ドクターストーンネタバレ103話の感想「絶望と希望の光」

かんそう君
こんにちは!

ネタバレ感想・考察の庭へようこそー!

今回は少年ジャンプに連載中の人気漫画である

『ドクターストーン』の第103話についてのネタバレ感想と考察内容を

『ドクターストーンネタバレ103話の感想「絶望と希望の光」』としてわかりやすくまとめてみたいと思います!

さっそく前回のあらすじからおさらいしておきましょう!

 

~前回のあらすじ~

ペルセウスで宝島を目指す千空たち。

ソユーズのおかげで、石神村以外にも生き残りの人類がいて、宝島に人間が住んでいることが確定しました。 

 

世界の全てを見たい!すべてを知りたい!その欲望に人類は決して逆らえない。

そのただ知りたいということが学全部の原動力だ千空は言いました。 

 

程なくして、天気は急変。稲妻とともに嵐がやってきましたが、千空これは「ピンチ」じゃない、「チャンスなんだ」と嵐の中うまくいけば気づかれず接近できる望遠鏡、レーダー、GPSこれらを駆使して宝島へ。 

そして、とうとう宝島にたどり着いたのでした。 

 

\こちらもおすすめです/

ドクターストーン102話のネタバレ感想

 

こうさつ君

と、ここまでが前回の内容でした。

という事で、さっそく本題である第103話のネタバレを紹介していきますよ~!

 

※ここからはネタバレ内容を含みますので、あらかじめ認識をお願いします!

 

スポンサーリンク

ドクターストーン103話のネタバレ!

いざ、宝島へ

嵐の中、宝島に到着した千空たち。 

全員総出で乗り込みたいところですが、島にいるのがどういった連中なのかが分からない中、それは危険です。 

 

しかし、科学ではこちら側がリードしていると確信します。

レーダーが島にあればこちらの船がとっくに見つかっているはずだからです。 

そのレーダーになにか反応があるのを羽京は気が付きました。 

 

して船が島までたどり着きました 

長居すると見つかるから急げ、ということで偵察隊を急いで作ります 

宝島に来た目的は、石化復活液無限生産マシンであるプラチナを宝箱からゲットすること 

 

ここで、「偵察隊」と聞いてヒョコっと現れたのはスイカ。 

誰にも分らないうちに、龍水が樽に隠しました。 

 

偵察隊は大人数で乗り込むと戦争に突入してしまうので、必要最小限4人と決めます。 

プラチナを見分ける千空、唯一の現地人ソユーズ、島民との交渉にゲン、護衛+視力でコハク。 

このメンバーが偵察隊となりました。 

羽京の聴力も欲しかったですが、海底が見たいと残りました。 

 

海の底と視線

龍水は、偵察隊が行ったのを確認し、先ほど樽に捕らえたスイカを外に出します。 

「お約に立ちたい、偵察なら得意技」と泣いて言いますが、「許可できん!」と厳しく言う龍水。 

 

船に置いて密航者は強制送還。日本に帰るまでおとなしくしているよう言います。 

しかしこれは、見知らぬ土地の偵察という危険は船長として子供の命を懸けるにはかないという龍水の配慮でした。 

だまりこむスイカですが、掃除などで約にたてると大樹が励まします。 

 

レーダーを見ている羽京は、やはり海底に何かがあると確信します。 

銀狼が海底を見に行くと、石像がそこらじゅうにあるのを発見しました。 

 

これに驚く羽京。 

石像は珍しくないのですが、ここにこの石像があることは時系列が合わないからです。 

石化光線が降り注いだ時、この島は無人島。人が増えたのはそれからずっとあとのことだからです。 

銀狼の見た石像はいつ石化したものなのか、謎でした。 

 

そんな中、龍水が島から視線を感じます。 

「誰だ 貴様は?」

 

石化

一方、上陸した偵察隊。琥珀が船のほうで何かが光ったような気がしましたが、勘違いだと思います。 

そしてゲンが電話をかけてみますが、誰も出ません。 

電波が悪いからかからないのかと、千空とコハクを先に行かせ、高いところに移動しかけようとします。 

 

船の様子を直接見ようとソユーズは望遠鏡を出し、覗きます。 

突然、叫び声をあげるソユーズ。ゲンも船を見ると、そこには――――― 

 

石化した銀狼。 

そして、船の甲板のみんな全員が石化している姿があったのです。 

泣き叫ぶゲン。 

 

――-―船では、スイカだけが助かっていました。 

龍水が遠くに蹴っ飛ばして助けたからです。 

そう、龍水も石化してしまいました。 

 

一方、先行した千空とコハク。コハクの脅威の視力で手がかりを見つけました。 

”捨てられた貝殻” 

 

これがあることで、石化復活のカギを握る宝島の住人たちが近くにいることが確定しました。 

貝殻を調べ、犯人をあぶりだす。科学捜査のスタートです! 

 

スポンサーリンク

ドクターストーン103話を読んでみた感想!

 

こうさつ君

衝撃の展開! 

偵察隊以外の、船に残ったメンバーが石化しちゃいました! 

せっかく石化がとかれたのに、またもや・・・。 

 

かんそう君

あの龍水までも石化しちゃいましたが、スイカを助けるために石化したことで、やはり普段の言動から勘違いされやすいけど根はやさしい、仲間思いなんだな!と思いました。

 

こうさつ君

スイカが船に乗ってたことも驚きですね。

 

かんそう君

みんなの役に立ちたいと隠れて乗ってきたスイカがとても健気です。

 

スポンサーリンク

ドクターストーンネタバレ103話の感想「絶望と希望の光」まとめ

 

かんそう君

今回の『ドクターストーン』の第103話についてはいかがでしたでしょうか?

今回のネタバレ感想を以下にまとめてみるとこのようになりました!

 

こうさつ君
  1. ドクターストーン103話のネタバレ!
    1. 偵察隊
    2. 視線
    3. 石化
  2. ドクターストーン103話を読んでみた感想!

 

かんそう君

羽京が宝島すぐ近くに来た時からソナーの異常に気付いていました。 

「やっぱり海底に何かがある!」と探したところに出てきた大量の石像たち。 

石化光線が降り注いだ時、無人島だったことから時系列が合わないことを疑問に持ちます。 

 

そして、龍水が感じた視線。 

「誰だ?」と何らかの人物を指していることが描かれています。 

 

こうなると、やはりこの”誰か”が石化光線を操っているということなのですかね・・・? 

石化の謎が徐々にわかってきそうな雰囲気になってきました。 

 

そして宝島の探索も始まりました! 

ますます目が離せませんね! 

 

それでは、最後までお読みくださり、ありがとうございました!

また次回のネタバレ感想もお楽しみに!

 

\こちらもおすすめです/

ドクターストーン104話のネタバレ感想

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。