鬼滅の刃ネタバレ151話の感想『鈴なりの雪月夜』

かんそう君
こんにちは!

ネタバレ感想・考察の庭へようこそー!

 

今回は2019年3月25日発売の少年ジャンプに連載中の人気漫画である

『鬼滅の刃』の151話についてのネタバレ感想内容を

『鬼滅の刃ネタバレ151話の感想『鈴なりの雪月夜』』としてわかりやすくまとめてみたいと思います!

さっそく前回のあらすじからおさらいしておきましょう!

 

~前回のあらすじ~

義勇は白い息を吐きながら考えています。

義勇の顔に痣が出現し、猗窩座にすごいスピードで斬りかかっていきます。

怒涛の連続攻撃に、ついに猗窩座もダメージを負っていきます。

しかし長引くほど体力に限りのある人間が不利のようです。

 

その頃、炭治郎は闘気について殺気と同じようなものなのかと考察しています。

鬼の攻撃で吹き飛ばされながらも、闘気、磁石、羅針盤、至高の領域と思考を巡らせています。

炭治郎が目を見開きながら、何かにきづいたところで終わります。

 

▼あわせて読んでみてください!▼

鬼滅の刃150話のネタバレ感想

 

こうさつ君

と、ここまでが前回の内容でした。

という事で、さっそく本題である151話のネタバレを紹介していきますよ~!

 

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃151話のネタバレ!

植物のような人

炭治郎が父は植物のような人だったと思い出しています。

常に優しく怒ったりもしなかったようです。

おでこには炭治郎と同じような痣がありました。

体が弱かったようで、ヒノカミ神楽を続けることを心配されています。

 

しかし父は心配する炭治郎に、ヒノカミ神楽はもう何年も辛くはなくなったと語りはじめます。

大切なのは正しい呼吸と正しい動きであり、それを続けると段々と頭の中が透明になってくると続けます。

炭治郎は透明の意味が分からず不思議そうにしていますが真剣に話を聞いています。

父が透明の先に透き通る世界が見えると話すと、炭治郎は俺もそこへ行けるかなと明るい表情で聞き入っています。

 

鈴の音

父が病死する10日前には村の周辺で熊が人を襲う事件が起きていました。

そのため家の周りに鈴のついた縄を張り巡らしていたようです。

竈門家のみんなが寝静まる中、父は炭治郎を起こして外へと連れ出します。

外には2mはある6人を食い殺した熊が鈴の向こう側へ立っていました。

 

父は鈴のなる前に気配で気づいていたようです。

斧一本だけ持った父は熊に警告しますが、熊はそのまま鈴を鳴らしながら襲ってきます。

鈴の縄へ触れた瞬間に、父は熊を斬り上げて、熊の頸が鈴の音と共に、コトンと雪の上へと落ちていきます。

陰からみていた炭治郎は、恐怖もなく殺気も出さずにいつも通りのままの父を見て大量の汗を掻きながら驚いています。

 

見取り稽古

「ちゃんと見たか」

父が話しかけると、炭治郎は見たよと恐怖で震えながら答えています。

炭治郎は父が見取り稽古をしてくれていたことに後になって気づいたと話しています。

父は透き通る世界が見えるように体捌きから学んでほしかったようです。

 

竈門家は代々同じように受け継いできたんだと炭次郎は気づきます。

炭治郎は父の言葉を思い出しながら現実のへと場面が戻ります。

そして、さっきの猗窩座の攻撃を避けた瞬間に透明の世界へと一瞬だけは入れていたことに気が付きます。

その時には猗窩座の体も透き通って見えていたようです。

 

回避することだけに集中して他の感覚は閉じていて、未だかつてない速さで動けたと思い出しています。

炭治郎は義勇が鬼の相手をしてくれている間に、これを使いこなせるようにすると気合を入れながら熱い息を吐いています。

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃151話の感想!


こうさつ君

久しぶりに竈門の父が登場しましたね!

痣は濃くなっていませんでしたが、相当なレベルの剣士だったようです。

 

かんそう君

ヒノカミ神楽はやはり日の呼吸なのでしょうか。

 

こうさつ君

炭治郎が父の見取り稽古を思い出せたのは大きいですね。

透き通る世界を使いこなせれば上弦にも勝つことができるのではないでしょうか。

戦いながら成長していく炭治郎は見ていてワクワクしますね!

 

かんそう君

猗窩座との因縁をここで断ち切ることはできるのでしょうか!

タイムリミットが近づく中、白熱する戦いに注目です!

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃ネタバレ151話の感想『鈴なりの雪月夜』まとめ


かんそう君

今回の『鬼滅の刃』の151話についてはいかがでしたでしょうか?

今回のネタバレ感想を以下にまとめてみるとこのようになりました!

 

こうさつ君
  1. 鬼滅の刃151話ネタバレ!!
    1. 植物のような人
    2. 鈴の音
    3. 見取り稽古
  2. 鬼滅の刃151話の感想!

 

かんそう君

炭治郎が父の見取り稽古を思い出します!

因縁の猗窩座との戦いに勝つことができるのでしょうか!

 

それでは、最後までお読みくださり、ありがとうございました!

また次回のネタバレ感想もお楽しみに!

 

《こちらもおすすめです!》

鬼滅の刃152話のネタバレ感想

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。