ルフィが海賊王になる理由、それまでにシャンクスが四皇から脱落してないといけない理由とは?

海賊の中でも特に強いとされるのが、世界の均衡を保つとされる三代勢力の一つ “四皇” 彼らの冒険にはさまざまなテーマがあります。

今回は新旧の四皇の「テーマ、強さ、特徴」を比較していくことで、導かれる法則より未来の四皇について考察していきます。

※今回は四皇の他にロジャー、ロックス、金獅子のシキ、ルフィを比較します。

四皇という情報は出ていませんが、四皇クラスと言っても過言ではないメンツ。(ルフィはすでに5番目の皇帝)今回は分かりやすいように四皇と仮定して考察していきます。

白ひげ(旧四皇)/ビッグマム(新四皇)

この二人に共通するテーマは「家族」です。

自身の仲間や傘下のことを白ひげは「息子」と呼びそして子分たちは「オヤジ」と返します。

「息子と呼んでくれるから」1番隊隊長マルコは、親父とよぶ理由をこのように説明しています。

一方ビッグマム海賊団は本物の家族を中心に構成されています。

ビッグマムは子供のことを名前で呼びますが、子供たちは「ママ」と呼びますね。

そのほかの共通点については

・魚人島をナワバリにしている

・元ロックス海賊団

などが挙げられます。

白ひげは自分を刺したスクアードを許し愛していますが、ビッグマムは嘘ついただけで

殺されてしまうので、同じ家族でも正反対のような関係ですよね。

ペロスペローも死ぬ気で嘘をついたのでマムはガチで容赦ないんでしょう・・・w

エースに関しては息子たちの中でも1番、白ひげを本当の父親のように慕っていましたね。

金獅子のシキ(旧四皇)/百獣のカイドウ(新四皇)

この二人に共通するテーマは「支配」です。

カイドウはワノ国を拠点に世界を、シキは手始めにイーストブルーを襲う予定でした。

シキはロジャーには世界の支配への同盟を断られていますね。

その他の共通点については

・ロックス海賊団

・敵を力で仲間にする(シキはナミ、カイドウはホーキンスなど)

・浮くことができる拠点(船、鬼ヶ島)

・獣で支配しようとする(猛獣、スマイル)

・失言、失敗した部下を殺すシーンがある

・同じ四皇に同盟を持ちかける(シキ→ロジャー/カイドウ→ビッグマム)

・海軍に捕まったことがある

などが挙げられます。

シキは二年前のルフィに倒されていますが、読者からは「出すのが早すぎた」という声が多いんですよね・・・私もその一人。

できればテゾーロあたりと入れ替えて欲しかった・・・w

シキに関しては原作にもちょいちょい出ていて、最近ではアニメの回想でも登場しました。

欲しいものは奪う!ってのがほんとにかっこいいですよね。

ロックス(旧四皇)/黒ひげ(新四皇)

こちらはロックスの情報がないため共通するテーマは不明です。

ただ、他の海賊に比べて凶暴性があり危険な海賊です。「恐怖」と仮定しておきましょう。

共通点は

・船員が最強の寄せ集めである(黒ひげ海賊団はインペルダウン出身が多い)

・ハチノス

・船の名前がジーベック

・Dの一族

が見つかりました。ここの二人の共通点については露骨で気になりますね。

船にジーベックと名付けたり、最強のメンバーを計画的に集めたり、もしかしたら

黒ひげはロックスのやり方を参考にしていたり憧れているのかもしれません。

ここからよく言われるのは、ロックスがヤミヤミの能力者だった説ですがどうでしょうね。

そんなやばい実なら元ロックス海賊団の白ひげも気づくと思うけど・・・

ロジャー(旧四皇)/ルフィ(新四皇)

今回の考察で最も重要なのがこのグループ、共通するテーマは「自由」です。

「支配」に興味がなく、自由な航海。それがテーマです。

この二人に関しては序盤から比較される場面も多いので納得の組み合わせですね。

共通点も多く以下の通り

・処刑の前に笑う

・二人とも共通のあるセリフを言ったことでシャンクスを驚かせている

・Dの一族

・麦わら帽子

・海王類の声

・象の声

・宴が好き

などが挙げられます。

ルフィはとても楽しそうに宴をしますよね。個人的にはロビン奪還後の宴が好きです!

ワノ国が完結するときには今までで一番大きい宴になるようなので楽しみですね。

このように旧四皇と新四皇にはテーマがあり、それぞれ受け継がれていくものだと思われます。

シャンクスのテーマは?シャンクスは誰に倒されるのか

ではまだ紹介していないシャンクスはどこに入るのか。

「家族」「支配」「恐怖」「自由」

この中でいくとおそらく自由に分類されるでしょう。

共通点としては

・宴が好き

・麦わら帽子

・ドラゴンに関係してそうな船、船尾には似た装飾

などが挙げられます。

全四皇をまとめましたがこのことから何がわかるのか。そう、シャンクスの脱落です。

旧四皇   新四皇

白ひげ  → ビッグマム

シキ   → カイドウ

ロックス → 黒ひげ

ロジャー → シャンクス

ルフィが四皇の枠に入るには、シャンクスの脱落は必要不可欠です。

もちろん、白ひげとビッグマムは同じ時期に四皇であったり、ルフィがすでに五皇とされているなど、無理にこの法則に合わせる必要はないのですが、物語的にも脱落してくれた方が自然に進みやすいです。

とはいえ、ルフィが倒す可能性は低いと思います。

まず、シャンクスと戦いづらい問題。(ルフィは倒す気満々ですが・・・w)

読者としても、二人が殺し合う展開というのは熱いという人もいれば、悲しいと見る人もいるでしょう。

次に麦わら帽子を返さないといけなくなる問題

ルフィは立派な海賊になったら麦わら帽子を返しにいく約束をしていて、

冒険の一つのテーマでもあります。

しかし、もしルフィがシャンクスに勝った場合、殺すまではしないと思うのでその時点で

麦わら帽子は返さないといけません。

「海賊王になったら返しに来い」といった展開もあるかもしれませんが、少し可能性は低そう。

簡潔にいうと、黒ひげあたりにシャンクスが潰されたほう物語としてはベターでやりやすいんです。

「おめぇらとやるにはまだ時期が早い」黒ひげのセリフからしてもこの展開は十分あり得ます。

シャンクスは謎の多いキャラですので、政府側に立つ等の行動もありえますが、どちらにせよ四皇からの脱落は十分可能性があると言えるでしょう。

“シャンクスの仇を打つために黒ひげに挑む”

やはりこの展開が少年漫画では王道ですが濃厚なのかなと思います。

でもウソップの父との再会などもあるし、何かしら全滅前に絡んでおきたいですよね。

黒ひげ戦でシャンクスとルフィが同盟ってのもすんなり入ってきそうだけど、この二人の同盟は流石に強すぎるかな・・・

いかがだったでしょうか?

今回はシャンクスの脱落について四皇の「テーマ」をもとに考察してみました。

まとめ

・四皇にはそれぞれ冒険のテーマがある

・テーマが同じキャラはそのほかの共通点も多い

・テーマ「自由」はシャンクスとルフィが被るのでルフィが主人公である以上シャンクスは譲らなくてはいけない

・シャンクスは黒ひげに潰されるのが展開としてはやりやすい

こういう細かい設定から展開を予想して楽しみにできるのがワンピースの魅力ですよね!

ちなみに、この法則に関しては黒ひげ戦では海軍と共闘するかも?という考察も考えています。

ロックス戦ではガープとロジャーが手を組んだので、この法則に合わせてルフィが(コビー、スモーカー、ガープ、青雉、藤虎)と一緒に黒ひげを倒す可能性を考えました。

そちらの考察もぜひお楽しみに。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA