呪術廻戦ネタバレ46話の感想『格上!!』

かんそう君
こんにちは!

ネタバレ感想・考察の庭へようこそー!

今回は少年ジャンプに連載中の人気漫画である

『呪術廻戦 じゅじゅつかいせん』の第46話についてのネタバレ感想内容

『呪術廻戦ネタバレ46話の感想『格上!!』』としてわかりやすくまとめてみたいと思います!

さっそく前回のあらすじからおさらいしておきましょう!

 

~前回のあらすじ~

京都校交流会の最中、とつじょ呪霊討伐を告げる札が全て炎上します。

 

外部の人間の仕業だと考えた五条達が動き出しますが…

呪側の呪詛師によって帳が降ろされてしまいます。

 

帳は五条悟の侵入を拒む代わりに、その他すべての者が出入り可能な結界になっており、五条は中へ入れません。

 

そして帳の中では伏黒、狗巻、加茂が花御と交戦していました。

伏黒が五条へ連絡しようとするも、即座に携帯を破壊されてしまいます。

 

狗巻が呪言で花御の動きを止め、加茂と伏黒が攻撃しますが対してダメージを与えられません。

(やめなさい愚かな児等らよ。私はただこの星を守りたいだけだ)

 

星が再生する時間をつくるために、死んで賢者となれ…。

花御はそんな恐ろしい考えの下、伏黒達に迫るのでした。

 

\こちらもおすすめです/

呪術廻戦45話のネタバレ感想

 

こうさつ君

と、ここまでが前回の内容でした。

という事で、さっそく本題である第46話のネタバレを紹介していきますよ~!

 

※ここからはネタバレ内容を含みますので、あらかじめ認識をお願いします!

 

スポンサーリンク

呪術廻戦46話のネタバレ!

 

歌姫と楽巖寺!帳へ侵入!!

楽巖寺と共に帳の内部へ侵入した歌姫は、即座に特級クラスの呪いの気配を感じ取ります。

 

「おいおいおい、五条悟いねえじゃん」

二人を待ち構えていたらしい呪側の呪詛師がさっそく姿をあらわします。

 

楽巖寺は呪詛師の実力を(気配の主ではないが、中々にできるの…)と実力者であることを感じ取ります。

しかし学生を保護することを優先した楽巖寺は、歌姫を先へ行せ、呪詛師の相手を自分一人で努めようとします。

 

「せめて女を殺らせろ!ジジイのスカスカのとシワッシワの皮じゃなんも作れねーよ!!」

 

苛立つ呪詛師を前に、楽巖寺はおもむろに上着をはだけてワイルドなTシャツ姿をさらけ出します。

そして持っていたケースからエレキギターを取り出して、ギャギュウウンと弦をかき鳴らします。

 

「スカスカかどうかは、儂を殺して確かめろ」

「牛乳飲んで出なおしてこい、おいぼれ」

 

実力を見せる加茂!!

一方、伏黒達は三人で固まって花御の攻撃から逃げまどっていました。

 

先ほど花御に呪語を使った狗巻は、すでにかなりの負担があるのか、伏黒に心配されながらノドナオールを飲んでいます。

 

「来るぞ!」

花御の攻撃を察知した加茂が叫ぶと、即座に狗巻が呪言を発動します。

 

「止まれ」

そして花御の動きが止まったところを狙い、加茂が反撃を試みます。

 

百歛・穿血びゃくれん・せんけつ!!」

眼前に放り投げた血液パックを両手で挟みつぶし、あふれ出た血液を弾丸のように高速で射出します。

 

加茂の攻撃は花御の頭部を直撃し、ボロッ…とわずかですか表面を削り取ります。

(アレに傷をつけた!俺と戦った時は全然本気じゃなかったのか)

 

驚く伏黒と並走しながら、「急げ、どうせすぐ直してくる」となんでもないかのように加茂が言います。

 

帳の外を目指す!狗巻に限界が!?

再びノドナオールを飲む狗巻ですが、顔には大量の汗を流し、ゴホッとせきも出ています。

 

狗巻の呪言で花御の動きを止めて、伏黒と加茂が攻撃し、距離を取る…

三人はこれを繰り返しながら帳の外へ出て学長たちと合流しようとします。

 

ただ、呪言の効き目が悪く、教員と連絡する隙もとれないため、花御が呪言の対処法に気付いたら終わりだ…と、加茂が内心焦りを見せます。

(早めに東堂…最低でも三輪と合流したいところだが…)

 

建物の屋根の上に出た三人に、再び花御が襲いかかってきます。

 

狗巻先輩が止めてくれる。ビビらずいけ」

伏黒が鵺を放つタイミングに合わせて、狗巻が呪言を使おうとしますが…鮮血がほとばしります。

 

鵺の胴体が花御の右手に貫かれ、狗巻は血を吐いて倒れ伏します。

(先に限界が来たのは狗巻か!!)

狗巻が倒れたことで、花御から一瞬目を離してしまった加茂は、即座に詰め寄ってきた花御に顔面を殴られ、あまりの衝撃に身体がバウンドして飛び上がります。

 

さらに花御が追撃しようとしますが、間一髪のところで伏黒が加茂の体を抱えて助け出します。

「生きてますか!!加茂さん!!」

 

意地を見せる狗巻!かけつける真希!!

(強い言葉を使ってないのに先輩の喉がつぶれた。それだけ格上!!

気絶してしまったらしい加茂の体を脇に置いて、伏黒は一対一で花御と対峙しようとしますが…

 

「高菜」

口から血を流しながらも、立ち上がった狗巻が伏黒の肩にポン、と手を置きます。

 

「狗巻先輩!!それ以上は…!!」

花御とにらみ合いながら、限界まで歩み寄った狗巻が、再び呪言を使います。

 

「ぶっ とべ」

 

花御の体が大きくぶっ飛び、狗巻は血を吹いてひざから崩れ落ちます。

 

花御の体は別の建物の屋根に激突し、そして起き上がると…

(そのナマクラでは私は切れませんよ)

と、背後に迫っていた真希に語り掛けます。

 

真希はかまわず刀を振り下ろしますが、花御の右手に弾かれ、切っ先が折れてしまいます。

「チッ」

 

真希が舌打ちした直後、はっと何かに気付いた花御は、目から生えている樹の部分を、距離を詰めていた伏黒の刀で切り落とされます。

(こちらの刀は悪くない)

どうやら目の樹は他より脆いようなのですが、あっという間に再生してしまいます。

 

「もっといいのがあるぜ」

そんな花御に対して、真希は伏黒の影から三節根を取り出して構えます。

 

「これを使うのは胸糞悪ィけどな」

 

スポンサーリンク

呪術廻戦46話を読んでみた感想!

 

こうさつ君

今回も見どころがたくさんでしたね!!

意外過ぎる楽巖寺のロック姿や、実力を隠していた加茂限界を越えて呪言を使って倒れる狗巻…そして最後に真希が取り出した三節根は、かつて夏油が使っていたものでしょうか!?

 

かんそう君

加茂と狗巻は限界でしょうし、伏黒と真希の二人だけで強敵・花御の相手をするのでしょうか?

前回、真希は野薔薇と一緒にいたところがチラっと描かれていたので、野薔薇も近くまで来ていて、隙をうかがっているのかもしれませんね!

仮に野薔薇が戦うとしたら、花御相手に術式が通じるのでしょうか…!?

 

こうさつ君

また、真希に奪われた挙句、花御にはナマクラ扱いされ、本当にあっさりへし折れてしまった三輪の刀はちょっと不憫でしたね…!

 

かんそう君

おじいちゃんのロック姿もそうですが、シリアスな展開の中でもクスっと笑える要素がちりばめられているのも呪術廻戦の面白いところですよね!

虎杖や東堂など、他のメンバーの動向も気になるところです!

 

スポンサーリンク

呪術廻戦ネタバレ46話の感想『格上!!』まとめ

 

かんそう君

今回の『呪術廻戦 じゅじゅつかいせん』の第46話についてはいかがでしたでしょうか?

今回のネタバレ感想を以下にまとめてみるとこのようになりました!

 

こうさつ君
  1. 呪術廻戦46話のネタバレ!
    1. 歌姫と楽巖寺!帳へ侵入!!
    2. 実力を見せる加茂!!
    3. 帳の外を目指す!狗巻に限界が!?
    4. 意地を見せる狗巻!かけつける真希!!
  2. 呪術廻戦46話を読んでみた感想!

 

かんそう君

次回は煽り文によれば、真希と花御の高速武装戦!?のようですね!

来週も期待が高まりますね!!

それでは、最後までお読みくださり、ありがとうございました!

また次回のネタバレ感想もお楽しみに!

 

\こちらもおすすめです/

呪術廻戦47話のネタバレ感想

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。