鬼滅の刃ネタバレ143話の感想『怒り』

かんそう君
こんにちは!

ネタバレ感想・考察の庭へようこそー!

今回は2019年1月28日発売の少年ジャンプに連載中の人気漫画である『鬼滅の刃』の143話についてのネタバレ感想と考察内容をわかりやすくまとめてみたいと思います!

さっそく前回のあらすじからおさらいしておきましょう!

 

~前回のあらすじ~

万世極楽教についての回想から始まります。

大人になってからは気の毒な人たちを幸せにしてあげたい、そのために俺は生まれてきたんだと納得して笑顔で骸骨を並べているシーンで場面は戻ります。

 

毒がどんどん効かなくなってくる童麿にしのぶは防戦一方です。

しのぶは素早い連撃で大量の毒を打ち込みますが攻撃した際に致命傷を負います。

跪いたまま動けなくなりますが、姉の言葉を思い出し立ち上がります。

 

しのぶが血の吐き出しながらも覚悟を決め、「百足蛇腹」という童麿も読めないほどの速さの攻撃を仕掛けます。

低く潜り、下から突き上げるような突技が童麿の頸に炸裂します。

 

こうさつ君

と、ここまでが前回の内容でした。

という事で、さっそく本題である143話のネタバレを紹介していきますよ~!

 

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃143話のネタバレ!!

しのぶの生き様

胡蝶しのぶと家族が楽しそうに団らんしている回想が描かれています。

「幸せの道はずっとずっと遠くまで続いているって思い込んでいた」

しかしその直後に鬼に両親を殺され、しのぶと姉は駆け付けた悲鳴嶼に助けてもらうシーンが描かれています。

 

「自分たちが救われたように、まだ破壊されていない誰かの幸福を守りたい」

姉と二人で鬼を倒そうと約束を交わしたようです。

 

私たちと同じ思いを他の人にはさせないと涙を流しながら指切りをしています。

場面が戻り、しのぶが童麿の頸を貫いているシーンになります。

 

「力が弱くても頸が切れなくても、鬼を倒せば何十人、倒すのが上弦だったら何百人も助けられる」

しのぶは考えながらも、童麿が天井まで吹き飛ぶほどの突き技を炸裂させます。

 

ブチ切れ!

「怒っていますか?」

しのぶは炭治郎に言われたことを思い出していました。

天井から落ちながら、そうです、ずっとずーーっと怒っていますよと心の中で話します。

 

家族や他の鬼に殺された人を思い出し、ほんと頭にくると血管剥き出しで怒ります。

「ふざけるな馬鹿、なんで毒効かないのよコイツ馬鹿野郎」

笑顔で再生をしている童麿にブチ切れています。

 

童麿はしのぶが床に落ちる直前に扇で引き寄せて、天井に張り付いたまま抱きしめます。

「えらい、頑張ったね!」

童麿は涙を流しながら、感動したよと嫌味たっぷりにしのぶを称えます。

 

今まで死ななかったことが奇跡だと続けますが、しのぶは全く表情を変えずに聞いています。

「無駄をやり抜く愚かさ、これが人間の素晴らしさなんだよ!」

 

君は俺が喰うに相応しい人だと話し、言い残すことはあるかい?と問いかけます。

 

カナヲ登場!

「地獄に堕ちろ」

怒りの表情のまましのぶが話すと同時に部屋の扉が開き、カナヲが現れます。

 

鬼と一緒に天井に張り付いているしのぶを発見して状況を理解します。

師範!!とカナオが叫ぶと、しのぶは抱きつかれたまま左手で暗号を送ります。

 

その瞬間に童麿は強く抱きしめ、ゴキッという鈍い音と共にカナヲの目の前でしのぶが力尽きます。

 

青ざめるカナヲの前にしのぶが持っていた刀が天井から落ちてきます。

「うわああああ!」

 

カナヲは叫びながら花の呼吸で切りかかりますが、目で追えないほどの速さで躱されてしまいます。

 

「吸収している最中に斬りかからないでおくれよ」

童麿は危ない危ないと話しながらしのぶを抱きしめながら吸収していきます。

 

その光景を見たカナヲは目を血走らせて呼吸を荒くしています。

 

童麿は怒りに任せて斬りかかるのを耐えているカナヲを見て、挑発に乗らないのはさっきこの子の指文字かなと見抜きます。

一瞬だったのにすごいなぁと吸収して残ったしのぶの髪飾りを撫でています。

 

「次から次に上等なごちそうがやってくる」

髪飾りを舌で舐めながら、今日はいい夜だなぁと話します。

 

大切な人

カナヲは顔中に血管を浮かべながら、しのぶの言葉を思い出しています。

「好きな人や大切な人は漠然と明日も明後日も生きてる気がする」

しのぶとしのぶの姉が笑顔で背景に描かれています。

 

しかしそれは願望でしかなく、約束されたものではないと続きます。

しのぶの話が続いていますが、場面は善逸へと移ります。

 

「人はどうしてか、そう思い込んでしまうんだ」

しのぶの話が流れる中、善逸が部屋の扉に向かって立っています。

 

善逸が出てこいと話すと口の利き方がなってねえぞ、兄弟子に向かってと言いながら扉が開きます。

「相変わらず貧相な風袋をしてやがる、久しぶりだなァ善逸」

 

話しながら刀を持った上弦の鬼が出てきました。

善逸は真剣な表情で、鬼を獪岳と呼び、もう兄弟子とは思わないと話します。

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃143話の感想!


こうさつ君

ついにしのぶが力尽きてしまいましたね…。

回想シーンが長かったので、もしかしたらいけるかもと思いましたが残念です。

怒りのシーンでは口調も変わり、素の様子も見れましたね。

 

かんそう君

目の前で師範を殺されたカナヲは辛いでしょうね…。

カナヲも重要なキャラなのでぜひ仇を取ってほしいですね!

 

こうさつ君

やっと善逸の因縁の鬼も出てきましたが、まさかの上弦でした。

兄弟子らしいのでやはり雷の呼吸を使うのでしょうか。

次々と登場する上弦の鬼に次回も見逃せません!

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃ネタバレ143話の感想『怒り』


かんそう君

今回の『鬼滅の刃』の143話についてはいかがでしたでしょうか?

今回のネタバレ感想を以下にまとめてみるとこのようになりました!

 

こうさつ君
  1. 鬼滅の刃 最新143話ネタバレ!!が決着!
    1. しのぶの生き様
    2. ブチ切れ!
    3. カナヲ登場!
    4. 大切な人
  2. 鬼滅の刃143話の感想!

 

 

 

かんそう君

しかしカナヲや善逸の若い世代が登場!次回も見逃せません!

 

蝶柱と上弦の鬼との戦いのネタバレ感想もお楽しみに!

 

《こちらもおすすめです!》

鬼滅の刃144話のネタバレ感想

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。