地獄楽 ネタバレ『第30話』孤軍奮戦の末!!亜左弔兵衛が死ぬ!?

◆かんそう君◆
こんにちは!

今回は地獄楽の第30話についてのネタバレ感想と考察内容をわかりやすくまとめてみたいと思います!

こうさつ君、前回のあらすじ内容の説明をよろしく!

◆こうさつ君◆

前回は、天仙たちの持つ力『タオ』の秘密について触れた回だった。

木人ほうこ、めい、士遠しおんの3人が、それぞれの場面で説明をしてくれたね。

事実、それを体得しないと天仙達に打ち勝つことは厳しいという事もわかった。

◆かんそう君◆
その中で、ヌルガイは士遠の弟子入りを果たしたよね!

厳密には弟子にはなっていないけど、士遠センセイはまんざらでもない様子。

士遠は人情に篤い人だから、きっとヌルガイの涙ながらの嘆願たんがんほだされたんだと思うよ。

という事で、『タオ』以前にそもそもの刀の使い方、姿勢から学ぶように言われていたよね。

◆こうさつ君◆
士遠の実力も前回でわかったよね。

士遠はタオの存在を波として『知覚』していることが分かった。

だから目で見えないもの、気配に対してもあたかも見ているように行動できる能力が備わっていたんだね。

亡くなった典坐の敵討ちもあるから、士遠が今後どんな動きをするか、注目しているんだ。

◆かんそう君◆
そして、画眉丸の一行。

画眉丸は襲ってくる竈神たちの中に一人だけ異様な殺気をまとった強敵がいることに気づきます。

ここまでが前回内容。

という事で、さっそく30話目のネタバレを紹介していくよー!

注意

※ここからはネタバレ内容を含みますので、あらかじめ認識をお願いします。

お急ぎの方は目次を参考にしてみて下さいね!


スポンサーリンク


スポンサーリンク

地獄楽・30話のネタバレ!

”穴”から脱出した亜左弔兵衛あざちょうべい桐馬とうまの兄弟!

場面は2人の天仙が裸で戯れている様子。

 

男女の区別は付けられるものの、どの天仙かは不明です。

 

女の方は恐らくラトナ大聖と思われ、男の方はラトナ大聖から『ムーダン』と呼ばれていて、正体は謎です。

 

そのムーダンとラトナ大聖が”穴”について話していました。

 

穴に人間を放り込めばやがて花と同化するって仕組みさ 穴に入れる人間は殺さないようにね』

 

『凄いの作ったねムーダン これからは効率よく”丹”を収穫できるじゃん』

 

『自力で出ようとしたらどうなるの?』

 

『弱らせとけば人間の昇れる深さじゃないさ』

 

『それに内壁・・が邪魔をするよ かれらはみんな自分たちと同じ境遇に他人を招きたいから相手を捕らえて離さない』

 

そのまま場面は変わり、天仙達が言っていた”穴”に、戦いで落とされた亜左弔兵衛と桐馬の2人の様子が。

 

瀕死であったはずなのにも関わらず鬼の形相で両手、口に挟んだ刀を使って内壁を登る亜左弔兵衛。

 

内壁は人の体で作られた絶壁のような部分。

その体そのものに手足をかけ、破壊し、その繰り返しでなんと、亜左弔兵衛は弟の桐馬を背負いながら穴を抜け出すことに成功しました。

 

登り終えた時の亜左弔兵衛の第一声は

『あのクソ共殺すぞ桐馬』と。息を荒げながら言います。

桐馬は今すぐ傷の手当てをしに島を出ようと言いかけますが、二言目にはまた

『クソ共殺すぞ桐馬』と。

桐馬はそれでもなんとか説得しますが、三言目でも

『あのクソ共殺すぞ桐馬』と!

 

◆かんそう君◆
弔兵衛さん、耳を貸さないくらい相当頭に来ているね!

桐馬くんが何を言っても弔兵衛さんは天仙を殺す言葉だけという、プッツン評価・・・笑

自身、相当なダメージを負っているのに意に介さない様子は、まさに怪物ですね!

桐馬は同調こそしたものの、勢いでどうにかなる相手ではないという事がわかったので、状況整理が必要だと感じ、弔兵衛に小休止を取ろうとお願いしました。

 

必要ないとキッパリという弔兵衛、それに対し、対策を練ろうと桐馬。

ここで弔兵衛はこう話しました。

 

対策なんかいらねぇ

大方、化物あいつらの弱点は下半身だろ

奴の体をブッタ斬った時 あの化物は下半身から再生した

頭と心臓がある側じゃなく な

デカい肉塊ほうから再生するって線は薄い

そんな事する術も意味もねえからな

となると残る急所は股間か・・・へそだろ

それを確かめに行く

なんか植物っぽかったし うえより下が弱点でもおかしくねぇ

 

・・・『さすが兄さん それが状況整理と対策です』

 

桐馬は冷静さを失っているようでしっかりと状況把握が出来ていた弔兵衛に関心します。

 

桐馬はその考えを少し噛みしめようと言ったところ、弔兵衛は勘違いしてようやく桐馬も化物の肉を食う事にしたかと、”穴”の内壁に生えていた『手』を折って食べさせようとします。

 

改めて拒否する桐馬に対し、体力がつけないと持たないから、とその腕を喰おうとしました。

 

◆かんそう君◆
グロイ・・・!笑

『手』っていってもそれ、人間の者ですからね!

桐馬も食べようとする弔兵衛に絶叫しています。

弔兵衛、なんだか鬼のように見えてきました・・・。

 

強敵との対峙!

次の瞬間、横で声がしました。

『あああ・・・やっぱり生きてましたかか』

 

瞬時に二人はその場を飛び離れます。相手の気配に全く気付かなかった2人。

 

桐馬は抜刀の構えを崩さず、弔兵衛はいつでも動ける姿勢を取っています。

 

『ししし失礼 突然声をかかかけて 失礼 どどどうか警戒しないで頂きたい』

 

吃音きつおん(※ドモる事)が目立つ相手は、表面的な礼節れいせつを守りながらも、その姿は紛れもなく化物でした。

 

大陸側の着物を着た化物の顔は、木の根のような、またはタコの触手のような無数のモノに顔を広く覆われていて、目や口などを確認することが出来ません。

 

何者だオマエ、と桐馬が言いかけたところ、弔兵衛が関係ねぇよ、と言いました。

 

『化物だ 殺す』と一言。

◆こうさつ君◆
さすが弔兵衛さん。

一切の容赦もないよね・・・。

この言葉に対し、化物は諭すように吃音の混じった言葉でたどたどしく話し始めます。

 

自分には知性があるから話し合おう、今回はてんせん様の命で偵察に来ただけだと言います。

 

また、貴方達以外にも島に上陸した人間の元に我ら道士の仲間が偵察に行っている筈だと伝えます。

 

道士どうし? あの天仙ばけもの竈神そうしんとか言っていたが・・・』 と、弔兵衛が話した事に対して『道士』はこう答えました。

そそ竈神は知性もない出来損ない

愚かな農民はあがめていますが 蓬莱に入ることも許されないゴミ共です

門神という番犬もおりますが あああれも力が強いだけの下等種

わわ我々道士は天仙様直々の弟子・・・右腕

めめ明確な知性をもも持つ者

じょじょ場内で天仙様に学びながら お世話をし・・・面倒事を処理する それが道士われらの務めです

わわ私は命じられた・・・貴方達が”穴”の中でしっかたんになっているか かか確認を

ででですからお願いします

どうかああ”穴”の中に戻って温順おとなしく丹になって・・・

 

道士が話を言い切る前に、弔兵衛が道士に襲い掛かりました!

 

道士VS弔兵衛! 強敵を前に弔兵衛が死ぬ!?

弔兵衛は強烈な蹴りを放ちますが、あっさりと道士にかわされてしまいます!

 

それと同時に、道士からの強烈な右手での打撃を弔兵衛はモロに顔面に受けました。

 

崩れ落ちる瞬間、ピタリと制止し、鋭い眼光を浴びせながら道士の腕を掴みとると、もの凄い力でその腕を毟りむし折りました!

