漫画ワンピースに隠された秘密~完結までにどれだけ回収される?~

漫画ワンピースでは、主人公ルフィやさまざまな海賊達が、海賊王”ゴール・D・ロジャー”の残した「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を探し求めて大冒険を繰り広げています。

しかし海賊達だけでなく、我々読者もまた、作者尾田栄一郎からたくさんの秘密を提示され続けています。
完結までにどれだけ回収されるのか?

尾田栄一郎からの秘密は、つまり「伏線」のことです。さまざまな読者が感じている「謎」はどれだけ完結までに回収されるのでしょうか?
今や101巻(2021年12月現在)まで刊行されていますが謎は謎のまま。

現在は誰も読んだことのないような大興奮の物語、ワンピース史上”最も巨大な戦い”と作者がコメントした「ワノ国編」が連載されています。

「あと5年で終わる」

2019年頃、尾田栄一郎はメディア出演やYouTubeにて、ことあるごとにそう発言してきました。
また、ワンピース単行本に掲載されている読者の質問コーナー、通称「SBS」。97巻掲載のSBSにて物語が完結するから終わる、と名言されています。
どんな秘密が隠されている?

•主人公ルフィの仲間は”10人”
第1話にて「まずは仲間集めだ 10人は欲しいなァ!」とルフィは話しています。
現在は”ジンベエ”が加入して9人、あと1人は誰になるでしょうか?

•ルフィの夢の果て
「海賊王に俺はなる!」という言葉は有名です。ルフィもよく言葉にしていますが、幼少期の回想シーンにてルフィの夢の果て、は言葉にされていません。シャンクスのセリフから、海賊王”ゴール・D・ロジャー”が話していた言葉と同じであることは判明しています。

•世界の夜明け
ホールケーキアイランド編にてミンク族の”ペドロ”・”ネコマムシ”が話したセリフです。
「光月家」と「ミンク族」は世界を”夜明け”へと導く者達を数百年と待ち続けているようです。
また、‘夜明け’というキーワードは節目のタイトルによく使われています。
第1話「ROMANCE DAWN〜冒険の夜明け〜」
第601話「”ROMANCE DAWN for the new world”〜あたらしい世界へ冒険の夜明け〜」
“夜明け”とは何を表しているのでしょうか

•“五老星”の正体
ワンピースの世界にて権力者として描かれる”天竜人”。その最高位にして世界政府での最高権力者が”五老星”。初登場は233話でした。その間何度か登場しているにも関わらす第395話のオハラの回想ではわざわざシルエットで描かれています。

•“イム”の正体
“天竜人”の最高位にして世界政府の最高権力者は五老星のはずですが、五老星ですら傅く存在が”イム”です。目しか描かれておらず、姿形などは謎に包まれたままなのです。

•シャンクスと“五老星”の関係
世界会議(レヴェリー)編の際、聖地マリージョアに訪れているシャンクスは五老星の元を訪れています。また、五老星のセリフにも「君だから時間を取った」などと特別扱いを受けている様子が見られます。
海賊であるシャンクスがなぜそれほどまでの扱いになっているのか、未だわかっていません

•オールブルーとは
麦わらの一味のコック、“サンジ”の夢であるオールブルー、「東の海」「西の海」「南の海」「北の海」にいる全ての海洋生物が住んでいると言われている海のことです。しかしオールブルーとだけしか情報は出ていません

•Dの意思
ドラム王国編の”Drくれは”や頂上決戦編の”エドワード・ニューゲート”のセリフで登場する「Dの意思」
元天竜人である”ドンキホーテ・ロシナンテ”によると「宿命の種族」でもあり、ある土地では「神の天敵」とも言われているようです。

作中で“D”のつくキャラクターは
“モンキー・D・ルフィ”
“トラファルガー・D・ワーテル・ロー”
“モンキー・D・ドラゴン”
“モンキー・D・ガープ”
“ポートガス・D・エース”
“マーシャル・D・ティーチ”
“ハグワール・D・サウロ”
まだまだ登場していますが、どのキャラも重要人物であり謎が多い人物でもあります。

