呪術廻戦ネタバレ32話の感想『虎杖のサプライズ!!』

◆かんそう君◆
こんにちは!

ネタバレ感想・考察の庭へようこそー!

今回は『呪術廻戦 じゅじゅつかいせん』の第32話についてのネタバレ感想内容を

『呪術廻戦ネタバレ32話の感想『虎杖のサプライズ!!』』としてわかりやすくまとめてみたいと思うよ!

さっそく前回のあらすじからおさらいしておこう!

 

~前回のあらすじ~

真人の領域展開『自閉円頓裹(じへいえんどんか)』は、宿儺の気まぐれともいえる一撃で崩壊させられました。

それによって虎杖と七海は真人の領域展開から解放されます。

 

真人の消耗が激しいことに気づき、攻撃を仕掛けようとする虎杖でしたが、真人は残された呪力を使って身体を膨張させ、巨大化します。

 

虎杖は逕庭拳(けいていけん)を繰り出して真人を撃破したかに見えましたが、排水溝から逃げられてしまいます

真人を追いかけたい虎杖でしたが、戦いのダメージによって倒れてしまいます。

 

虎杖の内にある宿儺の強さを理解した真人は、自分たちが全滅しても宿儺を復活させられれば呪いの時代が来る、と確信します。

しかし同時に、虎杖を殺したいという衝動も芽生えてしまい、矛盾する思いに身もだえします。

 

戦いが終わり、虎杖は殺すこと、正しい死とは何か?と悩みますが、全てを正しく導こうとすることは苦しみを生む、それでもやろうとするだろうからせめて死なないでください、と七海から告げられます。

七海は今日、自分は虎杖に助けられた、そしてこれからも、虎杖を必要とする人たちがたくさんいると諭し、虎杖を呪術師として認める発言をします。

 

学校ではアンケートが行われ、伊藤が順平をいじめていたこと、順平が学校をやめて引っ越したことになっていることなどが判明していきます。

伊藤と教師はそれぞれに罰を背負い、俺もお前も吉野の心を殺した罪を一生背負って生きていくんだ、と語ります。

 

虎杖にはまだ正しい死に様は分かりませんでしたが、それが分かるようになるまで、そして真人を倒すまで、もう負けないことを自らの心に誓うのでした。

 

\こちらもおすすめです/

呪術廻戦33話のネタバレ感想

 

◆こうさつ君◆

と、ここまでが前回の内容でした!

という事で、さっそく本題である第32話のネタバレを紹介していくよ~!

 

注意

※ここからはネタバレ内容を含みますので、あらかじめ認識をお願いします。

お急ぎの方は目次を参考にしてみて下さいね!

 

スポンサーリンク

呪術廻戦32話のネタバレ!

引用:https://www.shonenjump.com/

山麓の3者会談!漏瑚と真人と夏油!

湯煙の立つ山麓で、手ごろな石に腰かけている漏瑚が「フーッ」と息を吐いて体を休めていました。

そこへ真人が「いたいた、漏瑚ー!」と笑顔で駆け寄りながら、衣服を脱ぎ棄てて全裸で温泉にダイブします。

夏油も一緒に来ていましたが、温泉には入らず、漏瑚の隣に腰掛け、3人で話し始めます。

 

漏瑚の呪力は大分戻っていましたが、真人はまだ消耗が激しいようです。

真人は宿儺と器(虎杖)との戦いを振り返り、アイツらは天敵だった、アレ(順平)の形を変えず普通に致命傷を与えれば良かったかな・・・などと反省し始めます。

そしてひとしきり反省が済んだかと思うと、「宿儺に触れて分かったけど、夏油のプランを軸に進めていいと思う」と漏瑚に提案します。

 

指を全て集め、宿儺に献上する・・・か。結果ワシらが全滅してもだな

漏瑚はニイと黒い歯を出して笑い、「いいだろう」と夏油のプランに賛同します。

100年後の荒野で笑うのは自分ではなくとも構わない、呪いが人として立っていればそれでいい、と。

 

プラン提唱者である夏油は、まず高専の持つ6本の指を回収する必要があると言います。

高専上層部は虎杖悠仁の器としての強度を測りかねており、全ての指をそろえるまで取り込ませるつもりはないだろうが、それまで待つことはできない。それに、最悪消されてしまう可能性もある、と。

 

「さてどうしたものか」と問う漏瑚に、「手は打ってある」と夏油はあやしくほほ笑むのでした。

 

今の虎杖に必要な馬鹿さ!五条のサプライズ提案!

一方、五条は七海に何か面白い話はないか、とねだっていました。

「廃棄のおにぎりでキャッチボールしながら政教分離について語ろうぜ」などとふざけていると、「その調子で頼みますよ」と真面目な顔で七海に言われます。

今の虎杖君にはそういう馬鹿さが必要ですから

 

(――重めの任務をいくつかこなしてもらう。)

五条は自分の言葉を思い出していました。

精神的に追い詰めてしまうような意味での重めではなかったのに、とどこかやるせなさそうにします。

 

七海は虎杖に不要な責任を感じさせないよう、吉野の家にあった指についてなど、語らなくていいことは本人に語っていないようでした。

そんな七海に五条も、オマエに任せて良かったよ、と安心します。

ちなみに指は提出したそうで、虎杖に食べさせたかった五条はチッとくやしがります。

 

そこへ「あっ先生ー!!」という声が響き、虎杖が登場します。

「はやく皆のとこ行こうぜ」とせかす虎杖でしたが、せっかくだからサプライズをしよう、と五条に提案されます。

 

死んでた仲間が2か月後、実は生きてましたなんて、術師をやっていてもそうないことであり、ならばサプライズ演出をするしかないだろうと言います。

そうすればみんな泣いて笑って喜んで、ゲロを吐く者まで現れ、最終的に地球温暖化も解決する、という謎の理論を展開します。

 

イイネ!COOL!とノリノリの虎杖は、「俺何したらいい!?」とやる気満々です。

「何もしなくていい!!僕の言うとおりにしろ!!と語る五条には、すでにサプライズの構想が頭に出来上がっているようでした。

そんな二人の様子を見ながら、(生きているだけでサプライズでしょうよ)と七海は内心であきれながらも、何も言わずに黙って見守るのでした。

 

京都の姉妹校と交流会!

京都の姉妹港と交流会、ということで、集合場所にあらわれた野薔薇は、旅行用のスーツケース持参、京都のガイドブックまで抱えていましたが、他のメンバーはなぜかみんな手ぶらです。

 

「京都『』姉妹校と交流会なんじゃ?」と聞くと、「京都『』姉妹校と(東京で)交流会だ」、とパンダに訂正されます。

 

交流会は昨年の勝利校でやるのが通例だそうです。

里香の解呪前だった去年は東京校の圧勝だったらしく、それで今年は東京開催になったようです。

去年は乙骨が大活躍したようで、「許さんぞ乙骨憂太ー!」と野薔薇がくやしがっているところへ、京都校の面々が到着します。

 

京都校はこれまでに登場した禪院真依、三輪霞、東堂薫の他に、三人のメンバーが登場しました。

ほうきを持った魔女っ娘のような見た目の3年生・西宮桃(にしみやもも)、メカのようなヘルメット?をかぶっている2年生・究極メカ丸(アルティメットめかまる)、伏し目がちで落ち着いた態度の3年生・加茂憲紀(かものりとし)です。

(究極メカ丸に関しては、野薔薇から「ロボだロボがいる!!」とつっこまれています)

 

少し遅れて引率としてやって来た準一級術師の庵歌姫(いおりうたひめ)も到着し、さらに全員揃うのを見計らっていたかのようなタイミングで、「おまたー!」と五条もサプライズ用の箱を持参して駆けつけます。

 

サプライズ大失敗!?野薔薇と虎杖の涙!

五条の登場に庵歌姫はチッと舌打ち、三輪霞はほほを緩めて嬉しそうな表情、と対極的な反応をします。

「私出張で海外にいましてね」と急に語り始めた五条は、お土産として京都校のメンバーに『とある部族のあやしいお守り』を渡し始めます。

「そして東京校の皆にはコチラ!!」と、あまりのハイテンションぶりを周りに不気味がられながらも、これ見よがしに持参してきた箱をバゴっといきおいよく開封します。

 

「故人の虎杖悠仁君でぇーっす!!」

「はい!!おっぱっぴー!!」

 

五条のハイテンションそのままに、箱の中からは虎杖が片足立ちで妙なポーズを決めて飛び出してきました

 

が、それを見せられた東京校の反応はというと、「は?」という、怒りにもあきれにも似た冷たい表情

 

えっ・・・え―――!?全っ然!!嬉しそうじゃない!!

 

予想外の反応に驚愕する虎杖は、京都の人らは・・・と反応をうかがってみますが、そちらも全くの無関心で、虎杖よりも五条から渡されたお土産に意識が向いているようでした。

 

遅れてあらわれた楽厳寺学長が虎杖の姿に気づき、「宿儺の器!?どういうことだ・・・」と驚きますが、五条がからかったことで「糞餓鬼が」と険悪な雰囲気になってしまいます。

 

虎杖は所在なさげに箱の中で立ち尽くしていましたが、「おい」と野薔薇が箱を足蹴にしてきます。

 

「何か言うことあんだろ」

虎杖をにらみつける野薔薇の両目には、涙が浮かんでいました

 

「黙っててすんませんでした・・・生きてること・・・」

涙ぐむ野薔薇を見て、虎杖の目にもじわりと涙が浮かぶのでした。

 

スポンサーリンク

呪術廻戦32話を読んでみた感想!

引用:https://haishin.ebookjapan.jp/contents/special/

◆こうさつ君◆

五条のサプライズは失敗したようにも見えますが、最後のシーンの野薔薇と虎次の涙を見ると、なんだか暖かい気持ちになれますね!

七海も「今の虎杖君にはそういう馬鹿さが必要」と言っていましたが、サプライズを計画してワクワクしたり、(スベっちゃったけど)みんなを驚かそうとはしゃいでみたり。

カラ元気も元気の内、と言いますが、こういうちょっとお馬鹿な時間ややり取りそのものが、きっと本当に今の虎杖の心に必要なものだったのだろうな、という気がします。

 

過酷な宿命を背負っている虎杖ですが、これからも元気を失わないで明るくいて欲しいですね。

 

◆かんそう君◆

そしていよいよ始まる東京校と京都校の交流会も楽しみですね!

新登場のメンバーの中では、究極メカ丸の存在感がやはりぶっ飛んでいるので、彼の動向には今後も注目したいですね。

 

そして夏油が何か企んでいて、すでに手を打っている、というのも気になりますよね!

とはいえ今は(特に真人が)呪力を消費していることもあって、表立って動くというよりは交流会とは別のところで策をめぐらせて暗躍しそうな気がします。

 

スポンサーリンク

呪術廻戦ネタバレ32話の感想『虎杖のサプライズ!!』まとめ

引用:https://www.shonenjump.com

◆かんそう君◆

今回の『呪術廻戦 じゅじゅつかいせん』の第32話についてはいかがでしたでしょうか?

今回のネタバレ感想を以下にまとめてみるとこのようになりました!

  1. 呪術廻戦32話のネタバレ!
  2. 山麓で行われる漏瑚と真人と夏油の三者会談
  3. 今の虎杖には馬鹿さが必要。五条がサプライズを提案
  4. 京都の姉妹校と交流会
  5. サプライズ大失敗も、野薔薇と虎杖は涙を浮かべる
  6. 呪術廻戦32話を読んでみた感想!

 

◆こうさつ君◆

次回の呪術廻戦は本格的に交流会が始まりそうですね!

夏油たちの企みも気になりますし、どんな内容になるのか今から楽しみですよね!

また次回のネタバレ記事もお楽しみに!

最後までお読みくださり、ありがとうございました!

 

\こちらもおすすめです/

呪術廻戦33話のネタバレ感想

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。