サムライ8 八丸伝 ネタバレ最新【8話】の感想と考察!八丸とアン

サムライ8最新8話


スポンサーリンク



スポンサーリンク


かんそう君
こんにちは!

ネタバレ感想・考察の庭へようこそー!

 

今回は2019年7月1日公開、週刊少年ジャンプに連載中の人気漫画である

『サムライ8 八丸伝』の第8話についてネタバレ感想と考察内容を

サムライ8 八丸伝 ネタバレ最新【8話】の感想と考察!八丸とアン」としてわかりやすくまとめてみたいと思います!

さっそく前回のあらすじからおさらいしておきましょう!

 

~前回のあらすじ~

運命の侍様に出会えたアン。

最後まで話を聞いてくれるならどんな人でも良いと言っていましたが、八丸は超せっかち!

アンは自己紹介もまともにできず黙ってしまいます。

こんな状態で、八丸とアンは侍と姫としての関係を築けるのでしょうか!?

 

▼あわせて読んでみてください!▼

サムライ8 八丸伝 ネタバレ最新【7話】の感想と考察!姫と初対面!

サムライ8 八丸伝の記事一覧はこちら!

 

こうさつ君

と、ここまでが前回の内容でした。

という事で、さっそく本題である第8話のネタバレを紹介していきますよ~!

※ここからはネタバレ内容を含みますので、あらかじめ認識をお願いします!

 


スポンサーリンク


サムライ8 八丸伝 第8話のネタバレ!

フラれた八丸

遠い星では、悪そうな侍アタとニリ姫が準備をしていました。

 

アタは座標をインプット。

左手の中で侍魂を燃やします。

 

すると分身したかのように、もう一人のアタが浮かび上がってきました。

姫は惚れ惚れとしたように言ったのです。

 

「さすが、アタ

 それはいつ見ても美しい」

 

しかし、この状態には制限時間があります。

 

「無駄話は終わりだ

 ニリ姫」

 

分身したアタの魂は、勢いよく飛び上がり宇宙へと消えていきました。

 

一方で、運命の侍様に出会えたアン。

ダルマの説明を聞いて、八丸もアンが『運命の姫』だと気付き喜んで駆け寄りました。

 

侍が強くなるには『三身一体』で、姫の存在は欠かせません。

これで強くなれると、八丸も嬉しかったのです。

 

「よろしくな!えっと・・・

 で、結局お前、名前は?」

 

握手を求める八丸。

ところが、アンは少し黙って睨みつけたのです。

 

「フンッ」

 

アンはプイッとそっぽを向いてしまいました。

予想外の反応にショックを隠せない八丸。

 

慌ててダルマに駆け寄り相談します。

 

黙って見守っていたダルマ。

「お前は完全にフラれた」と指摘しました。

 

初めてフラれる体験をした八丸。

再びショックを受けました。

 

そこで、ダルマが代わりに挨拶。

珍しい猫侍にハガミチもアンも興味津々です。

 

ダルマはお辞儀をしてお願いをしました。

 

「弟子が失礼した

 機嫌を直して、名を教えてくれんか姫よ

 ゆっくりでよい」

 

八丸と違って礼儀正しく問いかけるダルマ。

アンは勇気を持って、ゆっくりと名乗りました。

 

名前がアンだと知って、ダルマは「良い名だ」と評価。

 

『阿吽』が由来だと気付き褒めたのです。

この世界では、言葉は「ア」から始まり「ン」で終わるもの。

始まりと終わりの言葉をとった素敵な名前でした。

 

アンはお礼を言いましたが、自分の名前が一番言いづらいようです。

 

気付いたお父さん

話を側で聞いていたハガミチ。

素性に問題ないと分かり、赤木城の武士隊に招き入れたいと話し掛けました。

八丸は大喜び!

 

もし武士隊に入るならば、ナナシと同じで寮に入らなくてはいけません。

ダルマの事は知らないようで、八丸を連れてっていいか尋ねました。

 

ところが、ダルマは拒否。

むしろ、ハガミチにも師が必要だと指摘したのです。

 

ハガミチは言っている意味が理解できません。

 

すると、ダルマは頭をガチャッと開けて印籠を見せました。

『金剛夜叉流免許皆伝 達磨』である証を見せたのです。

 

ハガミチは驚愕!

すぐに頭を深々と下げて謝りました。

 

「先ほどのご無礼誠に申し訳ありませぬ!