•古代兵器
ワンピースの世界では3つの古代兵器があります。
「プルトン」「ウラヌス」「ポセイドン」と、神の名前がついています。
アラバスタ編にてクロコダイルが「プルトン」を探していましたが、ウォーターセブン編にて戦艦であったことが明かされています。また、「ポセイドン」は魚人島編で”しらほし姫”であることが明かされています。
「ウラヌス」は未だ何も明かされていません。

•クロコダイル
アラバスタ編で登場した王下七武海の“クロコダイル”、その後も何度もルフィと深く関わる形で登場してきます。
インペルダウン編でカマバッカ王国女王“エンポリオ・イワンコフ”は“クロコダイル”の弱みを1つ握っていると話しています。
ピアスの位置に意味があるのはご存知でしょうか?右耳にピアスをつけるのは女性、と言う意味があるのですが、“クロコダイル”は右耳にピアスがあるのです
また、“イワンコフ”の悪魔の実は「ホルホルの実」。ホルモンを操れます。ということは女性を男性にすることも、男性を女性にすることも、できてしまいます。
また、さまざまな理由により元女性では?と言う憶測が巷では飛び交っています。

•約束の船
魚人島編にて約束の船「ノア」が登場します。魚人島リュウグウ王国の王”ネプチューン”は「来るべき日まで決して動かしてはいけない」と言います。
また、海王類が言うには「ノア」を直すにはある一族の力が必要なようです。

•ジョイボーイ
魚人島編にて、魚人島にあったポーネグリフ(歴史の本文)に書かれていた人名です。このポーネグリフには“ジョイボーイ”からの当時の人魚姫に対して宛てた謝罪文でした。
空白の100年にいきた人物であり、リュウグウ王国に伝わる伝説では「いずれ必ずジョイボーイに代わって約束を果たしに来る者が現れる」とあるようです

•占い師“マダム・シャーリー”の予言
魚人島編にて登場した、予言が絶対に当たると有名な占い師“マダム・シャーリー”。ですが、「麦わらの一味によって魚人島が滅ぼされる」という未来を見ます。
しかし魚人島編では滅びませんでした。この先のどこかで、麦わらの一味が滅ぼす未来が来てしまうのでしょうか?

•空白の100年
ワンピースの時間軸で800年〜900年前は「空白の100年」と呼ばれています。
麦わらの一味の考古学者“ニコ・ロビン”の故郷オハラ「空白の100年」を研究していたことにより世界政府によって滅ぼされています。
オハラの研究により今は跡形もないある巨大な王国があったことが判明しています。
「空白の100年」を知られることを世界政府は警戒しており。知ることで世界政府と大きな戦いが起こると考えられます

•ゾウの呪い
ワノ国編で登場した“ゾウ”。1000年前から海の上を歩き続けています。それも、大昔、大罪を犯したから、歩くことしか許されていない。
光月家の“モモノ助”のみ、ゾウに命令をくだせる権利があるようです。

•冷凍保存されている麦わら帽子
世界会議(レヴェリー)編の際、ルフィの被っている帽子とは違い。聖地マリージョアの地下に冷凍保存されている麦わら帽子が出てきました。
“イム”が手配書とともに眺めている様子が描かれていましたが詳細が全くわかっていません。

これらは物語中に出てきた「秘密」ですが、単行本に掲載されている「扉絵」にも数々の「秘密」があり、どんどん解決されていっています。
筆者が「秘密」と捉えたものは60超ありますが、完結までにどれだけ明かされて伏線回収となっていくのか楽しみです。
この文を読んでくださった読者の方々も是非、漫画「ワンピース」を隅々まで読んで自分なりの「秘密」を持って完結まで楽しんでください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA