《地獄楽》ネタバレ第32話の感想まとめ『めいの素性が判明!』

◆かんそう君◆
こんにちは!

今回は地獄楽の第32話についてのネタバレ感想と考察内容をわかりやすくまとめてみたいと思います!

こうさつ君、前回のあらすじ内容の説明をよろしく!

◆こうさつ君◆

前回までのあらすじは、亜左弔兵衛と桐馬が、強敵のタコ道士と竈神達との死闘を繰り広げる回だったよね。

桐馬は竈神達、弔兵衛はタコ道士との対決になり、桐馬は弔兵衛が道士に決定的な致命傷を受けた瞬間を目の当たりにして動揺するんだけど、死んだと思われた弔兵衛は何と、わずかな時間で復活したんだ!

◆かんそう君◆

天仙に丹を生成する穴へ落とされた時に、弔兵衛は丹自体を体に取り入れた可能性があることを示唆した内容だった。

でなければ、あんな復活は絶対にしなかっただろうしね。普通死んでるから笑

本気を出したタコ道士に両腕も折られてしまった弔兵衛だったけど、またまた一瞬のうちに回復してしまった。

◆こうさつ君◆

もともと人間離れしていた弔兵衛だったけど、天仙達や道士達の弱点が臍部分と知り、更なる力を手に入れた今は、タコ道士がザコに見えるほどに強くなっていた!

しかも弔兵衛は”タオ”の実体や身に付け方さえもマスターしてしまう!

とんでもない吸収力だよね!

そんな弔兵衛はとうとうタコ道士を倒してしまうんだ。

◆かんそう君◆
ここまでが前回の内容でした!

という事で、さっそく32話目のネタバレを紹介していくよー!

注意

※ここからはネタバレ内容を含みますので、あらかじめ認識をお願いします。

お急ぎの方は目次を参考にしてみて下さいね!


スポンサーリンク


スポンサーリンク

地獄楽・第32話のネタバレ!

弔兵衛の『変化』を察した桐馬!?

タコ道士を倒した弔兵衛は天仙達の居所を聞こうと、瀕死状態のタコ道士を縛ろうと桐馬に促します。

その姿は以前の弔兵衛ではないように見えましたし、何か宿っているような、そんな一抹の不安が桐馬の頭の中にこびりつきます。

 

その時、桐馬は弔兵衛のくび部分の塞がった傷口がさっきよりも広がっていることに気付きます。

 

その塞がった傷口は、裂傷というよりも植物のつるが巻き付き、周辺に盛り上がるような形をしていましたので、ますます不安と疑問が交錯しているのでした。

◆かんそう君◆

タコ道士は弔兵衛を様子を目の当たりにした時、”混ざった”と表現していたね。

穴に落ちた時の時間が、天仙たちのエネルギーの源である”丹”が弔兵衛の体の中に入ったと見てもいいと思う。

このやり取りは完全に伏線を引いたね。弔兵衛は魅力的なキャラクターだから、今後どういう風に画眉丸たちに対して影響を及ぼしていくのか、気になるよ!

 

めいの無理問答!

そして、場面は画眉丸と厳鉄斎達に切り替わります。

厳鉄斎はめいを肩に乗せながら竈神たちを切り倒していきます。

 

『どーだお嬢! 俺の剣は凄ぇだろ これならタオってのを使いこなすのもすぐだな!』

そうし言った厳鉄斎に対してめいは首を大きく横に振り、片言の日本語を喋りました。

 

『タオ・・・ツヨイ ヨワイ ツヨイツヨイ ダメ』

頭が??でいっぱいの厳鉄斎。

 

『よくわからんな! こうか!』 そう言いながらと竈神を次々に切り伏せます。

 

『ツヨイツヨイ ダメ』

『これは?!』

『ツヨイツヨイ タオ・・・ツヨイヨワイ』

 

まさに無理問答状態。タオの体得には力づくではダメだという事に厳鉄斎は気づきます。

 

一方で画眉丸はというと、厳鉄斎の武器は刀に対し、忍である画眉丸は人間離れした体術を駆使して、竈神たちをバタバタと葬っていきます。

 

それを見た厳鉄斎は、画眉丸の強さに感心しながらも、めいにタオの状態の事を聞くと、めいは

『ツヨイツヨイツヨイ ダメダメ』

 

画眉丸もまだまだのようです。

 

その時、厳鉄斎の監視役である付知はというと、二人の活躍に頼もしいと言いつつ、倒された竈神たち体内の構造を調べていました。

 

調べてわかったのは竈神たちは体内構造が個体ごとに違い、魚や人間の構造など、さまざま。

つまり要点は一体一体の弱点が違うという事でした。

 

生物的に不可解という点では彼女も同じだと付知は厳鉄斎の肩に乗るめいを指して言います。

『そもそもあのは何者ですか?』

 

画眉丸はめいに助け出された時のことを思い出します。

 

瀕死の状態の時、めいが崖を削って斜面のようにして逃げた記憶が画眉丸にはあり、そんな芸当は生身の人間には到底真似できる事ではないのがわかっているので、素性が気になるめいを凝視しています。

 

それに気づいためいは、画眉丸をまだ怖いと思っているのか、ポロポロと涙をこぼして泣き始めました。

これで泣かせたのは4回目と画眉丸は分が悪そう。

 

『こら忍! お嬢を泣かすんじゃねーよっ んな目つき悪いとモテねぇぞ』

『モテなくて結構・・・ワシは妻帯者だ』

『そういう事じゃねぇっ オレの舎弟なら女を泣かすなと言っている!!』

『ワシは舎弟じゃない』

『ツヨイツヨイ ツヨイ ダメ』

 

◆こうさつ君◆

なんともテンポの良いコミカルな関係性だよね!

しかも、画眉丸は愛妻家、厳鉄斎は女に優しい、

この人間的な部分はお互いが『がらんの画眉丸』『剣龍・厳鉄斎』という通名に似合わない性格のギャップが良い!

 

フナ虫道士の出現!!

突然、厳鉄斎の後ろをとって不意打ちをかけた者がいました!

が、厳鉄斎はその気配に気づき、刀で攻撃を受け躱しましたが、すぐに二の手の攻撃に移り、体術を仕掛けてきます。

 

その攻撃も躱した厳鉄斎は、すぐさま失った左手首に付けたかぎ爪で反撃に出ましたが、躱されたと同時に方に乗っていためいを奪われてしまいました!

 

その正体は道士でしたが、弔兵衛と戦ったタコ道士とは違い、姿こそ道士のようでしたが、フナ虫のような顔をしていました。

◆こうさつ君◆
フナ虫て!

表現が微妙すぎたー!!

てか厳鉄斎そのかぎ爪、いつ付けたーーー

『密か二探してオリました メイ様』

 

道士が”めい様”と呼ぶことに対して、一同が驚きます。

フナ虫道士は話を続けます。

 

メイ様が場内より放逐されて数百年・・・

蓬莱からも姿を消し我々も途方に暮れていました

りえん様の言いつけもあり 探しにも行けず

こうして再開できた僥倖ぎょうこう・・・・感無量でございます

さあ ともに帰りましょう

我々にはあなたの助けが必要なのです メイ様

事情を知らない画眉丸たちはどういうことかと問いただします。

フナ虫道士もこっちのセリフだと言いながらこう話します。

どういう経緯か知らないが

このお方は本来お前たち人間と共にいて良い存在ではない

こちらの方は天仙様と同様

本来であればお前達人間を養分とする側だ

どうか蓬莱へ戻り、我々を導いて下さいっ

貴方様の助けがなければ我々は・・・っ

言葉に詰まらせる道士の様子に、またも驚く一同。

 

その中で画眉丸は考えを巡らします。

やはり人間ではなかった・・・

何か事情があるようだが・・・

これ以上厄介ごとに関わっては先を見失うかもしれん

本来の目的を・・・

ワシがお役目に参加した理由を

今は何をすべきか考えろ・・・

めいの目には涙が溢れていて画眉丸を見つめました。

 

そして次の瞬間には画眉丸は、フナ虫道士からめいを守る形で目の前に立ち塞がっていました。

◆かんそう君◆
めいはやっぱり天仙達の仲間だったんだ。

ただし、今のめいの様子を見るに、天仙達と何かしらの関係のねじれがあるね。

てか、画眉丸も無意識に助けに行くというところがカッコいいな!

毒蝶の親玉の出現に厳鉄斎がブチ切れる!?

どういうつもりかと問いただすフナ虫道士。

画眉丸はつい身体が動いてしまったことを自分でビックリしています。

 

フナ虫道士はこちらの事情だから助けに来るのは筋違いだと話し、画眉丸は一度はその考えに賛同します。

しかし、また泣かされてもかなわないから、それだけでも助ける理由があると言います。

 

飛んだ邪魔者が入ったと言いつつ、どうせお前たちを”丹”にするために我ら・・は来たのだ、と話した瞬間、フナ虫道士の背後から別な道士が出現しました。

 

顔は判別に困るような虫の顔ですが、その周囲には毒牙をもった蝶たちが無数に飛んでいます。

それに気づいた厳鉄斎。

戦闘準備をする画眉丸に加勢するように加わりますが、その顔は完全に怒りでキレていました。

 

『あいつ・・・あの蝶の親玉か? ブチ殺してやる』

◆かんそう君◆

左手を失った元凶元の蝶の親玉出現に厳鉄斎がキレたぁぁぁぁ!


スポンサーリンク


スポンサーリンク

地獄楽の32話の感想と考察まとめ!


◆かんそう君◆

ますます面白い展開になったね!

まずはフナ虫道士さんの出現だった。

前回にもちらっとで出ていたんだけど、今回初めてお目にかかりました。

うーん。

それにしてもグロいっ 近寄ってほしくない!

◆こうさつ君◆

そだねー。

臭いも多分臭いだろうねぇ。

でも道士という事はそれなりの強さがあるはずだから、気が抜けないな。

しかもフナ虫道士は言葉がドモッていないだけ、タコ道士よりも強そうな印象だったから尚更だね。

◆かんそう君◆

攻撃もカンフー的な?

格好もそうだしね。

中国武術を使うっぽいし、彼らのキャラ設定、名前つけるのもなんだか楽しいな!

また新しい道士も出てきたしね!

あれ、顔は何系だろうね?

まだ判断がつかないからネーミングは次回に持ち越しだっ笑

◆こうさつ君◆

あとは、今回でめいのポジションが判明したよね。

やはり天仙達の仲間であったことが解った。その伏線は前にあったし、ある程度予想はしていたけど。

何やら深い事情があるらしいもんね。なんでも住まいの蓬莱には何百年も帰ってないらしいじゃん。

フナ虫道士が何だかフルフルしてて、ちょっと可哀想だった感もある。。。

あとは、ある事情・・・・にもそれなりの伏線を引いたよね。

気にしながら今後も考察していこう。

◆かんそう君◆
もうひとつの伏線は、弔兵衛が”丹”を体に取り込んだことによる『変化』だったね。

これからも”タオ”を使うごとに変化の兆しが訪れるよ。

傷を負う度に傷口が蔓で覆われていく現象に、心配せずにはいられないよね。

とにかく魅力的過ぎるキャラだから、なんとしてでも弔兵衛は生き残ってもらいたい!

では、ハラハラ感が止まらない『地獄楽』のネタバレ感想まとめ、次回もお楽しみに!!

 

スポンサーリンク

《地獄楽》ネタバレ第32話の感想まとめ『めいの素性が判明!』まとめ


いかがでしたでしょうか?

今回のネタバレ感想を以下にまとめてみるとこのようになりました。

  1. 地獄楽・第32話のネタバレ!
  2. 弔兵衛の『変化』を察した桐馬!?
  3. めいの無理問答!
  4. フナ虫道士の出現!!
  5. 毒蝶の親玉の出現に厳鉄斎がブチ切れる!?
  6. 地獄楽の32話の感想と考察まとめ!

 

 

『地獄楽』をお得に読む方法をご紹介!

お目当ての本の立ち読みから購入まで、通常よりも断然オススメな方法があります。

それはイーブックジャパン(eBookJapan)で購入する方法です!

私が断然オススメする理由を8つ紹介すると・・!

 

  1. 約1分間で無料登録が完了するほか、初回だと最大5000ポイントが貰えるお得っぷり!
  2. 50万冊以上のラインナップで、見つけられない漫画が逆にない!
  3. 1000冊以上、無料で読めるというハンパないおトク加減!
  4. 支払いはカード、ネット決済、プリペイド、さらには毎月の携帯代と合算しての支払いもOK!
  5. アカウント管理だからスマホ、パソコン、タブレットのすべてで読めます!
  6. 1度買った本はずっと読める!
  7. ヤフーグループが運営しているので、電子書籍販売元としては老舗レベル!
  8. 本棚に見立てた【背表紙表示】で、購入した電子書籍を陳列できるという所有欲を満たしてくれる嬉しい機能付き!

引用先:http://www.ebookjapan.jp/ebj/guide/beginner2.asp

こんな感じで、ブラウザ上で自分だけの『本棚』を作れちゃうんですよ!

書籍を購入すると自動的に整理されるので非常に見やすく、本が整然と並ぶ感じ、キレイ好きな自分としてはとっても好みです(>_<)

このようになります!

このように特典が利用できることによってアナタのお財布事情に直接関わってきますから、この条件はかなりメリットがあります!

 

しかし、この特典もいつまで続くかわかりません。

もしかすると早期で終了してしまう可能性がありますから、今の好条件が揃っているうちに無料登録しておいた方がゼッタイにお得ですよ!

という事で、今回ご紹介した【地獄楽】は無料で立ち読み可能!

もちろん他の漫画も全巻取り扱っていますから、ぜひ一度チェックしてみてくださいね!

 

 

それでは、最後までお読みくださり、ありがとうございました!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。