呪術廻戦ネタバレ44話の感想『故に戦う加茂!』

かんそう君
こんにちは!

ネタバレ感想・考察の庭へようこそー!

今回は少年ジャンプに連載中の人気漫画である

『呪術廻戦 じゅじゅつかいせん』の第44話についてのネタバレ感想内容を

『呪術廻戦ネタバレ44話の感想『故に戦う加茂!』』としてわかりやすくまとめてみたいと思います!

さっそく前回のあらすじからおさらいしておきましょう!

 

~前回のあらすじ~

前回は伏黒VS加茂の戦いが描かれました!

 

自分の血とそれが付着したものを操る『赤血操術(せっけつそうじゅつ)』

を使う加茂は、物理法則無視の軌道で矢を放ったり…

 

血液操作の応用で身体能力を爆発的に高める『赤鱗躍動(せきりんやくどう)』で伏黒に猛攻を仕掛けてきます。

 

その頃、真希に刀を奪われてヒマそうにしていた三輪は、メカ丸からの着信を受けた途端、意識を失ってしまいます。

電話の相手は狗巻であり、呪言で眠らされてしまったのでした。

 

モニターで見ていた歌姫は三輪の回収に向かいます。

 

また、京都校の学長が虎杖抹殺のために準一級呪霊を放っていたことが明かされますが…

 

その準一級呪霊が狗巻の前に現れたかと思うと…その首が転げ落ち、花御が姿を現します。

さらに真人も仲間を連れて現れ、仕事を開始するのでした。

 

\こちらもおすすめです/

呪術廻戦43話のネタバレ感想

 

こうさつ君

と、ここまでが前回の内容でした。

という事で、さっそく本題である第44話のネタバレを紹介していきますよ~!

 

※ここからはネタバレ内容を含みますので、あらかじめ認識をお願いします!

 

スポンサーリンク

呪術廻戦44話のネタバレ!!

秘めたる思いを胸に戦う加茂!

今回は加茂の過去が明かされるところから始まります。

 

「なんで皆、母様を虐めるのですか」

 

幼い加茂の問いかけに、母親はこう答えました。

 

「ただれた側妻だからよ」

 

側室の子供として生まれた加茂は、自分の母親が周りから迫害を受けるのを見て育ちました。

 

しかし、正室が産んだ男児が術式を継いでいなかったため、加茂自身は嫡男として迎えられ…迫害される母とは対照的に、加茂自身は周りから贔屓を受けるのでした…。

 

(ならば加茂家、次期当主として)

 

視点は再び現在――加茂と伏黒の戦いに戻ります。

 

一瞬の攻防の末、式神使いでありながら近接戦もできる伏黒のことを褒め、その成長を加茂が喜びます。

 

ちょいちょい出してくる仲間意識、なんなんですか?」

共感さ、君はゆくゆく御三家を支える人間になる」

 

加茂と伏黒は同類!?

加茂は戦闘を中断し、自分が虎杖を殺すつもりなのを明かします。

 

それも、京都校の学長に指示されたからではなく…自らそれが正しい判断だと思って、虎杖を殺すことを決めた、と。

 

(私は加茂家嫡男として振る舞わねばならない。母様のために

 

「君にも理解できるはずだ。君と私は同類だ

 

そんな加茂の発言に、伏黒は冷や汗を浮かべなら…「違います」と即答します。

(急に怖いこと言いだしたな…)

 

「…違くない」

「違います」

 

しつこく食い下がる加茂の言葉を否定しつつ、伏黒はすでに自分は禪院家とのつながりもなく、正しいとか間違ってるとかにも興味はない、と言います。

 

自分はもう禪院家とのつながりはなく、正しいとか間違ってるにも興味はない…ただ自分の良心に従って人助けをしているだけであり…。

 

「それを否定されたら後は、呪い合うしかないですよね」

 

呪い合う伏黒VS加茂…!!

背後に蝦蟇(がま)が現れたことを察知し、振り返って身構える加茂でしたが…蝦蟇はすぐに姿を消してしまいます。

 

(解除前の式神をおとりに使ったのか!!)

