ゴールデンカムイ204話のネタバレ感想『シネマトグラフ』

かんそう君

こんにちは!

ネタバレ感想・考察の庭へようこそー!

 

今回は2019年7月4日発売のヤングジャンプに連載中の人気漫画である

『ゴールデンカムイ』の204話についてのネタバレ感想内容を

『ゴールデンカムイ204話のネタバレ感想『シネマトグラフ』』としてわかりやすくまとめてみたいと思います!

さっそく前回のあらすじからおさらいしておきましょう!

 

~前回のあらすじ~

ヴァシリとの戦いに決着をつけた杉本。

お互いに尾形を狙う者として和解します。

そしてヴァシリは尾形との再戦を望み、杉本達の後をついてくることに。

 

杉本達は灯台守の老夫婦にスヴェトラーナの写真を届けます。

一方ロシアでは、スヴェトラーナ&岩息のペアがソフィアと遭遇。

岩息はソフィアに気に入られ、仲間に勧誘されるのでした。

 

\こちらもおすすめです/

金カム203話のネタバレ感想

 

こうさつ君

と、ここまでが前回の内容でした。

という事で、さっそく本題である204話のネタバレを紹介していきますよ~!

※ここからはネタバレ内容を含みますので、あらかじめ認識をお願いします!

 

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ204話のネタバレ!

 

自由行動!谷垣とチカパシは樺太アイヌと交流!?

鶴見中尉から電報を受けた月島。

鶴見は登別温泉で用事を済ませてから樺太へ向かうようで、2週間後に大泊まで迎えに来てくれるようです。

 

ただ、大泊よりも現在地である豊原の方が大きな町でよい宿があるから…

という理由で、鯉登の判断により、しばらく豊原に滞在することになります。

鯉登が各自に自由時間を言い渡し、それぞれ好きに過ごすことになります。

 

谷垣、チカパシ、リュウは、近くのコタンから来た樺太アイヌと交流していました。

 

谷垣のことを気にしてくる樺太アイヌに、チカパシが「この人は俺のおじさん。金玉が大きい」と伝えると、ドッと笑いが起きます。

 

「チカパシを連れてきたおかげで俺たちは樺太で警戒されずに済んだ。毎回あのネタ使うから、樺太中のアイヌに俺の金玉がデカイと知れてしまったけどな」

 

お前たちを追い返さなくて本当に良かった…と、谷垣はチカパシ、そしてリュウにも言います。

 

「北海道でも家族のフリうまく言ったね。インカラマッ元気になったかな?」

「元気になってるさ…帰ったら会いに行こうな」

 

そこへ会話を聞いていたらしいエノノカが現れ、寂しそうに声をかけてきます。

「チカパシ…帰るの?」

 

二人で山へ入る杉本とアシリパ!

杉本はアシリパと二人で森の近くまで来ていました。

 

「おい杉本見ろこれ!」

「ウンコかい?」

 

アシリパが見つけたのはグズリの足跡。

 

「グズリを獲るぞ!せっかく樺太に来たんだから帰る前に杉本も脳みその味を知りたいよな?」

「脳みその味なんて全部一緒でしょうが!」

 

アシリパは山に入る前に、火を起こしてお祈りを始めます。

カロプ、カラパシシントコ、カラスマ、カラカニ、チキサニなどと呼ばれる、アイヌの火打ち用具を使って火種を起こし、シラカバの皮に移して小さな焚火のようなものを作ります。

 

「新しいアイヌの女なのにそういう儀式はいつも大切にするんだな」

杉本が微笑みながら声をかけます。

 

「山に入るといっぱい危険がある。こういったものは気を引き締める効果があるんだと思う」

しかしアシリパは、マッチがあるから猟に出るときくらいしかこの道具を使わなくなった…と、寂しそうな表情で言います。

 

「どうすれば残せるんだろう」

 

あらわれるグズリと活動写真!?

