約束のネバーランドネタバレ96話の感想『おかえり!』

かんそう君

今回は約束のネバーランド96話のネタバレに関する感想内容を

『約束のネバーランドネタバレ96話の感想『おかえり!』』としてわかりやすくまとめてみたいと思います。

 

こうさつ君

前回はゴールディ・ポンド密猟場を崩壊させたルーカス達でした。

オジサンは瀕死のエマを背負い、最短ルートでシェルターへと急ぎます。

 

かんそう君

レイはルーカス達とシェルターに向かいます。

重傷者がいるものの、全員、無事に狩場からの脱出に成功します。

 

※ここからはネタバレ内容を含みますので、あらかじめご注意をお願いします。

お急ぎの方は目次を参考にしてみて下さいね!

 

スポンサーリンク

約束のネバーランド96話ネタバレ!


あらすじ
ゴールディ・ポンド密猟場を崩壊させたルーカス達。

エマがシェルターを出発してから6日目がたち、ギルダたちはエマ達を心配しています。

 

そのころ、オジサンは瀕死のエマを背負い、最短ルートで急いでシェルターへと到着しました。

急いで輸血にかかりたいところですが、エマとオジサンの様子を見たギルダは、シェルター破壊装置を見せ、オジサンにエマとレイの安否を正します。

 

そんなギルダにオジサンはシェルターを出る前とGPに辿り着く前の己の行動を顧み、なんとか説得を図ろうとします。

何とか事態を読み、理解をしたみんなはエマを助けるため、輸血などの治療にかかります。

 

その後、狩場を脱出してから4週目でやっと目を覚ましたエマはシェルターでみんなと再会を果たします。

その間にレイたちは予定通り3週間で帰還し、サンディとポーラは大怪我を負い、動けないものの、他の重傷者はだいぶ回復してきました。

 

そしてエマは、ミネルヴァの情報をもとにフィル達を連れ戻る計画を立てていました。

こうして、フィル達の奪還計画が始動していきます!

 

1.シェルターにオジサンと瀕死のエマが到着!

 

野良鬼に追われながらも最短ルートでシェルターへと全力疾走で急ぐオジサン。

<strong>オジサン</strong>

頑張れ!頑張れよエマ!

家族のもとへ帰るんだろ!?

俺の名前も聞くんだろ!?絶対に死ぬなよ!

 

エマを励ますオジサンの姿がカッコいいですね!

そのころ、シェルターでは、出発してからの日数を数え、心配する弟妹達がいました。

 

ギルダも当然、心配している様子。そんな顔を見たドンは弟妹たちまで不安になると注意します。

その矢先、エマを背負ったオジサンがシェルターに到着します。

 

生死の境を全速力で駆け続けたオジサンの顔は、こわばって硬直していました。

それを見た弟妹達は驚いています。エマが背負われたエマが死んだのではないかと。

 

どけ! とオジサンは周りに言い、エマの蘇生治療を始めます。

すぐに弟妹達からレイの安否を聞かれたオジサンは今それどころではなく、後から来ると手短に伝え、急いでエマの治療を始めますが、その様子を不審に感じたギルダはシェルターの爆破スイッチを持ってオジサンの前に現れます!

 

シェルターを出るときに話した約束を思い出したオジサンは

あーーーーーーー!! 

と驚きますが、今そんなことにしている暇はなく、エマの容態を考えると一刻の猶予も輸されない状況。

同時にエマの生存を確認した弟妹達はやっと信用し、エマを救うべく、オジサンと協力して治療を開始しました。

 

2.シェルターで全員との再会

そのころ、ゴールディ・ポンド密猟場から脱出、エマたちとは別にシェルターへと向かっていたレイたち。

その晩、レイは歩哨にたっていて、周辺の監視のため、緊張の色を崩さない。

 

仲間の一人が交代を促します。

会話はエマの話になり

 

ゴールディ・ポンドの子供たち

みんな、あの子に助けてもらった。

あの子がいなかったら俺達皆、今頃生きていなかったかもしれない。

だから絶対に助かってほしい。お礼も言いたい。

あの子のためにも俺たちも全員必ず無事にたどり着いて元気な姿を見せたいよ

 

そういうとレイの顔にもようやく笑顔が見えた。

無事にみんなで再開することを信じ、シェルターを目指します。

 

フィルの救出計画

シェルターのベッドでエマは目を覚ますと、そこにはエマの顔を眺める全員がそこにいました。

本当にうれしい瞬間です!エマも含めレイ達もよく無事に帰ってきましたね!

 

弟妹達は目に涙をたくさんためて、エマの意識の回復を泣きながら喜びました。

エマはみんなの太陽ですからね。エマが笑うだけで周囲の温度が上がる様子が手に取るようにわかります。

 

『おかえり エマ』  『ただいま!』

ギルダのあたたかい言葉に、満面の笑顔でエマは答えます。

 

 

そこへオジサンが登場しますが、エマが起き上がったのに対し、『バカ!まだ寝てろ!』と気遣います。

 

エマ
助けてくれてありがとう 

改めまして 私はエマ オジサンは?

 

ここで始めてオジサンが本名を明かします。

オジサン
俺の名はユウゴ ユウゴだ

 

ユウゴですかーー!意外だったーー!

 

個人的にはもう少し英名っぽい名前で来るかなーって予想していたので、日本語に通じる名前だとは思わなかったです。

感動の再開後、エマが目を覚ましたのは、狩場を脱出してから実に4週間目のことがわかりました。

 

同時期にシェルターを目指していたレイたちは追っ手に追われることなく3週間で無事、到着しています。

 

長いこと眠っていたエマは、ミネルヴァさんの残してくれた情報を思い出し、フィルたちの救出作戦を計画します!

 

スポンサーリンク

約束のネバーランド96話を読んでみた感想!


かんそう君
シェルターに向かう時のオジサンのエマを励ましながら疾走する姿がとても感動しました

 

こうさつ君
ギルダが爆破しようとした経緯の回想シーンがナイスな伏線回収でした!その後のオジサンの反応もグッド!

 

かんそう君
エマがベッドで目覚めた時のみんなの表情がよかったですね!ページ見開きで、読んでいて、皆無事で本当に良かったです!

 

こうさつ君

しかしエマの4週間昏睡して目覚める、といった状況はどういう心境なのしょう?

経験したことがないのでわかりませんが、プチ浦島太郎状態ですね。もちろん経験したくありませんが。

 

スポンサーリンク

約束のネバーランドネタバレ96話の感想『おかえり!』まとめ


かんそう君

さて、次回への考察です。

ようやく回復をしてきたエマは今後、フィルの救出計画を練り、連れ戻るといいました。

そこで考えられるのはピーター・ラートリーの妨害でしょうね。

 

こうさつ君
バイヨン卿や他の貴族たちは農園の管理なども任されていたみたいですから『知性鬼』の連中に彼らの死が発覚していまうのは時間の問題だと思います。

 

かんそう君
狩場は秘密の場所。1000年前に約束を結んだ一族の末裔のピーターだけが唯一知っていますから、バイヨン卿達の死に対して真相調査を行い、エマたちの妨害を図るのではないかと考えます。

 

こうさつ君

そしてエマは、ユウゴという心強い大人を味方に迎えました。

今後、救出作戦においても大きく活躍してくれることでしょう。

しかしエマは一体、どんな計画を練ったんでしょうか。

 

かんそう君

これが仮に作戦として奪還に成功すると、シナリオ的に見て物語の最終段階という見方もできるので、どのような動きになるかによって予想するエンディングもが変わって来ると思います。

 

次回でそれを読み解く手がかりとなる会話が聞けるかもしれませんね。期待しましょう!!

 

それでは、最後までお読みくださり、ありがとうございました!

 

\こちらもおすすめです/

約ネバ98話のネタバレ感想

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。