 

あまりの膂力りょりょくに、人間離れしている弔兵衛に対してタオ操れるのかと尋ねようとしましたが、弔兵衛に口を挟まれます。

うるせぇよ テメーがその天仙って奴の仲間なら・・・

知っているワケだ 居場所も・・・弱点も・・・

テメーをブチのめす事が天仙共やつらへの最短距離ってワケだ

鴨葱かもねぎってヤツだな

力ずくで聞き出してやる

◆かんそう君◆
鴨葱って笑

というかこのまま戦闘に突入しようとするんだから弔兵衛さん、相当な体力があるよね。

さっきまで瀕死の状態で天仙に”穴”へ落とされたあと、桐馬くん抱えて上がってきたばっかりなのにさ・・・

まさか不死身!?

タオも大きく関係している?

ここは考察ポイントでもあるよね。

平和的解決を望まないのならこちらもそれなりの対応がある、つくづく愚かな人間だと言い放ってきました。

◆こうさつ君◆
いよいよ本性を現してきたな タコ道士め・・・

言う通り”穴”に戻って、おとなしく丹になっていた方が幸せだったと思い知れと話し、周りの竈神たちを呼びよせました。

◆こうさつ君◆
だまれタコ入道 ”穴”に入るのは貴様の方だ!
◆かんそう君◆

こうさつ君、今日はなんだか暴力的!

てか、タコ入道じゃなくてタコ道士だったんじゃー・・・

ここで弔兵衛が一瞬で判断し、桐馬に向かって雑魚を全部斬れ 任せたぞ、と言うと、桐馬自身はスイッチが入ったかのようにすぐさま竈神たちの懐に瞬間的に飛び込み、頸だけを狙って刀で次々と斬首しながら竈神たちを葬っていきます。

兄さんはそいつに専念を、といって桐馬は刀に付いた血を払い落しました。

◆こうさつ君◆
見たか! このタコ坊主めっ!

◆かんそう君◆

いやいやこうさつ君。 まだ雑魚しか倒してないから

そしてタコ道士ね

ここでタコ入道・・・道士は弔兵衛について分析を始めました。

 

この男は強い

だが相当疲弊している 立つのもやっとだろう

強がっているだけ タオの流れを見れば一目瞭然だ

その分析をもってしても猛烈な攻撃を仕掛けてくる弔兵衛に対しては驚異的だとしか言えないと、道士。

 

しかし、素質はあるがその程度だといい、タオをうまく扱えない者の攻撃など些事さじだと話します。

 

道士の強烈な打撃を喰らってもすぐに反撃を仕掛けてくる弔兵衛に対し、驚異的と判断しつつ、だがタオの乱れは意識の死角であり、隙だと言います。

 

次の瞬間!

ドシュッ!!

 

弔兵衛は喉元のどもとえぐられ、その場に倒れ込みます。

 

兄さん!!

桐馬が大声で叫び、走り寄ってきます。

 

『そそ素質はあったが・・・所詮は人間 簡単に壊れる』

腕を組みなおし、余裕を見せる道士。

 

しかし、地面にうつ伏し、力なく討ち果てたはずの弔兵衛の眼光が鋭く光り、道士を睨み付けます・・・!!


スポンサーリンク


スポンサーリンク

地獄楽・30話の感想と考察まとめ!


◆かんそう君◆
最後はショッキングだったね!

無敵状態だった弔兵衛さんがあっけなく喉元を抉られて死んでしまうなんて、想像もできなかったよ。

まあ、でもすぐに死んではいないとわかったから良かったけどね!

◆こうさつ君◆
あのタコ道士は相当に強かったね。

話の中では、天仙達の弟子であり、竈神たちと違って、知性を身に付け、天仙様達の身の世話をしているらしいね。

しかも道士は複数人いるらしい。

そんな強敵がゴロゴロいたんじゃ、t天仙様たちの攻略も難しくなってしまうね。

◆かんそう君◆
ほんとソレなー。

あとは弔兵衛のタオについても少しずつ触れていったね。

まだハッキリとはわからないけれど、弔兵衛は自身のタオの存在に気付いているんだけど、扱い方がまだわからないんだと思うよ。

それでも素であれだけ強いんだから、身に付ければ相当強くなるね 弔兵衛は!

◆こうさつ君◆
こっちの道士はタコ男だったけど、画眉丸の方はどうだったかな?

道士曰く、画眉丸の方にも仲間の道士が向かっているとのこと。

弔兵衛さんでこの状態だったんだから、画眉丸も相当注意しないとヤバそうだね。

◆こうさつ君◆
弔兵衛さんは無事、立ち上がることができるかな。

最後のあの目つきや、自身の驚異的な回復力を見せているところから、個人的にさほど心配はしていないんだけどね。

そして冒頭に天仙達が出て来て、男の方を『ムーダン』と言っていたよね。

木人の話で天仙達の名前がわかったばかりだんだけど、

これって島民が呼ぶ名前は神格化された呼び名で、実際は違う名前があるのかもしれないね。

しかも天仙さま達って、男女切り替わるし、顔似ているし、現時点ではうまく判別できないんだよ笑

◆かんそう君◆
次回はどうなっていくのでしょうか?

弔兵衛さんのについては、当然、反撃に移るのでしょうね!

いろいろ複雑に絡み合ってきて、楽しみになってきました!

 

スポンサーリンク

『地獄楽』をお得に読む方法をご紹介!

お目当ての本の立ち読みから購入まで、通常よりも断然オススメな方法があります。

それはイーブックジャパン(eBookJapan)で購入する方法です!

私が断然オススメする理由を8つ紹介すると・・!

 

  1. 約1分間で無料登録が完了するほか、初回だと最大5000ポイントが貰えるお得っぷり!
  2. 50万冊以上のラインナップで、見つけられない漫画が逆にない!
  3. 1000冊以上、無料で読めるというハンパないおトク加減!
  4. 支払いはカード、ネット決済、プリペイド、さらには毎月の携帯代と合算しての支払いもOK!
  5. アカウント管理だからスマホ、パソコン、タブレットのすべてで読めます!
  6. 1度買った本はずっと読める!
  7. ヤフーグループが運営しているので、電子書籍販売元としては老舗レベル!
  8. 本棚に見立てた【背表紙表示】で、購入した電子書籍を陳列できるという所有欲を満たしてくれる嬉しい機能付き!

引用先:http://www.ebookjapan.jp/ebj/guide/beginner2.asp

こんな感じで、ブラウザ上で自分だけの『本棚』を作れちゃうんですよ!

書籍を購入すると自動的に整理されるので非常に見やすく、本が整然と並ぶ感じ、キレイ好きな自分としてはとっても好みです(>_<)

このようになります!

このように特典が利用できることによってアナタのお財布事情に直接関わってきますから、この条件はかなりメリットがあります!

 

しかし、この特典もいつまで続くかわかりません。

もしかすると早期で終了してしまう可能性がありますから、今の好条件が揃っているうちに無料登録しておいた方がゼッタイにお得ですよ!

という事で、今回ご紹介した【地獄楽】は無料で立ち読み可能!

もちろん他の漫画も全巻取り扱っていますから、ぜひ一度チェックしてみてくださいね!

 

 

 

地獄楽 ネタバレ『第30話』孤軍奮戦の末!!亜左弔兵衛が死ぬ!?まとめ


いかがでしたでしょうか?

今回のネタバレ感想を以下にまとめてみるとこのようになりました。

  1. 地獄楽・30話のネタバレ!
  2. ”穴”から脱出した亜左弔兵衛あざちょうべいと桐馬とうまの兄弟!
  3. 強敵との対峙!
  4. 道士VS弔兵衛! 強敵を前に弔兵衛が死ぬ!?
  5. 地獄楽・30話の感想と考察まとめ!

 

それでは、最後までお読みくださり、ありがとうございました!

 

《こちらも読まれています》

地獄楽 ネタバレ『第29話』タオの意味や士遠とヌルガイの関係が!?

2018年9月11日


スポンサーリンク


スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。