少し離れたところから、月島が双眼鏡で杉本とアシリパを監視しています。

そしてその横には、やはり双眼鏡で二人を見ているヴァシリ。

 

月島がヴァシリの方を向くと、なぜかヴァシリはキラッと目を輝かせます。

月島はそんなヴァシリに、「ロシアに帰れ」と端的に言うのでした。

 

一方、杉本とアシリパの元へ、活動写真を撮っていたという二人の男性が姿をあらわします。

 

「アイヌの子ども!今のは大変興味深かった。もう一回最初からやって見せてくれないか?」

 

と、そこへグズリがあらわれ、活動写真家の男の背中にドスッと飛び乗ってきます。

 

「「出たーッ!!」」

二人で叫ぶ杉本とアシリパ。

 

杉本がグズリを投げ、アシリパが毒矢を射ろうとしますが…

なんとアシリパの背後から、もう一匹のグズリが迫ってきます!

 

アシリパがまず、自分に向かってくるグズリに毒矢を放ち、もう一匹には杉本が銃で撃ちこみます。

 

「すばらしいっ!今の撮ったか?」

横たわるグズリに近づこうする活動写真家に、杉本が叫びます。

「近づくなッ!まだ毛が寝ていない!」

 

再び立ち上がってくるグズリでしたが、すかさずアシリパが毒矢を放ち、今度こそ仕留めるのでした。

 

アシリパと杉本は仕留めたグズリをその場で捌き、さっそく脳みそを食べます。

 

「ん~やっぱ一緒の味がする」

「グズリ食べられてよかったな?杉本。ヒンナヒンナだな?」

 

脳みそを食べ終えた杉本達は、ようやく活動写真家たちに素性を聞きます。

活動写真家たちはシネマトグラフという連続写真を撮れる機材を使って、樺太アイヌの狩りを撮影していたものの、自分たちだけはぐれてしまったようです。

 

「我々はシネマトグラフを使ってアイヌ文化をたくさん記録してきた」

 

説明を聞いていたアシリパは、自分の迷いにどこか光明が差したような、希望を感じさせる表情を浮かべるのでした。

 

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ204話を読んでみた感想!

 

こうさつ君

今回からしばらく自由時間、ということで、アシリパと杉本は久しぶりに二人だけで山へ入ろうとしていましたね。

ウンコかな?とアシリパに聞く杉本や、すぐ脳みそを食べたがる(そして食べさせたがる)アシリパなど、二人のこういうやり取りを見ていると、ほほえましい気持ちになれますね!

 

かんそう君

「どうすれば残せるんだろう」というアシリパの発言は、キロランケに樺太を連れ回されていた時の経験があったからこそ、出てきたものなのかな、と感じました。

キロランケは死んでしまいましたが…アシリパの中に確かな変化を起こすことには成功していた、という気がします。

 

こうさつ君

谷垣とチカパシはどんどん本当の家族のようになっている感じですね。

インカラマッのことにも久々に触れられましたが、元気になっているといいですね!

エノノカはチカパシが帰ってしまうことをとても残念がっている感じですが…

「帰るの?」とチカパシに声をかけるエノノカの表情は、恋する乙女のような切なさが宿っているように見えました!

 

かんそう君

後をつけてきた、というレベルではなく、普通に月島の隣にいて一緒に監視しているヴァシリでしたが、このままなんだかんだで仲間になっちゃいそうな気もします。

そして現れた活動写真家ですが、彼らとシネマトグラフの存在は、アシリパがキロランケ達とはまた別の道を見つけるヒント、というか、そのままズバリな解決策になりそうな気もします!

(アイヌの文化を)どうすれば残せるんだろう、というアシリパの願いに、シネマトグラフなら応えられるように思います!

 

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ204話のネタバレ感想『シネマトグラフ』まとめ

 

かんそう君

今回の『ゴールデンカムイ』の204話についてはいかがでしたでしょうか?

今回のネタバレ感想を以下にまとめてみるとこのようになりました!

 

こうさつ君
  1. ゴールデンカムイ204話のネタバレ!!
    1. 自由行動!谷垣とチカパシは樺太アイヌと交流!?
    2. 二人で山へ入る杉本とアシリパ!
    3. あらわれるグズリと活動写真!?
  2. ゴールデンカムイ204話を読んでみた感想!

 

かんそう君

シネマトグラフがアイヌ文化を残す解決策となるのでしょうか!?

次回を楽しみに待ちたいと思います!

 

それでは、最後までお読みくださり、ありがとうございました!

また次回のネタバレ感想もお楽しみに!

 

\こちらもおすすめです/

金カム205話のネタバレ感想

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。