 

「これは呪力食うので、単体でしか使えないんです」

 

加茂が蝦蟇に気を取られた一瞬のスキに、伏黒が繰り出したのは『満象(ばんしょう)』でした。

 

先手を取ろうと再び身構える加茂でしたが、満象の鼻から繰り出された大量の水に押し流され、屋外に放り出されてしまいます。

 

「広い場所はマズイ!!アレが来る!!」

冷や汗を浮かべ、焦りを浮かべる加茂に対し…伏黒の『鵺(ぬえ)』が高速で迫ります。

 

(私がいると、憲紀の邪魔になるから)

母のことが脳裏によぎった加茂は、鬼気迫る表情に一変し、自分の血が入った血液パックを投げつけます。

 

「私は、負けるわけにはいかないのだ!!」

 

赤血操術で血液パックの中身を飛び散らせ、網目状にして鵺を覆うと…

 

「赤縛(せきばく)!」

 

自らの血を硬質化させて鵺を捕縛するのでした。

 

広範囲にわたる花御の攻撃!?

一進一退の攻防が続く伏黒と加茂の戦いでしたが…

 

二人の視界の端に、爆発的な勢いで巨大化した植物のようなものが飛び込んできます。

 

「なっ」

「なんだこれは!!」

 

「!!狗巻先輩!?」

 

伏黒が狗巻に気付くと…狗巻もまた伏黒と加茂の存在に気付き…

 

「逃 げ ろ」と呪言で叫びます。

 

伏黒と加茂は突き動かされるように動き、迫っていた攻撃を回避します。

 

ズズン…と響いた戦闘音はかなり遠くまで聞こえているようで、真人と一緒にいたスキンヘッドのエプロン男のところまで届いていました。

 

「派手にやってんなぁ」などとぼやきながら、男は地面に杭を打ち込み、作業を続けます。

 

「これでいいんだっけ…ああそうだ、アレだ」

「闇より出でて、闇より黒く、その穢れを禊ぎ祓え」

 

準備を進めつつ、男は邪悪な笑みを浮かべてつぶやきます。

「楽しみだなぁ、ハンガーラック」

 

スポンサーリンク

呪術廻戦44話を読んでみた感想!

 

こうさつ君

今回は加茂の内面の掘り下げが行われましたね!!

 

加茂が戦う理由、それは、御三家だから、加茂家だから…

そんな表面的なものではなく、内心にあるのは、愛する母親のため、なのでしょうね…!

 

かんそう君

冒頭の煽り文「加茂、故に戦う!!」も決まってましたが、今回は加茂というキャラクターの魅力が一気に増したように思いました!

ただ、そんな加茂が伏黒に「同類だ」と言って「違います」と即答されるシーンは思わず笑ってしまいました(笑)

 

こうさつ君
そのあとの、「…違くない」としつこく食い下がる加茂や、「違います」と再び否定する伏黒も良かったです(笑)

 

かんそう君

後半は前回に続いて花御が大暴れする展開になりましたね!

これだけ大規模で暴れていると、現場にいる狗巻・伏黒・加茂以外も異変に気付くかもしれませんね…!

 

スポンサーリンク

呪術廻戦ネタバレ44話の感想『故に戦う加茂!』まとめ

 

かんそう君

今回の『呪術廻戦 じゅじゅつかいせん』の第44話についてはいかがでしたでしょうか?

今回のネタバレ感想を以下にまとめてみるとこのようになりました!

こうさつ君
  1. 呪術廻戦44話のネタバレ!!
    1. 秘めたる思いを胸に戦う加茂…!
    2. 加茂と伏黒は同類!?
    3. 呪い合う伏黒VS加茂…!!
    4. 広範囲にわたる花御の攻撃!?
  2. 呪術廻戦44話を読んでみた感想!
かんそう君

おまけページではJFで行われた人気投票の正式な結果発表がありましたね!

一位五条、二位虎杖、三位は狗巻でした!

五条と虎杖の活躍もまた近々見れそうな展開になってきて、来週も楽しみですよね!!

 

それでは、最後までお読みくださり、ありがとうございました!

また次回のネタバレ感想もお楽しみに!

 

\こちらもおすすめです/

呪術廻戦45話のネタバレ感想

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。