなかったけど、次こそと振り向くとすでに猗窩座の2回目の攻撃が目の前まできていました。

「ヒノカミ神楽 幻日虹」

 

炭治郎はまたしてもヒノカミ神楽を使い、落ち着いて攻撃を躱します。

不意をついた攻撃を躱されたことに猗窩座は驚いているようです。

炭治郎が再び刀を構えると、躱しながら反撃していた攻撃で鬼の顔面から血が流れます。

 

猗窩座の本気!

義勇は技の精度の高さに驚いています。

「お前のその実力は柱に届くと言っても過言ではない」

息を切らしながらも、再び臨戦態勢に入っている炭治郎を見ながら話します。

 

上弦の参を相手に通用していると成長の速度に驚きながら、出会った時の雪の日に妹の命乞いをしていた頃を思い出しています。

義勇はお前は命を、尊厳を奪われないために強くなったと炭治郎を称えます。

猗窩座は一瞬で受けた傷を治して、この少年は弱くない、侮辱するなという杏寿郎の言葉を認めようと話し始めます。

 

確かに弱くなかった、敬意を表すると話しながら初めて構えをとります。

「術式展開」

ドン!という音と共に足元が光り、技を繰り出します。

「さあ始めようか、宴の時間だ」

猗窩座が少し嬉しそうな笑顔で拳法のような構えをとっています。

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃147話の感想!


こうさつ君

ついに炭治郎と猗窩座の対決が始まりました!

炭治郎の成長速度には驚きですね

戦闘の中で成長していく様子は見ていてワクワクしますね!

 

かんそう君

禰豆子の様子も心配ですね。

刀鍛冶の人がついてくれていますが、鬼が襲ってきたらとても太刀打ちできないでしょうね。

 

こうさつ君

産屋敷の子供たちも使命を全うする姿には胸にくるものがありました。

ただ宇髓たちが命を賭して守ると話していたので、鬼に襲われる前フリなのかもしれませんね。

 

かんそう君

そして本気を出してきた上弦の参に炭治郎は通用するのか!

義勇との師弟タッグにも注目して、次回も見逃せません!

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃ネタバレ147話の感想『小さな歯車』まとめ


かんそう君

今回の『鬼滅の刃』の147話についてはいかがでしたでしょうか?

今回のネタバレ感想を以下にまとめてみるとこのようになりました!

 

こうさつ君
  1. 鬼滅の刃147話ネタバレ!!
    1. 命がけの守り
    2. 最終局面
    3. 猗窩座の本気
  2. 鬼滅の刃147話の感想!

 

かんそう君

ついに炭治郎と猗窩座の対決が始まりました!

本気を出した上弦の参にどうやって対応するのか注目です!

 

それでは、最後までお読みくださり、ありがとうございました!

また次回のネタバレ感想もお楽しみに!

 

《こちらもおすすめです!》

鬼滅の刃148話のネタバレ感想

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。