鬼滅の刃 ネタバレ第142話の感想『蟲柱・胡蝶しのぶ!』

かんそう君
こんにちは!

ネタバレ感想・考察の庭へようこそー!

今回は2019年1月21日発売の少年ジャンプに連載中の人気漫画である『鬼滅の刃』の142話についてのネタバレ感想と考察内容を

『鬼滅の刃 ネタバレ第142話の感想『蟲柱・胡蝶しのぶ!』』

わかりやすくまとめてみたいと思います!

さっそく前回のあらすじからおさらいしておきましょう!

 

~前回のあらすじ~

胡蝶しのぶと姉が会話をしている回想シーンから始まります。

しのぶは泣きながら姉さんの仇は必ずとると話します。

回想が終わり、童麿と名乗る鬼は姉が話した鬼の特徴と完全に同じでした。

 

万世極楽教の教祖 童麿

 

童麿は万世極楽教の教祖なんだと話しながら対の扇を振り回しています。

しのぶは鋭い表情のまま、こいつが姉さんを殺した鬼と確信します。

 

しのぶが鋭い突きで童麿の左目を突きますが、凄い突きだねと話しながら童麿は血鬼術を使い距離を取ります。

突き技じゃ鬼は殺せないと童麿が話すと、突きでは殺せませんが毒ならどうですとしのぶが返答します。

 

しかし童麿は血を吐くと、ごめんねえと言いながら毒の分解を完成させます。

そして刀を鞘にしまう時の特殊な音で調合を変えていることを見抜きます。

 

このあたりまでは想定内ですからとしのぶが刀を振りながら戦闘態勢になっています。

 

前回記事はこちら↓

鬼滅の刃141話のネタバレ感想

 

こうさつ君

と、ここまでが前回の内容でした。

という事で、さっそく本題である142話のネタバレを紹介していきますよ~!

 

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃142話のネタバレ!

万世極楽教!

「俺は子供の頃から優しかったし賢かった」

童麿の子供の頃のシーンから始まります。

 

この子の瞳の中には虹がある、きっと神の声が聞こえてるわと話し周りの大人たちは童麿を特別扱いしています。

「俺の親の頭の悪さは絶望的だった」

 

賢かったと語る童麿はいつも話を合わせていたそうです。

よってたかって崇められ祈られ、さすがに困ったらしく、子供相手に頭は大丈夫かと心配になったと話します。

また、どうか極楽に導いて欲しいという頼みには泣きながら同情していたようです。

 

神も仏も存在しない、死んだら無になるだけ、何も感じなくなるだけ、頭が悪いと辛いよねと続けます。

大人になった童麿は気の毒な人たちを幸せにしてあげたい、そのために俺は生まれてきたんだと納得して笑顔で骸骨を並べています。

 

脅威の耐性!

現実のシーンに戻ります。

「うーん、五回目、これも駄目だね」

毒がどんどん効かなくなってくるねと話し、童麿はしのぶを心配します。

 

「これが上弦の強さ、ことごとく毒が効かない」

しのぶは息を切らし、汗を掻きながら考えています。

 

さっきの血鬼術を吸っちゃったからかなと童麿はしのぶに余裕がないことを見抜きます。

凍てついた血を霧状にして扇で散布する技で呼吸すること自体が危険だと説明します。

 

「複眼六角!」

しのぶは諦めずに連撃で大量の毒を打ち込みます。

いやあ君本当に速いねと童麿も驚いています。

 

姉の言葉

「バン」

しのぶは攻撃した際に斬られていました。

 

そのまま大量の血を流しながら、その場へ跪いてしまいます。

童麿はそれだけ速かったなら頸を斬れたら勝てたかもと話し、でも君小さいからなあと続けます。

 

その言葉を聞いたしのぶは跪いたままなんで私はこんなに小さいのかなと考え込みます。

昔のことを思い出しながら姉さんは華奢だったけど私より上背あったからなあと話します。

 

心が折れて泣きながら跪いていると姉の幻想が現れます。

「しっかりしなさい、泣くことは許しません」

姉に立ちなさいと言われますが、立てない、肺を斬られてもう息もできないのとしのぶは話します。

 

「関係ありません、立ちなさい、蟲柱 胡蝶しのぶ」

叱咤激励で心を取り戻したしのぶに最後に頑張ってと姉が話して消えます。

 

しのぶの反撃!

「ごめんごめん、半端に斬ったから苦しいよね」

童麿が話しながらゆっくり歩いてくるとしのぶは立ち上がります。

 

君ホントに人間なの?と驚いて立ち止まります。

童麿がもう死んでてもおかしくないんだけどと話します。

 

その時しのぶが血の吐き出し、ほら~無理しないでと童麿は心配しています。

 

しかし力を振り絞り、最後に狙うなら急所の頸と心に決めます。

「百足 蛇腹!」

蟲の呼吸を使い童麿も読めないほどの速さで攻撃を仕掛けます。

 

童麿の攻撃をかわしながら、低く潜り、下から突き上げるような突技が童麿の頸に炸裂します。

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃142話の感想!

 

こうさつ君

ひと突きにすべてをのせて!

胡蝶しのぶと童麿の戦いが熱いです!

 

かんそう君

回想のシーンでの姉と会話は胸に来るものがありましたね。

心が折れても再び立ち上がるシーンも感動しました。

 

こうさつ君

満身創痍のしのぶは童麿に通用するのでしょうか!

いよいよクライマックスで次回も見逃せません!

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃ネタバレ142話の感想『蟲柱・胡蝶しのぶ!』

 

かんそう君

今回の『鬼滅の刃』の142話についてはいかがでしたでしょうか?

今回のネタバレ感想を以下にまとめてみるとこのようになりました!

こうさつ君
  1. 鬼滅の刃142話ネタバレ!!
    1. 万世極楽教
    2. 驚異の耐性
    3. 姉の言葉
    4. しのぶの反撃
  2. 鬼滅の刃142話の感想!
かんそう君

蝶柱と上弦の鬼との戦いがクライマックスです!

胡蝶しのぶの攻撃は通用するのか次回も見逃せません!

 

それでは、最後までお読みくださり、ありがとうございました!

また次回のネタバレ感想もお楽しみに!

 

《こちらもおすすめです》

鬼滅の刃143話のネタバレ感想

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。