 死んで詫びる覚悟!」

 

赤木城では人気者のハガミチ。

でも、心眼はまだ持っておらず、見た目だけでは判断できなかったようです。

 

ハガミチの謝る様子に八丸も驚きました。

 

「師匠って

 実はめちゃすげー人なの?」

 

ダルマも「まぁな」と言って、詳しくは説明しませんでした。

 

場所は変わり、八丸の実家。

お父さんが寂しそうに『点滴時間』のアラームを見ていました。

 

侍となった八丸には、もう点滴は必要ありません。

気持ちを切り替えて八丸を呼びました。

 

「昼飯の時間だ!

 どこにいる!?」

 

ところが、家の中からは返事はありません。

 

家をウロウロしていると、家の裏にあるご神木の隠し扉が開いている事に気付きました。

お父さんは激怒して言ったのです。

 

「まさか、あの猫侍め!

 八丸を!?」

 

アンの手料理

ハガミチの説明により、事情を知ったウーン姫。

アンにもそこで修行するように指示をしました。

 

姫はロッカーボールを見つけられる唯一の存在。

感知引力を鍛えるためにも、自分の侍様が近くにいた方がいいのです。

 

さらに、ウーン姫は念押ししました。

 

「侍様にはやさしくなさい!

 それも姫修業の一環です」

 

キーホルダーが映し出した画面越しに怒られるアン。

ハガミチも伝説の侍、ダルマが師の方が良いと判断したため、いったんここで見守る事にしました。

 

話がまとまったところで、ダルマはアジトへ案内。

八丸と早太郎もようやくアジトへ入れます。

 

アジトは洞窟内とは思えないような、広い空間となっていました。

 

お腹が減った八丸。

周囲を見渡していると、ドリンクを発見!

 

ダルマ曰く『栄養バランス全てを配合したスペシャルドリンク』だそうです。

おいしいため、訓練中はそれで十分だと言うのです。

 

侍になってからは、食べる事が楽しみな八丸。

味気ないドリンクでお腹を満たす事にガッカリしました。

 

そんな八丸を見て、アンはウーン姫の話を思い出したのです。

腹をすかした八丸のために提案をしました。

 

「わ、私が何か、作りましょうか?

 こ、こう見えて、料理には

 自信が、あ、あるんです!」

 

アンが自信たっぷりに出した料理は・・・

 

液状の怪しい食べ物。

不気味にボコボコ泡まで立っています。

 

「どうぞ!」と、笑顔で勧めるアン。

 

でも、あまりの見た目に八丸もハガミチも手が進みません。

早太郎ですら躊躇しています。

 

ところが、ダルマはおいしそうにモグモグ。

「早く食え」と八丸に勧めたのです。

 

八丸はドキドキしながら、液体をスプーンですくい口へと運びました。

すると・・・

 

「うっめ~!!!」

 

見た目は怪しいですが、味は良いようです。

おいしいと分かると八丸は勢いよく食べ始めました。

調子にのって「アン、おかわり!」とお願いする程です。

 

でも、アンは再びプイッと不機嫌なり「自分でよそえば!」と知らんぷり。

八丸は「またフラれた」とへこみました。

 

アンはその様子を見て「フフフ」と笑ったのです。

 

お腹いっぱいになったところで、訓練再開!

八丸は侍魂で真剣を伸ばそうと試みます。

 

「いけそうな気がする!

 いざ!!」

 

どうにか伸びた真剣。

やっと真っ直ぐになった刀に、八丸は大喜びです!

 

ゆっくり進み始めた2人

訓練の様子をダルマと一緒に眺めていたアン。

まだ姫見習いのせいか、真剣の凄さが理解できません。

 

ダルマは優しく説明しました。

 

「あれでも何度も失敗を重ねてる

お前の料理と同じにしてやるな」

 

ダルマの言葉にアンは恐縮します。

 

「わ、わたしの料理を・・・

 食べてくれた、ひ、ひと

 初めてです・・・」

 

アンは、姫見習いの授業でも失敗ばかり。

先生によく怒られては、周りの姫見習いの女の子に笑われていました。

 

何を言われても前向きに対応していましたが、それはただ強がっていただけだったのです。八丸の前でも同じ事。

料理を褒められて本当は嬉しかったのです。

 

アンの素直な気持ちを知ったダルマ。

不安がるアンを優しく諭しました。

 

「今はそれでいい

 八丸も同じようなものだ」

 

さらに、八丸に比べれば「立派な姫」とまで言って褒めたのです。

褒められ慣れていないアンは「師匠は目が悪いんじゃないですか?」と冗談で言い返しました。

 

その時、アンは初めてダルマは目が見えてない事に気付いたのです。

ダルマは安心させようと、笑顔でうんちくを披露。

 

「阿吽」の「阿」は始まりを、「吽」は終わりを意味します。

この2文字の間には多くが混在しており、そう簡単には繋がらないものなのです。

 

要するに、何をするにも簡単にいくものなどありません。

でも、それは当たり前のこと。焦らなくても、そのうち上手くいくものです。

 

ダルマは笑顔で言いました。

 

「だから、ゆっくりでよい」

 

黙って聞いていたアン。

微笑んで、八丸をみつめたのです。

 

少しずつアンが心を開き始めた頃・・・

アタの分身体が宇宙を駆け抜けていました。

 

大きな隕石群すら真っ二つ!

宇宙を飛んでいるとは思えない程の速度で飛んでいきます。

 

アタは急いでいました。

 

「ゆっくりはしてられん!」

 


スポンサーリンク


サムライ8 八丸伝 8話の感想と考察ポイント!

 

こうさつ君

少しずつ歩み寄り始めた八丸とアンに迫る、アタという名の侍。

隕石すら簡単に破壊して宇宙を飛び回るとは、恐ろしい力の持ち主ですよね!

 

かんそう君

また、今回の話でも思いましたが、ダルマのうんちくは仏教がらみの話が多い印象です。

たとえば、アンの名前の由来『阿吽』もそうですよね。

 

こうさつ君

サンスクリット語において阿吽は、口を開ける「ア」から始まり、口を完全に閉じた「ン」で終わる事から、宇宙の始まりから終わりまでを意味すると言われています。

 

かんそう君

赤木城のウーン姫もそうです。

サンスクリット語でウンは「万物の結果」を意味します。

今はまだ可愛らしい姫見習いのアンですが、名前からして凄い姫になりそうですよ!

 

漫画『週刊少年ジャンプ作品』を無料で読む方法は?

引用:https://www.shonenjump.com

 

『週刊少年ジャンプ作品』を絵付きで見たいアナタに安心・安全に読めるオススメの方法を紹介します!

 

  • U-NEXTユーネクスト

 

今なら31日間の無料トライアルに登録して600円分のポイント付与で『週刊少年ジャンプ作品』の最新巻が完全無料ですぐに読めます!

無料登録後は毎月1,990円の月額料金が発生しますが、毎月1,200ポイントが付与されますので、実質毎月790円で利用する事が出来ます!

 

1,200ポイントだと380円の単行本が3冊無料で読める計算ですから、余裕で元が取れますよね!

さらにアニメや映画・ドラマなど計9万作品が視聴できるU-NEXTは絶対にオススメです♪

 

 

  • ebookjapanイーブックジャパン

 

漫画作品数が業界NO,1を誇る ebookjapan!

購入するたびにお金がかかるので基本無料ではありませんが、U-NEXTでは扱っていないあなたの好きな漫画作品が絶対に見つかります!

 

しかも今なら初回の無料かんたん登録で『週刊少年ジャンプ作品』の最新巻を50%OFFで購入できます!

また、Tポイントが良く貯まるebookjapanは、購入の際には特典利用で最大40倍ゲットも可能に!

無料で読める漫画は2000冊以上と、こちらも業界トップクラスです!

 

ebookjapanは上質なクオリティで漫画作品を集めて「マイ本棚」永久コレクションできるから

漫画をこよなく愛するアナタにおすすめの電子書籍店です♪

 

 

 

サムライ8 八丸伝 ネタバレ最新【8話】の感想と考察!八丸とアンまとめ

 

かんそう君

今回の『サムライ8 八丸伝』の第8話についてはいかがでしたでしょうか?

今回のネタバレ感想を以下にまとめてみるとこのようになりました!

 

こうさつ君
  1. サムライ8 八丸伝最新8話のネタバレ
    1. フラれた八丸
    2. 気付いたお父さん
    3. アンの手料理
    4. ゆっくり進み始めた2人
  2. サムライ8 八丸伝最新第8話の感想と考察ポイント!

 

かんそう君

隕石を破壊しながら宇宙を突き進むアタ。

急いで向かう理由とは!?

 

それでは、最後までお読みくださり、ありがとうございました!

また次回のネタバレ感想もお楽しみに!

 

▼こちらも見てください▼

無料でマンガ読み放題に出来るサービス

サムライ8 八丸伝 ネタバレ最新【7話】の感想と考察!姫と初対面!

 

サムライ8 八丸伝の記事一覧はこちら!




スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。