鬼滅の刃ネタバレ121話の感想!

ネタバレ兄者

ネタバレ感想・考察の庭へようこそ!今回は鬼滅の刃121話ネタバレに関する内容を

『鬼滅の刃ネタバレ121話の感想!』と題してわかりやすくまとめてみたいと思います!

ネタバレ弟者
前回は玉壺ぎょっこの最終形態がお披露目され、無一郎との闘いも激しさを増してきました!

注意

※ここからはネタバレ内容を含みますので、あらかじめ認識をお願いします。

お急ぎの方は目次を参考にしてみて下さいね!

スポンサーリンク

鬼滅の刃121話のネタバレ!

無一郎の力の根源

無一郎は玉壺との戦いの最中、兄・有一郎が亡くなった日のことを思い出しました。

鬼に襲われた、あの日のことを。

何とか無一郎は兄を襲った鬼を倒しましたが、自身も瀕死の状態のままで亡くなった最愛の兄の前で気を失っていました。

気が付いても起き上がれない身体。自分もここで死ぬのだと思ったのでしょうか。

何日たったのか、兄には蛆がわき始め、腐っていくのを目の当たりにしました。

けがをした自身の体の部分にも蛆がわき始めており、無一郎は自分にも死が近づいていることを感じます。

文字通り、無一郎は『死の淵』をさまよいました。

しかしその時、運よく助けられ、なんとか一命を取りとめた無一郎。

あの時の絶望の記憶が無くなっていても、自身の体が覚えていました。

きっと、死ぬまで消える事のない怒り

その怒りを糧に無一郎は一心不乱に鍛えぬいてきました。

たとえ血反吐を吐いても、たたき上げました。

全ては鬼を滅ぼすために!

奴らを根絶やしにするために!!

霞の呼吸『朧』の発動!

無一郎に向け、本気の攻撃を仕掛けてきた玉壺は必殺技『血鬼術・陣殺魚鱗けっきじゅつ じんさつぎょりん』を繰り出しました。

自然の理を無視した驚異的なスピードで予測不能な動きを見せる玉壺。

玉壺
私は自然の理に反するのが好きなのだ!

あまりカッコいい言い方ではありませんよねw

さらに続けます。

玉壺
お前はどのように料理してやろうか 醜い頭を捥ぎ取り、美しい魚の頭をつけてやろう!

それは玉壺さんとの価値観が違うのでやめてもらってもいいですか?とツッコミを入れたくなるようなセリフww

そうして素早い動きの玉壺は無一郎の背後に一瞬で回り、瞬殺しゅんさつを図りますが、その動きを察知していた無一郎は『霞の呼吸 朧かすみのこきゅう おぼろを発動し、瞬時に攻撃をかわします。

『霞の呼吸 漆ノ型 朧』

動きに大幅な緩急をつけ敵を撹乱かくらんする技

姿を見せる際は亀のように遅く、姿を消す際は瞬き一つの間

あたりは霞に包まれ、一向に無一郎を捉えることができない。しかし何度攻撃を躱されてもなお、猛然と襲いかかる玉壺。

まったく諦めあきらめが悪い!w

そして無一郎が霞の中から姿を現し、攻撃に転じます。

無一郎
ねぇ君は 君はさ
無一郎
何で自分だけが本気じゃないと思ったの?

刹那の攻撃。

玉壺の胴体と頭は一瞬にして切り離されました。

玉壺は一瞬のことで何が起きたのか、理解できていません。

玉壺
何だ? 何だ? 天地が逆だ 何が起きている 感覚が消えた

視界に入った無一郎はこう話します。

無一郎
お終いだね さようなら お前はもう二度と生まれて来なくていいからね

玉壺が負ける異常事態

無一郎が繰り出す『朧』。

その最高速度は上弦の伍の玉壺をらくに超えました。

怪我をし、毒で全身が痺れているはずの無一郎が上弦の鬼を倒してしまうというまさに『異常事態』に玉壺は焦ります。

きっ?きっ・・・!斬らっ・斬っ・・・斬られた!?

斬られた斬られた斬られたアアアアァァァァ!!

玉壺
そんな馬鹿な!とんでもない異常事態だ・・・!私が負けたのか?子供に・・・!私が!この私が!!

タダでさえうるさい玉壺さんがオンオンと吠えまくります。

玉壺
クソォォォォ!

あってはならぬことだ!人間の分際で!この玉壺様の頸をよくもォ!!おぞましい下等生物がぁぁぁ!

頸一つになっていてもあまりに煩いうるさい玉壺さん。

罵声を全て言い切る前に無一郎が細切れにしてしまいました。

無一郎
もういいからさ 早く地獄に行ってくれないかな

無一郎さん 強すぎます!!

スポンサーリンク

鬼滅の刃121話の感想!


ネタバレ兄者
速さが特徴だった玉壺に対して速さで圧倒した無一郎でした!

ネタバレ弟者
頸を落とされた玉壺が自分が斬られた事に気付かない感じが面白かったですね!

ネタバレ兄者
いずれにしても、玉壺の攻撃に当たれば鮮魚になってしまうので、早く倒してくれてよかったですよ!

ネタバレ弟者
無一郎さん、手負いにも関わらず、本当に強すぎます!力の根源は兄を殺された憎しみと恨みにありました!

スポンサーリンク

次回への考察は?

さて、次回への考察です。

細切れにされ、死に果てたと感じた121話の最後でしたが、次回、玉壺さんは生き返ってくるのでしょうか?

あれほどのキモカワなキャラクターはまだ頑張ってもらいたいところ!

絶命したと見せかけて、復活してくるに違いありませんね!w

エピソードの長さとしては終盤に差し掛かっていると思うので、そろそろ決着をつけるタイミングなんだと思いますが、それでも玉壺は強敵である上弦の伍なので、そうやすやすと倒れてくれるはずはないと思うんですね。

なんせ魚介類なので!

まだまだヌルヌルとした戦い方を見せてくれるでしょう!w

しかし次回、最大の局面なのかな!?と個人的には読んでいます。

それでは、最後までお読みくださり、ありがとうございました!

スポンサーリンク

おすすめマンガのネタバレ記事

その他の作品記事を見てみる

日々マンガやアニメ記事を更新しています

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。