かぐや様は告らせたいネタバレ137話の感想『恋の病再び!』

かんそう君
こんにちは!

ネタバレ感想・考察の庭へようこそー!

 

今回は2019年5月9日発売、週刊ヤングジャンプに連載中の人気漫画

『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』の137話についてのネタバレ感想内容を

「かぐや様は告らせたいネタバレ137話の感想『恋の病再び!』」として、わかりやすくまとめてみたいと思います!

さっそく前回のあらすじからおさらいしておきましょう!

 

~前回のあらすじ~

倒れた白銀は病院へ。

氷かぐやはかぐや(アホ)を起こし、代わってと話しかけます。

かぐやは過去に人を傷つけ、優しくできないと話します。

 

かぐや(アホ)は氷かぐやとの交代を拒みました。

会長からのキッスという目標があるからです。

他のかぐや2人が氷かぐやを後押しします。

白銀も意識を取り戻しました。

 

そこに、以前かぐやを恋の病と診断した、田沼先生が現れます。

かぐやは驚愕しました。

 

\こちらもおすすめです/

かぐや様136話のネタバレ感想

 

こうさつ君

と、ここまでが前回の内容でした。

という事で、さっそく本題である第137話のネタバレを紹介していきますよ~!

※ここからはネタバレ内容を含みますので、あらかじめ認識をお願いします!

 

スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい137話のネタバレ!

田沼先生はヤブ医者か?!

かぐやは、白銀の病気がストレス性の重病でないか心配します。

そんなかぐやを早坂は「今は無事を祈るしかないですよ」と、抱き寄せました。

 

「恋の病だね」

 

田沼先生は白銀に病名を告げました。

睡眠不足の原因は恋煩い、キスを迫られて失神。

それらをまとめれば、恋の病だと先生は言いました。

「死にたい」と呟く白銀。

 

先生の話から白銀は、自分以外の人もいることに安心しました。

 

「うん。結構身近に」

と、先生は付け足します。

 

先生、倒れた白銀の心情を心配します。

先生は、白銀と同じ17歳の時を振り返り、女性と遊びまくったと話しました。

 

「それで17の時に子供出来たんですよね」

看護師はそう付け足します。

 

先生の息子も17歳で出来ちゃった婚をし、孫も今年で17歳で戦々恐々としていると話しました。

 

白銀の仮面

「君は気負いしすぎなんじゃないか?」

先生は、辛いことがあるなら話していいよと聞く耳を立てます。

 

「頑張らない俺に価値なんて無い。だから何時も必死に」

白銀は溜まっていた思いを爆発させました。

 

白銀は母親が希望した、幼稚園・小学校の入試に失敗。

それ以来、母親は自分に無関心。

母は家を出ていき、白銀は、いつか母が帰ってくると信じて勉学に打ち込みました。

 

素の自分を受け入れられない。

入学以来かぐやに話しかけても無視された白銀は、生徒会役員達に相談。

龍珠は、白銀の卑屈な態度を指摘し、「女に好かれて当然の男」の態度を取れば誰も侮らないと教えます。

 

そのアドバイスに従い、白銀はかぐやに、「次の試験で俺と勝負しろ」と声をかけました。

かぐやは白銀を不調法者だと思いましたが、白銀を認知させることに成功。

そして、次期生徒会長として周囲に認知されるまでになったのです。

 

ありのままを受け入れられたい!

先生は、これからもそんな大きな社会的仮面を被るのか尋ねました。

 

「四宮がキスをしたのは頑張る方の俺ですよ」

 

そして、ありのままの自分を好きになってくれる奇跡などないと。

 

かぐやの横に立つには倒れても虚勢を張り続けないといけない。

 

先生はその覚悟を貫くよう言いました。

 

しかし、看護師はかぐやが泣いていたと話しました。

白銀を察して責任を感じて泣いていたのではないかと。

先生は話し出そうとしますが、看護師は

 

「私は男子が弱さを晒け出す瞬間ってそそるわ」と白銀に迫ります。

 

しかし、白銀は自分を晒すのが怖いとうつむきます。

 

先生が部屋を出ると、かぐやと早坂が聴診器で病室の声を聴いていました。

 

「臆病なのはお互い様ですね」

と、早坂が言うと、かぐやは、

 

頑張っている姿だけが彼の全てではないと伝えないと、と思いました。

 

「普段頑張っている人がふと見せるか弱い面にグッとくる。それ位私にも分かるのよって」

 

スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい137話を読んでみた感想!

https://twitter.com/anime_kaguya/statuses/1126033997400879104?s=19

 

こうさつ君

2週間長かったですが、予想以上にギャグが入り楽しかったです。

田沼先生も息子も17歳でできちゃった婚とは軽過ぎます。

 

かんそう君

孫の話が出た後に、柏木さんと翼君が出たところから、翼君が先生の孫なのでしょう。

クリスマスに向けて2人で楽しそうに話していますし、柏木さんはかぐやから大人のキスを知ったので、田沼家の歴史は繰り返されるかもしれません。

 

こうさつ君

それと対比的に重すぎる白銀の過去。

それを聴いて先生が入る余地もなく、パワフルにアドバイスする看護師にクスッとさせられました。

 

かんそう君

社会的仮面をかぶったとはいえ、学業成績トップや生徒会長就任、かぐやの心を掴むなど、やってきたことに自信がつければ、白銀は元気になれそうな気もします。

 

スポンサーリンク

かぐや様は告らせたいネタバレ137話の感想『恋の病再び!』まとめ

 

かんそう君

今回の『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』の第137話についてはいかがでしたでしょうか?

今回のネタバレ感想を以下にまとめてみるとこのようになりました!

 

こうさつ君
  1. かぐや様は告らせたい137話のネタバレ!
    1. 田沼先生はヤブ医者!?
    2. 白銀の仮面!
    3. ありのままを受け入れられたい!
  2. かぐや様は告らせたい137話を読んでみた感想!

 

かんそう君

恋の病と診断され、辛い過去を思い出した白銀。

果たしてかぐやは、白銀を元気にできるのでしょうか?

 

それでは、最後までお読みくださり、ありがとうございました!

また次回のネタバレ感想もお楽しみに!

 

\こちらもおすすめです/

かぐや様138話のネタバレ感想

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。