狂四郎【ワンピース】は味方に?今後仲間になる可能性は?伏線もちょうさしてみた!

スポンサーリンク

ワンピースに出てくる狂四郎は花の都を取り仕切るヤクザの大親分であり、両替屋や花魁を抱えてもいます。

いうなれば、花の都の裏の顔とも言うべき存在で、オロチの部下ともいえます。

しかし、オロチの大のお気に入りである小紫を武士の情けで斬ったりするなど、その行動に読めないところもあるのも事実です。

今回は狂四郎【ワンピース】は味方に?今後仲間になる可能性は?伏線もちょうさしてみた!』をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】狂四郎は味方になる?

ワンピース第973話光月の一族にて、狂死郎の正体が傳ジローだと分かりました。

どうやら、釜茹で処刑から逃れる際に、アシュラ童子と共に足止めを買って出たようです。

故に彼とアシュラ童子はトキトキの実で未来へ飛ぶことは無かったようですね。

そして、傳ジローは主君おでんを失った事で嗚咽する程に悔し涙を流していました。

 

オロチとカイドウへの恨みが彼の骨格を変えるほどに変えてしまったようです。

髪は青く染まり、目も血走った様になり最早別人にしか見えません。

顎もややとがっています。

兎も角、狂死郎こと傳ジローは味方として協力してくれそうです。

 

今後仲間になる可能性があるのか?

狂死郎が傳ジローと判明した以上は仲間になるということでしょう。

傳ジローは狂死郎親分と呼ばれる様になり、荒くれ者をまとめ上げます。

これが後にヒョウ五郎親分に代わる大剣客の登場です。

オロチに金、女、兵力に充分渡せる程に資金が潤沢にある狂死郎こと傳ジロー。

 

しかし、傳ジローはオロチに会う時はいつも怒りで震えていました。

当のオロチには全く気付かれません、それ程に骨格が変わっているのです。

 

それだけではありません。

居眠り狂死郎と呼ばれる所以は、日中急に寝たりすることから由来するようですが、その理由は毎日蔵に忍び込んで金をおこぼれ町にばら撒いているからです。

深夜まで起きているなら、昼に夜の疲れが出て寝てしまうという事なんです。

 

狂四郎が味方になる伏線を調査してみた!

既に狂死郎が傳ジローと分かっている以上、完全にこちら側光月家の味方です。

そもそも、狂死郎=傳ジローというのは彼の行動にありました。

その行動とは当然、日和こと小紫を斬ったことですね。

オロチは完全に小紫が死んだと思っていましたが、彼女は毎日血のりを仕込んでいて、それを傳ジローが斬っただけなので、完全なノーダメージです。

 

このこと自体は最近分かりましたが、小紫が死んだ後に日和というそっくりな女性が鎌ゾウから逃げていたので、ハッキリ言って狂死郎が逃がしたとしか思えませんでしたね。

兎も角一年以上、続いた狂死郎の正体が傳ジローと分かった以上は彼が傳ジローとしての活躍が期待されます。

スポンサーリンク

狂四郎【ワンピース】は味方に?今後仲間になる可能性は?伏線もちょうさしてみた!まとめ

狂死郎こと傳ジローは一年以上の期間、その正体が考察されていました。

そして、973話でその終止符が打たれました。

傳ジローは狂死郎でルフィ達光月家の味方という事です。

今後は傳ジローが活躍してくれると思われます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA