【ワンピース】ドレークの正体は海軍のスパイ?理由や伏線を考察!

スポンサーリンク

週刊少年ジャンプに連載中の漫画『ワンピース』その中で人気な『最悪の世代』の1人、『X(ディエス)・ドレーク』。

元海軍本部少将という異色の経歴を持った海賊で、新世界編では四皇「カイドウ龍の能力」の百獣海賊団飛び六胞として登場しています。

そのドレークの正体が海軍のスパイではないか?と考えられています。

 

ドレークがワノ国では百獣海賊団の飛び六胞に属し、アロサウルスの能力を持っていることは判明しました。

ドレークの正体は海軍のスパイなのでしょうか?

今回は『【ワンピース】ドレークの正体は海軍のスパイ?理由や伏線』を考察!します。

 

スポンサーリンク

ドレークの正体は海軍のスパイ?

ドレークの正体がスパイと判明したのはいつ?

ワンピースの956話でドレークが海軍のスパイであったことが判明しました。

ドレークは海賊と海軍の二重スパイでカイドウの船に潜入しました。

そこで海軍のコビーにカイドウとビッグマムが手を組んだことを知らせました。

 

ドレークは今も海軍に所属していて、特殊部隊である「SWORD」という部隊の隊長だったことが判明しました。

 

ドレークはいつから特殊部隊「SWORD」として動いていた?

ドレークは2年前、シャボンディ諸島の頃に黄猿にボコボコにされたりもしてました。

このころから隠密に特殊部隊として動いていたのでしょうか?

隊長という責任のある立場の彼が単独でこんな危険地帯に長期に渡って潜入しているというのも気になる所ですし、そもそも潜入して何をしようとしていたのかも謎です。

 

そしてさらに判明したことが、ドレークの正体を知っていたコビーも「SWORD」の隊員だった事と、世界会議前はただの大佐だったはずのコビーが、この時点での肩書きが少将になっていた事。

少なくとも1年以上前からワノ国に潜入しているドレークの部下という事は、コビーもそれくらい前から「SWORD」の隊員だったと考えられます。

「SWORD」とはどうゆう部隊なのでしょうか?

 

大将黄猿でもこの存在を知らない感じでした。

 

ドレークがスパイとしてワノ国に入った理由は?

ドレークが海軍のスパイとしてワノ国、百獣海賊団に入った理由は、ワノ国の現地情報を多く集め、カイドウを倒す機会を伺っていたのではないでしょうか?

ドレークは四皇という巨大組織で幹部格まで昇格しているので、百獣海賊団やオロチに関する詳細な情報を集められるはずです。

ドレークはカイドウやオロチ政権によって支配されたワノ国の現状や動向を探っていたのではないでしょうか?

 

そして四皇カイドウを倒すのを狙っているのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

ドレークの正体がスパイの理由や伏線を考察!

引用:https://www.ikki-para.com

ドレークの過去がスパイと関係している?

ドレークの父は元海軍将校ディエス・バレルズ

バレルズは海賊になって息子を道具のようにこき使う非道な仕打ちを繰り返し続けました。

しかも、ローが食べるであろうオペオペの実を高値の取引で手に入れ、北の海の闇に密接に関わっていることが判明しました。

 

ドレークはそんな父を憤り、海軍に入隊し世界に潜むあらゆる闇を暴こうとしたのではないでしょうか?

そのために海軍における機密部隊を自ら組織したのかもしれません。

 

新世界でのカイドウの部下との戦い

ルフィ達が2年間の修行を終わらせ新世界に入っている時、ドレークも新世界に来ておりカイドウの手下らしき人物に遭遇しました。

そこでは、島の主にこの島はカイドウ様のお気に入りの島だと言われ圧力をかけられましたがドレークは「お前の首を取ればカイドウが黙ってないのか?」と言い、島の主「そういう事だ」と答えるとドレーク「だったら話が早い!」と言っていました。

 

セリフだけ見るとドレークは、もともとカイドウと会いたかったのか?と考えられます。

ドレークは幼少期にドフラミンゴ達によって親たちを殺され恨みがありました。

ドレークは、この時海軍として活動していてドフラミンゴとカイドウは、スマイルなどで繋がりがあったのを知っていたのではないでしょうか?

 

そのため四皇カイドウのお気に入りの島だと言われても関係なく戦闘を続けたのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ドレークの正体は海軍のスパイ?理由や伏線を考察!まとめ

引用:https://imaginary.red/

今回は『【ワンピース】ドレークの正体は海軍のスパイ?理由や伏線』を考察!しました。

今回ドレークはスパイとして百獣海賊団にいたことが判明しました。

ワノ国の潜伏しているドレークですが、今後ルフィの味方になる可能性はあるでしょうか?

 

私としては、カイドウを倒すために一時的に味方になることが考えられます。

海軍と海賊は立場故に基本的に敵対関係ですが、パンクハザードを例に時と場合によっては休戦し味方になる例もあります。

パンクハザードではスモーカーと一時的に味方になりましたね。

 

ドレークも同じくルフィとともに四皇カイドウやビックマムに挑むのではないでしょうか?

今後ドレークと同じ特殊部隊に所属するコビーも登場したりすると面白いですね。

今後のワノ国編でのドレークの活躍を楽しみにしましょう。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA